QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




ワセジョ図鑑。

2015年12月27日 13:42

「出張版!ワセジョ図鑑」イベントレポート ~キャリアについて考えよう~

こんにちは!今回は、127日に、早稲田ガールズコミュニティーサークルA'scherie(アシュリー)が行ったワセジョのためのキャリアイベントについての更新です☆

 

3.jpg


早稲田大学という学び舎でつながった、現役生と卒業生。共通するのは「ワセジョ」としての誇り。

 

 

通常の「ワセジョ図鑑」(http://www.quon.asia/yomimono/waseda/ascherie/)の拡大版として行われたこのイベント。開催の場をOGにとっては新鮮な新校舎、早稲田キャンパス3号館に移して行いました。現役生と、3名のOGの方が、パネルディスカッション懇親会2部制で交流しました。

 

リクルート住まいカンパニー、リクルートキャリア、大手商社にそれぞれ4月に入社した、社会人1年目のOGの方々。

~ご協力いただいたワセジョOG ~

☆星由香里さん 文学部卒業 ㈱リクルート住まいカンパニー勤務

☆安藤菜々子さん 社会科学部卒業 ㈱リクルートキャリア勤務

☆藤田祐李さん 教育学部卒業 ㈱スタッフサービス勤務

Mさん 理系学部卒業 大手商社 エネルギー関係部署勤務

 

 

就活のことや現在の仕事のこと、会社の雰囲気など、気になるお話をたくさんうかがいました。

まずはパネルディスカッションの中から「就活の軸」にスポットを当ててエピソードをご紹介します。

 

Q. 就職活動において、どのような「軸」を持っていましたか??


index.jpg

熱く思いを語るワセジョOG。特に就活には、それぞれ異なる思いがあるよう。

 

 

A.

星さん「もともと興味のあることが分散していたので、業界は絞りませんでした。有名キャラクターメーカーやアパレル、広告など多種類の企業を受けました。それぞれの会社に自分なりの「なぜ行きたいのか」という理由を考えていました。今の会社は、入社したら1番自分が成長できる、と思って選択しました。」

 

安藤さん誰かに嘘をつかなきゃいけない仕事だけは嫌だ、という軸を持っていました。インターンでそういったタイプの経験をしたことで、「これは嫌だ!」という軸に気付くことができたんです。譲れない部分をしっかりと主張していたら、結果的にそんな自分を受け止めてくれる会社と出会えたので、そういった軸もとても大切だと思います。」

 

Ⅿさん「大学で学んでいたことを生かしたくて、エネルギー、特に石油に関わって働けるところをずっと見ていました。私はやりたいことがはっきりしていたので、自分の軸に合った会社には自分がどういった人間かをうまく伝えることができました。」

 

星さんは受けたい会社が先にあって、そこからその会社で働く自分をイメージしていったんですね。

安藤さんに関しては、なるほど、と思わず頷きながら聞いてしまいました。様々な経験を積むことで、思いがけない場面からロールモデルが見えてくることもあるんですね。

Ⅿさんはやりたいことが決まっていたということで、うらやましいと思いました。その分妥協できない勝負の就活だったとも想像できます。

 

 

index2.jpg


真剣に話を聞く大学23年生のワセジョたち。話に引き込まれています。

 

続いて懇親会の中から、心に響いたエピソードをほんの一部ですが紹介します。

 

星さん「私の会社(リクルート住まいカンパニー)はキャリアビジョンをしっかり持った人が多いです。その風土の表れとして、リクルートでは転職などで会社を辞めることを『卒業』って呼んでいるんです。夢や目標のために起業や転職を選択することを肯定的に捉えて送り出そう、という文化ですね。まだやりたいことが明確に見えていない人でも、考えるきっかけや刺激を受ける機会は多いと思います。」

 

例えその先に転職があり、その企業とは期間限定的な付き合いになるとしても、前向きに進んでいける雰囲気があるというのは素敵ですね! 挑戦する気持ちを応援する、といった温かさを感じました。

 

 

安藤さん「入りたい会社に入社できたからか、入社した時にはそうとう自信家になっていました。いざ仕事になって、何もできない自分に驚愕しましたね。そんな時、あるプロジェクトのメンバーから外されてしまったことがあったんです。ショックで不平不満ばかりの私の愚痴を、周りの社員はダメなやつだなあと諦めたりせず、『お前はどうしたいの?』と問い続けてくれました。思えば、ここの企業に入社を決めた理由の1つに、働いている社員たちが少年のようなキラキラした目で夢を語っていた、というのがありました。私はそんな人になれているだろうか、とハッとし、『置かれた状況に不満ばかり言っている場合じゃない、自分を磨いて本当の意味でこの企業の仲間になりたい』と思ったんです。」

 

誰とやるか、も何をやるか、と同じくらい大切なことだと思いました。企業は「人でつくられているので、背伸びしたままの自分では、入社後に企業をつくる側に回った時しんどくなりそうですよね。

 

 

