QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




早大教員の授業における Good Practice &Tips 集

2018年3月

2018年3月15日 17:25

自ら問い確かめる体験型授業で、学ぶ意義と喜びを伝える

★早稲田大学ティーチングアワード総長賞科目名:自然学のすすめ教員名:露木和男 教育・科学総合学術院教授 子供たちの理科離れ、学生の理系離れが指摘されている。先進国共通の現象とも言われるが、その原因はどこにあるのか。露木教授は、文系の学生にも科学や実験のおもしろさを理解させながら、自然の背後に潜むものに触れる体験を通して、人間のあり方や生き方を考える授業を展開している。身近な自然を題材に、自ら考えた方法で実験する 長年小学校の現場で教えていた露木教授が本学に招かれたのは9年前のことだ。「前職の筑波大附属小学校では、オリジナルなことをやるのがひとつのミッションとされていました。おかげで、新しい教材や指導法にどんどんチャレンジできました」。学校外の場や著書で独自の教育法を公開していたこともあり、本学の教育学部で初等教育に関する授業を担当するようになった。  今回受賞対象となった「自然...

2018年3月15日 17:25

顔と名前を覚え、多面的なアプローチで積極性を促す

★早稲田大学ティーチングアワード総長賞科目名:Management of People and Organizations教員名:大滝令嗣 経営管理研究科教授 大学院経営管理研究科(Waseda Business School)は、理論と実践の融合により、高い専門的能力を活用し、国際社会に貢献できるビジネスリーダーの育成を使命としている。コンサルティング会社のエグゼクティブを歴任した大滝教授は、ビジネスの現場での豊富な経験を活かし、実践力をつけるためのインタラクティブな授業で高評価を獲得した。90分間聞いているだけの授業は、ありえない 今回受賞の対象となった「Management of People and Organizations」は、組織と人材のマネージメントについての基本的フレームワークを学び、ビジネスの現場で質の高い意思決定ができるようになることを目指している。9月入学の留学生を...

2018年3月15日 17:25

留学生同士の教え合いで、授業に活気が出た

★早稲田大学ティーチングアワード総長賞科目名:情報管理教員名:立野繁之 理工学術院准教授 本学のアジア展開の拠点として北九州に設立された情報生産システム研究科には、中国をはじめ海外留学生が多数在籍している。立野准教授の授業では、留学生同士でのディスカッションによる教え合いを奨励することで、積極的な参加と学習効果の向上が見られたという。演習問題をグループ単位で競わせる 今回受賞した「情報管理」という科目は、主に文系出身の学生を対象に、通信の仕組みやセキュリティ、無線の設定方法などについて教えている。例年は他の教員と2人で担当しているが、2016年度はサバティカル休暇で不在だったため、立野准教授がひとりで受け持つことになった。そこで時間的な余裕が生まれたことから、授業内に学生同士で教え合う時間を設けたところ、大きな成果が見られたという。 元々、立野准教授の担当する授業はすべて6限目に設定してい...

2018年3月15日 17:25

並行した2つの授業で、日本語教育を実践と理論の両面から学ぶ

★早稲田大学ティーチングアワード総長賞科目名:日本語教育実践研究(6)教員名:小宮千鶴子 (日本語教育研究科教授) 日本語教育の専門家を養成する大学院として発足した日本語教育研究科。「理論」「実践研究」「演習」で構成されるカリキュラムのうち、「実践研究」は日本語教育の現場と連携し、教え方や授業運営を学ぶものだ。小宮教授は、本学の日本語教育研究センターに設置されている日本語科目と組み合わせ、学生の学び合いを活用して実践的な指導法を学ぶ授業が高い評価を獲得した。学習者任せではない語彙学習の指導法を実践 今回受賞した授業は、小宮教授自身が担当している日本語教育研究センターの科目とセットで設定された、大学院生対象の授業だ。履修生は大学院での授業に加えて、留学生向けのこの授業にも参加することが求められる。その授業を見学したり実際に参加したりしながら、大学院の授業では、背景にある理論的な説明...

2018年3月15日 17:25

「生物化学」に興味を持ち、考えるプロセスを学んでほしい

★早稲田大学ティーチングアワード総長賞科目名:生物化学教員名:桐村光太郎 理工学術院教授、木野邦器 理工学術院教授、青野陸 理工学術院助教(写真左より) 医療や食品、環境などの分野で活用が進むバイオテクノロジー。その基本となる内容を扱っているのが、この「生物化学」という科目だ。化学の中でも比較的新しい学問であり、未知の領域も多いという。最近になって必修化されたこの授業が、授業運営の適切さにおいて高く評価され本賞の受賞となった。自ら学ぶ動機付けとなる授業をしたい 生物化学とは、生命現象を分子や化合物など化学的な視点から捉えていこうという学問だ。応用化学科では現在2年生の後期に履修する専門必修科目となっている。以前は3年の前期選択科目だったが、社会的な必要性の増加も考慮し必修化された。「最近ではマスコミなどでも扱われることの多い領域ですが、極めて断片的な情報が多いのが現状です。生物を形作るもの...

 1  |  2  | All 次へ >>

プロフィール
大学総合研究センター
大学総合研究センター
教育方法研究開発部門(CTLT)
CTLTでは早稲田大学における優れた教育事例を収集し、Good Practice、
Tipsとして公開、教員間の活用を促す取り組みを行っていきます。
カテゴリーアーカイブ
01 政治経済学部 (15)
02 法学部 (3)
03 文化構想学部
04 文学部 (2)
05 教育学部 (15)
06 商学部 (5)
07 基幹理工学部 (16)
08 創造理工学部 (9)
09 先進理工学部 (8)
10 社会科学部 (5)
11 人間科学部 (10)
12 スポーツ科学部 (3)
13 国際教養学部 (2)
14 グロバールエデュケーションセンター (16)
15 日本語教育研究センター (6)
16 日本語教育研究科 (10)
17 高等学院 (5)
18 商学研究科ビジネス専攻 (2)
19 国際コミュニティセンター (1)
20 会計研究科 (6)
21 経営管理研究科 (5)
22 情報生産システム研究科 (5)
23 理工学術院 (1)
月別アーカイブ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年3月
2017年6月
2017年3月
2016年10月
2016年4月
2016年2月
2015年10月
2015年3月
2014年3月
2013年3月
最新記事
学生に身近なゲストスピーカーを招聘し、社会貢献のイメージを具体化。学生たちの「モヤモヤ」に寄り添いたい
演習重視の講義で、現状把握と改善点を学生同士で議論させる。学生が自分で研究課題を見つけることをサポート
学生からの「質問」を活用して、クラス全体の理解度向上を図る
大学院生としての研究と日本語教育の実践、両方で生かせる授業を目指す
課題の提出や小テストの実施を通して、覚えた知識を定着させる

ページトップへ