QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




早大教員の授業における Good Practice &Tips 集

18 商学研究科ビジネス専攻

2015年10月 1日 00:00

事例による解説と双方向のやり取りで、社会人院生の学びをサポート

対象科目:管理会計受賞者:西山 茂(商学学術院教授) 早稲田のビジネススクール(商学研究科ビジネス専攻)には、履修者のほとんどが社会人という特徴がある。西山教授の「管理会計」の授業では、その特徴をうまく生かしながら、社会人の院生との双方向な学びを実践し、効果を上げている。 管理会計に縁のなかった院生の抵抗感を取り除くことが重要  ビジネススクールで学ぶ重要な分野の1つである「会計」は、企業の決算書の作り方や読み方を学ぶ「財務会計」と、経営管理のための数字のツールを学ぶ「管理会計」とに分けられる。このうち、「管理会計」は必修科目ではないが、必修に次ぐ「選択必修コア科目」に位置づけられており、多くの院生が履修している。授業にあたって西山教授が気を配っているのは、「いかにハードルを下げるか」ということである。これはもちろん、授業のレベルを下げるという意味ではない。 「履修者は、社...

2015年3月 1日 00:00

学ぶことは人生最大の苦痛。だからこそ楽しい授業を提供したい

対象科目:経済性分析受賞者:藤田 精一(商学学術院教授) 2015年3月で定年を迎えた藤田教授は、長い教員生活においても常に「教える技術」を磨き続けることに努めてきたという。長年にわたり同じ授業を続けながらも向上心を失わない、そのモチベーションはどこから来るのであろうか。 「授業をおもしろく」という姿勢を常に持ち続けてきた アメリカ生活も含めて、大学教員として40年以上のキャリアを持つ藤田教授。今回の受賞に際し、授業に対して抱いてきた思いを「常に、授業をおもしろくしてやろうという気持ちを持っていた」と振り返る。「自分が話していてつまらなければ、聞いている方もつまらないでしょうから、自分が少しでも楽しめるようになったらいいなという気持ちはいつもありましたね」。 この「経済性分析」という科目は、企業の中で損得の判断をするときに、その意思決定に役立つ情報を提供する学問だ。「授業をおもしろくす...
プロフィール
大学総合研究センター
大学総合研究センター
教育方法研究開発部門(CTLT)
CTLTでは早稲田大学における優れた教育事例を収集し、Good Practice、
Tipsとして公開、教員間の活用を促す取り組みを行っていきます。
カテゴリーアーカイブ
01 政治経済学部 (15)
02 法学部 (3)
03 文化構想学部
04 文学部 (2)
05 教育学部 (15)
06 商学部 (5)
07 基幹理工学部 (16)
08 創造理工学部 (9)
09 先進理工学部 (8)
10 社会科学部 (5)
11 人間科学部 (10)
12 スポーツ科学部 (3)
13 国際教養学部 (2)
14 グロバールエデュケーションセンター (16)
15 日本語教育研究センター (6)
16 日本語教育研究科 (10)
17 高等学院 (5)
18 商学研究科ビジネス専攻 (2)
19 国際コミュニティセンター (1)
20 会計研究科 (6)
21 経営管理研究科 (5)
22 情報生産システム研究科 (5)
23 理工学術院 (1)
月別アーカイブ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年3月
2017年6月
2017年3月
2016年10月
2016年4月
2016年2月
2015年10月
2015年3月
2014年3月
2013年3月
最新記事
学生に身近なゲストスピーカーを招聘し、社会貢献のイメージを具体化。学生たちの「モヤモヤ」に寄り添いたい
演習重視の講義で、現状把握と改善点を学生同士で議論させる。学生が自分で研究課題を見つけることをサポート
学生からの「質問」を活用して、クラス全体の理解度向上を図る
大学院生としての研究と日本語教育の実践、両方で生かせる授業を目指す
課題の提出や小テストの実施を通して、覚えた知識を定着させる

ページトップへ