Mさん「私は、石油っていうやりたい軸はぶれなかったけれど、だからといってそれさえ出来れば収入や労働環境を気にしないというわけではなかったです。つまりは大企業思考が強かったということなんですけど、それは悪いことじゃないと思っています。やはり女性である以上は、福利厚生も大事だし、年齢を重ねていく上で次第に生まれてくる自分のいろんな願望を、より多く叶えてくれる可能性やキャパシティを持っているかの判断基準になるのが企業の規模だと、私は考えています。なので、胸を張って有名企業にチャレンジしてほしいです。」

 

大手になれば、それだけ会社のビジョンが描きやすく、将来の期待度も高まります。大企業に行きたい、というのは、自分の中で理由を整理できれば、企業にとって十分に魅力のある志望動機になるかもしれません。

 

 

~参加者からはこんな声が聞こえました~

「営業に携わるアルバイトをしたことがあって、そのせいか絶対に営業は嫌だと思っていました。けれど星さんの話から、営業を通して人と人との繋がりや温かさを実感できるなど、業務と直接関わらないところでも得るものがあるんだなと思いました。」

 

「星さんが、『まさか今の会社に自分が行くとは思っていなかった』とおっしゃっていたのが意外でした。一つの企業に執着し過ぎず、広い視野を持つことが、運命の会社と出会う鍵なのかなと思いました。」

 

Mさんは馬術部に所属していたということで、体育会だから就活においてはかなり有利だったのかな、と思いましたが、意外とそんなことはないことが分かりました。何をやったか、という事実だけではなく、それをベースにした話力が必要だと感じました。」

 

「『就職活動って何から始めたらいいのか分からない。』という私の悩みに対して、『ここに来ていることで、(就活は)もう始まっているんじゃないのか。』と答えてくださったので、安心することができました。キャンパスライフの外の世界からの言葉には、力強さと説得力をひしひしと感じました。」

 

 

 

いかがでしたか? このイベントとこの記事から一つでも、キャリアを考えるのにつながる何かが得られていたら幸いです。イベントに足を運んでくださったOG、現役の輝くワセジョの皆様、ありがとうございました!

 

 

 

~イベント企画メンバーの声~

 

index4.jpg


イベントを企画した早稲田ガールズコミュニティーサークルA'scherie(アシュリー)メンバー

 

今のキャリアに至る経緯や仕事に対する思いを伺い、自分の中で納得のいくファーストキャリアを選択したいという思いが高まりました。就職活動の入口に立っている今、誰もが漠然と抱える不安が、お話を伺ううちにどんどん解けていく感じがしました。自分自身がこの会社でよかったと思えるような結果を出せるように、きちんと向き合っていきたいと思います。(商学部3 大橋朋佳:写真右)

 

3人のOGの方の話を聞いて、就職活動に正解はない、と感じました。学生時代にやったことは、社会に出てから思わぬ場面で生かされることがあるとおっしゃっていたのが印象的でした。何をやったかという事実よりも、そこから自分が何を得て何を考えたのかということを大事にしながら、就活に向けて11日を大切に過ごしていこうと思います。(政治経済学部3 山田梓:写真中央右)

 

ワセジョOGのリアルな就活事情を聞けて、就活に対するイメージがとてもクリアになりました。先輩方のアドバイスを参考にしながら、就活を乗り切りたいと思います!(商学部3 内堀有希:写真中央)

 

学生から社会人へと、人生のフェーズを進めていくイメージがより具体化し、自身の将来への期待感がぐっと増しました。ざっくばらんな雰囲気の中で、合同説明会等では見えづらい、企業で働く実際の姿や魅力を知ることができたように思います。イベントを通じて私も、始まりつつある就職活動に更に気概を持ち、気を引き締めて、芯のあるワセジョらしく前進していければと改めて感じました。(教育学部3 鈴木萌那:写真左)

 

 

 

 

今までのワセジョ図鑑の記事はこちらからチェックできます☆

http://www.quon.asia/yomimono/waseda/ascherie/

 

アシュリーの活動についてはtwitterにて更新中!

ascherie_w

 

 

ページトップへ

A’scherie(アシュリー)
A’scherie

A’scherieは2010年に発足したワセジョ(早稲田の女子大生)によるワセジョのためのサークルです。現在メンバーは30人弱。活動内容はフリーペーパー編集から女子会、早稲田OGへの取材・記事執筆と多岐にわたっています。
Blog*
http://ameblo.jp/waseda-ascherie/
Twitter*@ascherie_w
最新記事
「出張版!ワセジョ図鑑」イベントレポート ~キャリアについて考えよう~
商社からベンチャー企業に転職したワセジョが語る、運命の会社との出会い方
「やってみなはれ」精神が生んだ、女性部長の飾らないメッセージをお届け☆
女性が働きたい、働きやすい企業といえば・・・!あの大企業勤務のワセジョに突撃♪
学生コンペに挑戦!~A'scherieメンバーの春休み~
カレンダー
<< 2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  • Blackboard Mobile Central
  • QuonNet活用のヒント
  • 早稲田大学校友会