QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




早大教員の授業における Good Practice &Tips 集

2018年9月

2018年9月 4日 15:00

大人数の講義でも「生の人間による『実況』」を最重視。提出ノートはきめ細かくフィードバックし、学生の将来の資産になるよう企図

【早稲田大学ティーチングアワード2017年度秋学期総長賞受賞者インタビュー】対象科目:近代建築史受賞者:中谷 礼仁(創造理工学部教授) 「ライブ感」を重要視した講義形式  近代建築史は建築学科の専門選択科目であり、2年生以上が履修することができる。建築学科以外の学生でも受講可能ということで、大変人気がある科目となっており、2017年秋学期の履修者は192名であった。今回のティーチングアワードにおいて、創造理工学部で候補となり得る科目における学生授業アンケートで最も高い平均評点を獲得し、「丁寧でわかりやすい」などの評価を得た。階段教室を利用して行われる大人数の学生を対象とした講義であるが、中谷教授が大切にしているのは、その場で起こった反応を見ていきながら授業をする「ライブ感」。「実況・近代建築史講義」(LIXIL出版2017年)を上梓した教授の講義に対する姿勢は、この書籍名にも使われている...
プロフィール
大学総合研究センター
大学総合研究センター
教育方法研究開発部門(CTLT)
CTLTでは早稲田大学における優れた教育事例を収集し、Good Practice、
Tipsとして公開、教員間の活用を促す取り組みを行っていきます。
カテゴリーアーカイブ
01 政治経済学部 (15)
02 法学部 (3)
03 文化構想学部
04 文学部 (2)
05 教育学部 (15)
06 商学部 (5)
07 基幹理工学部 (16)
08 創造理工学部 (9)
09 先進理工学部 (8)
10 社会科学部 (5)
11 人間科学部 (10)
12 スポーツ科学部 (3)
13 国際教養学部 (2)
14 グロバールエデュケーションセンター (15)
15 日本語教育研究センター (6)
16 日本語教育研究科 (9)
17 高等学院 (5)
18 商学研究科ビジネス専攻 (2)
19 国際コミュニティセンター (1)
20 会計研究科 (6)
21 経営管理研究科 (4)
22 情報生産システム研究科 (4)
23 理工学術院 (1)
月別アーカイブ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年3月
2017年6月
2017年3月
2016年10月
2016年4月
2016年2月
2015年10月
2015年3月
2014年3月
2013年3月
最新記事
課題の提出や小テストの実施を通して、覚えた知識を定着させる
毎回の授業を、ひとつのストーリーとして理解してほしい
ライブ感のある授業で、学生の意欲を引き出す
会計のプロとして真に役立つ学びを提供したい
大人数の講義でも「生の人間による『実況』」を最重視。提出ノートはきめ細かくフィードバックし、学生の将来の資産になるよう企図

ページトップへ