QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




早大教員の授業における Good Practice &Tips 集

16 日本語教育研究科

2018年10月24日 13:00

大学院生としての研究と日本語教育の実践、両方で生かせる授業を目指す

【早稲田大学ティーチングアワード2017年度秋学期総長賞受賞者インタビュー】対象科目:教材・教具論受賞者:田中祐輔(日本語教育研究科/早稲田大学非常勤講師) 大学院日本語教育研究科の「教材・教具論」。日本語教育に必要不可欠な教科書や教具などの教材について、さまざまな観点から学んでいく。田中先生は、授業にアクティブ・ラーニングを導入したり、数多くの先行研究や研究手法を紹介・解説したりすることで、学生たちが自らの研究はもちろんのこと、今後の日本語教育の実践に生かせるように心がけている。 「考える」「調べる」「話し合う」。3タイプのアクティブ・ラーニング  そもそも「日本語教育」とは、日本語を母語としない人に対する教育を指す。一口に「日本語を母語としない」と言っても、留学生やビジネス目的での来日者、難民などその立場はさまざまだ。また、自ら望んで日本語環境に来たわけではない、外国人の両親と共...

2018年8月10日 00:00

単なる知識ではなく、「どこがおもしろいか?」を意識して学んでほしい

【早稲田大学ティーチングアワード2017年度春学期総長賞受賞者インタビュー】対象科目:対照言語研究B受賞者:窪薗 晴夫(早稲田大学非常勤講師/国立国語研究所 副所長 教授)自らが感じている学問の魅力を学生にも伝えたい。そんな教員の思いはどうすれば実現するのだろうか。窪薗教授が36年間の教員生活でたどり着いた授業スタイルは、その答えのひとつとなるかもしれない。 身の回りの「なぜ?」を意識することが学問の出発点  受賞対象の「対象言語研究B」という科目は、日本語の音韻構造を、英語をはじめとする他言語と比較して理解するという日本語教育研究科の授業だ。将来日本語教育に携わることを目指す学生に対して、単に知識を深めるだけではなく、日常生活の中にある日本語の構造を実感し、言語への直感と気づきを養わせることを目的としている。  「自分自身がおもしろいと思っていることを学生に伝えること」を大事にして...

2018年3月15日 17:25

並行した2つの授業で、日本語教育を実践と理論の両面から学ぶ

★早稲田大学ティーチングアワード総長賞科目名:日本語教育実践研究(6)教員名:小宮千鶴子 (日本語教育研究科教授) 日本語教育の専門家を養成する大学院として発足した日本語教育研究科。「理論」「実践研究」「演習」で構成されるカリキュラムのうち、「実践研究」は日本語教育の現場と連携し、教え方や授業運営を学ぶものだ。小宮教授は、本学の日本語教育研究センターに設置されている日本語科目と組み合わせ、学生の学び合いを活用して実践的な指導法を学ぶ授業が高い評価を獲得した。学習者任せではない語彙学習の指導法を実践 今回受賞した授業は、小宮教授自身が担当している日本語教育研究センターの科目とセットで設定された、大学院生対象の授業だ。履修生は大学院での授業に加えて、留学生向けのこの授業にも参加することが求められる。その授業を見学したり実際に参加したりしながら、大学院の授業では、背景にある理論的な説明...

2017年6月 5日 00:00

学ぶ意義と目的を明確にし、研究の内容と手法を能動的に学ぶ

★早稲田大学ティーチングアワード総長賞科目名:対照言語研究A教員名:新田 小雨子(日本語教育研究科 非常勤講師) 20年前に来日し中国人留学生として学んだ新田講師。自らの体験も活かし、対照言語学という領域を学ぶ意義を伝え、日本語を教える際に役立てほしいと考えている。そんな思いで行われているこの授業は、学生アンケートで「有意義であった」という項目で満点を獲得するなど、高く評価されている。 講義の意義と目的を最初に周知させる 「対照言語学A」は、日本語と中国語の対照比較研究論文を読み、両言語の相違点や類似点を極め、それに基づいた日本語教育における留意点を学ぶというものだ。日本語に加え中国語の知識が必要となることもあり、受講生は2016年度前期6人、後期8人のうち、前期の1人を除く全員が中国人留学生という構成であった。 この授業で新田講師がまず理解させたいと考えているのは、言語習得や言語の教育...

2016年10月 1日 00:00

留学生の発音指導を担当し、実践的指導力を身につける

★早稲田大学ティーチングアワード総長賞対象科目:日本語教育実践研究(10)受賞者:戸田 貴子(大学院日本語教育研究科 教授)戸田教授は日本語教育研究科の発音指導の実践授業において、自らが受け持つ留学生対象の日本語発音授業と連動させることで、双方に大きな学習効果を上げている。Course N@viを通じて非対面で発音を指導するという手法が、距離的時間的制約を解消するだけでなく、実践力の獲得に大いに役立っている。 「知的レベルにふさわしい日本語発音」のニーズに応えたい 日本語の能力が高いにもかかわらず、発音が悪いと日本語が下手だと思われるだけではなく、知的レベルまでも低く見られてしまいがちだ。「特に日本語を使って、就職や進学など、活躍の場を広げていきたいと願う学習者にとっては、『とにかく通じればいい』という問題ではありません。なめらかで自然な発音を身に付けることで、社会の中で、自信を持って活...

 1  |  2  | All 次へ >>

プロフィール
大学総合研究センター
大学総合研究センター
教育方法研究開発部門(CTLT)
CTLTでは早稲田大学における優れた教育事例を収集し、Good Practice、
Tipsとして公開、教員間の活用を促す取り組みを行っていきます。
カテゴリーアーカイブ
01 政治経済学部 (15)
02 法学部 (3)
03 文化構想学部
04 文学部 (2)
05 教育学部 (15)
06 商学部 (5)
07 基幹理工学部 (16)
08 創造理工学部 (9)
09 先進理工学部 (8)
10 社会科学部 (5)
11 人間科学部 (10)
12 スポーツ科学部 (3)
13 国際教養学部 (2)
14 グロバールエデュケーションセンター (16)
15 日本語教育研究センター (6)
16 日本語教育研究科 (10)
17 高等学院 (5)
18 商学研究科ビジネス専攻 (2)
19 国際コミュニティセンター (1)
20 会計研究科 (6)
21 経営管理研究科 (5)
22 情報生産システム研究科 (5)
23 理工学術院 (1)
月別アーカイブ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年3月
2017年6月
2017年3月
2016年10月
2016年4月
2016年2月
2015年10月
2015年3月
2014年3月
2013年3月
最新記事
学生に身近なゲストスピーカーを招聘し、社会貢献のイメージを具体化。学生たちの「モヤモヤ」に寄り添いたい
演習重視の講義で、現状把握と改善点を学生同士で議論させる。学生が自分で研究課題を見つけることをサポート
学生からの「質問」を活用して、クラス全体の理解度向上を図る
大学院生としての研究と日本語教育の実践、両方で生かせる授業を目指す
課題の提出や小テストの実施を通して、覚えた知識を定着させる

ページトップへ