QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




早大教員の授業における Good Practice &Tips 集

2017年3月

2017年3月 6日 00:00

iPad+ノートアプリ+WiFiを電子黒板に活用。双方向に使えて記録も残る

佐々木宏夫 商学学術院教授・大学院基幹理工学研究科(数学応用数理専攻)教授佐々木教授は数年前から、iPadのノートアプリを教室のスクリーンに投影するという形で電子黒板として利用してきた。その場でペンを使った手書きもできるだけでなく、前に書いた内容を簡単に再利用できる点も便利だという。さらに、2016年度からはゼミの学生全員にiPadを持たせ、双方向的な利用のできるアプリを使って、参加者全員で同じ画面に書き込みながら議論するという手法も導入している。 肩のケガを契機に、iPadに手書きする電子黒板を採用 佐々木教授がこうした取り組みを始めたきっかけは、2008年の末に大怪我をし、右腕が完全には上がらなくなったことだった。黒板の上半面には書けないという不自由さを補うために、当初は、PowerPointを使って作成したスライドを、教室でPCからスクリーンに投影して板書の代わりにしていた。「数...

2017年3月 6日 00:00

学生が、より説得力のあるディベートを行えるように自動収録システムで録画した映像の活用を推奨

上野達弘 法学学術院教授模擬裁判風のディベートを授業に取り入れている、上野達弘教授の「法学演習(知的財産権法)」。ディベートをやりやすい教室ということで、椅子や机の配置を自由に変更できる3号館のCTLT roomに注目し、教室の利用開始に伴い設置されている自動収録システムも使い始めるようになった。まだそれほど使いこなしているわけではないと話す上野教授だが、自動収録システムには可能性を感じているという。【自動収録システムの活用法】(1)自分たちのディベートの振り返り(2)今後のディベートの予習(3)OB・OGへの活動報告 弁護側と検察側に分かれて、模擬裁判風のディベートを行う まず、ゼミの概要から見ていきたい。上野教授のゼミでは、著作権法など知的財産法に関わる実際の事件をテーマに、学生が原告側・被告側に分かれて模擬裁判風ディベートを行っている。もともとロースクールなどでは、授業に「模擬裁判...

2017年3月 6日 00:00

わせポチを導入し、90分の授業にアクセントをつける

バックハウスペート 教育学部准教授90分の授業の間、学生たちの集中力をいかに保つか。特に大教室の授業では緊張感も薄れがちだ。この課題を解決するひとつの手段として、バックハウス准教授は「わせポチ」と呼ばれるウェブ版クリッカーを採用している。各自のスマートフォンからアンケートに回答する 「わせポチ」とは、スマートフォン、タブレット、PC などインターネットに接続できる端末から学生にリアルタイムでアンケートに回答させる機能である。あらかじめ用意しておいた選択肢から選ばせるだけでなく、自由記述蘭に文章を入力させることもできる。回答は瞬時に自動集計され、グラフや記述回答の一覧が画面に表示されるというものだ。 バックハウス准教授がこのわせポチを採用しているLanguage and Cultureという科目は、2年生以上を対象にしたもので、90人程度が受講している大人数クラスとなる。言語と文化や認識との...

2017年3月 6日 00:00

欠席した学生のフォローから、プレゼン能力の向上まで。自動収録システムの活用で、ゼミの利便性と可能性を広げる

神尾達之 教育・総合科学学術院教授神尾達之教授と福田育弘教授が2人で指導にあたる「複合文化学演習」では、2015年度から3号館のCTLT roomで授業を行うことを選択し、同時に自動収録システムの利用を開始した。このシステムで撮影した動画をどのように活用しているのか、またどんな効果が得られているのかについて、神尾教授に話を聞いた。【自動収録システムの活用法】 (1)欠席した学生のフォロー(2)プレゼンを行った本人の振り返り(3)前年度の「ベストプレゼン」による学習 ゼミ活動の中心は、プレゼンテーションとディスカッション ゼミでは、自動収録システムで撮影した映像を3つの目的で利用している。詳しく聞いていく前に、まずはゼミの概要を見ておきたい。 神尾・福田ゼミの活動の中心は、プレゼンテーションとディスカッションだ。ゼミは3年生と4年生の合同で行われ、複合文化に関わるさまざまなテー...

2017年3月 6日 00:00

Course N@viを使った「相互採点」、「わせポチ」のチャット活用など、独自の方法でICTツールを生かす

栗崎 周平 政治経済学部 准教授教員は、学生に大学ならではのクオリティの高い教育を十分に提供する一方、自身の研究活動にも力を注ぐ必要がある。栗崎周平准教授は、2つを両立するためにはICTツールが有効だと話す。Course N@viを使ったレポートの「相互採点」や「わせポチ」の意外な使い方など、両立のためのさまざまな工夫について話を聞いた。学生によるレポートの相互採点で授業以外の「学びの機会」を増やす ICT機器を活用して授業を工夫することは、学生の教育効果を上げるという狙いだけでなく、実は教員にとってのメリットが大きいと栗崎准教授。その背景には、研究者である以上、教員は研究活動に力を注ぐべきだという考えがある。「我々が研究者として一流を目指していなければ、学生にも一流を目指せとは言えないと思うからです。そのためには、授業の負担を軽減して研究の時間を確保したい、その思いがICT機器の活用につ...

 1  |  2  |  3  | All 次へ >>

プロフィール
大学総合研究センター
大学総合研究センター
教育方法研究開発部門(CTLT)
CTLTでは早稲田大学における優れた教育事例を収集し、Good Practice、
Tipsとして公開、教員間の活用を促す取り組みを行っていきます。
カテゴリーアーカイブ
01 政治経済学部 (15)
02 法学部 (3)
03 文化構想学部
04 文学部 (2)
05 教育学部 (15)
06 商学部 (5)
07 基幹理工学部 (16)
08 創造理工学部 (9)
09 先進理工学部 (8)
10 社会科学部 (5)
11 人間科学部 (10)
12 スポーツ科学部 (3)
13 国際教養学部 (2)
14 グロバールエデュケーションセンター (15)
15 日本語教育研究センター (6)
16 日本語教育研究科 (9)
17 高等学院 (5)
18 商学研究科ビジネス専攻 (2)
19 国際コミュニティセンター (1)
20 会計研究科 (6)
21 経営管理研究科 (4)
22 情報生産システム研究科 (4)
23 理工学術院 (1)
月別アーカイブ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年3月
2017年6月
2017年3月
2016年10月
2016年4月
2016年2月
2015年10月
2015年3月
2014年3月
2013年3月
最新記事
課題の提出や小テストの実施を通して、覚えた知識を定着させる
毎回の授業を、ひとつのストーリーとして理解してほしい
ライブ感のある授業で、学生の意欲を引き出す
会計のプロとして真に役立つ学びを提供したい
大人数の講義でも「生の人間による『実況』」を最重視。提出ノートはきめ細かくフィードバックし、学生の将来の資産になるよう企図

ページトップへ