QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




早大教員の授業における Good Practice &Tips 集

2016年2月

2016年2月25日 00:00

Skypeを通じて海外の日本語教師の生の声を聴き、教科書や文献とは異なるインプットで理解を更に深める ―毛利貴美 日本語教育研究センター准教授

毛利貴美 日本語教育研究センター准教授 日本語教育研究センターの毛利准教授は、海外における日本語教育をより身近に感じ、理解を深めるために、海外の現場で活躍する日本語教育専門家の生の声を取り入れた教育実践を行っている。Skypeを使った遠隔セッションを組み込んだその授業の実践と成果を紹介する。 海外からの生のセッションで刺激を与える 今回エントリーの対象となった「海外の日本語教育を考える」という授業は、海外における日本語教育の現状や課題を知り、自らその問題を考察することで問題意識を明確にして理解を深めることを目的にしている。 しかし、日本国内で得られる教育情報は限られている上、トピックが身近ではない各国の言語政策や言語教育に偏りがちであるという問題があった。これを補うには、実際に海外で活躍する日本語教育の専門家を招くことが望ましいが、経費やスケジュールの点で実現は難しい。 この問題をクリア...

2016年2月25日 00:00

予習・復習、グループワーク、目的に合わせてCourse N@viの機能を選び、学習効果を上げる―中村理 政治経済学部准教授

中村理 政治経済学部准教授 早稲田大学の授業支援ポータルであるCourse N@viは、選択式・記述式の小テスト実施やディスカッション用のBBS設置など、さまざまな機能を備えている。中村理准教授は、担当する各科目の内容やレベル、受講人数などに応じて、Course N@viの適切な機能を選択。学生が最大限に学習効果を上げるための運用を工夫している。 文献の内容を問う小テストで「読んで来ない学生」を減らす 教員が、「読んできてください」「復習しておくこと」といった指示を出すだけでは、すべての学生に予習・復習をしてもらうことは難しい。そこで中村准教授は、Course N@viの小テスト機能などを活用することで、学生に授業外での学習を促し、実際に効果を上げている。その際、重要なことの一つは、科目の内容やレベル、人数などに適した機能を選択・運用することだ。 たとえば、大学院生向けの科目で、授業中に...

2016年2月25日 00:00

国際コースとの共同授業開始を契機にオンデマンド授業を導入。演習時間の大幅増も実現できた―高安研究員・関根助教・森倉助教(基幹理工学部)

高安 亮紀 理工学術院総合研究所 次席研究員関根 晃太 基幹理工学部 助教森倉 悠介 基幹理工学部 助教(写真)  2015年度から、日本人学生向けと国際コースの学生向けの授業を同時に行うことになった「Cプログラミング入門」などの科目。そこで、いわゆる「授業」をすべて日本語と英語のオンデマンド授業へと変更した。これにより、授業中の言葉の問題を解決できただけでなく、不足気味だったプログラミングの演習時間を大幅に増やすことが実現できた。 日本人学生と国際コースの学生が同時に学べるように反転授業を導入  高安研究員と森倉助教が担当する「Cプログラミング入門」、「Introduction to Programming」(共に春学期)、「Cプログラミング」、「Intermediate Programming」(共に秋学期)において、大石 進一教授,関根助教の協力のもと,2015年度から...

2016年2月25日 00:00

現地からのオンライン講義やCourse N@viを使ったグループ発表でITの利活用を実践的に学ぶ―山内徹講師・田辺孝二講師(GEC)

山内徹 早稲田大学非常勤講師(写真左)田辺孝二 早稲田大学非常勤講師(同右) シンガポールをはじめアジア各国のIT事情を学ぶ、「シンガポールのITと社会」と「アジアのITと社会」。山内徹講師と田辺孝二講師は、現地からのオンライン講義やCourse N@viを使ったグループワークなどさまざまな取り組みを授業に導入。ITツールの活用によってインタラクティブな授業を行い、学生の意欲と理解力の向上に努めている。 ITツールの活用によって双方向で臨場感のある授業を目指す 春学期はシンガポール、秋学期は中国やインドなどアジア各国のIT事情を学ぶ、グローバルエデュケーションセンターの2つの科目。各国のIT活用の現状から、国家・企業のIT戦略、ITがもたらす社会のイノベーション、さらにIT分野での日本との連携についてまで幅広いテーマを取り上げている。 授業では、さまざまなITツールを活用して、学生たちに...

2016年2月25日 00:00

Skypeの導入で海外の大学にも対象を広げ、外国人学生との言語・異文化交流の機会を拡大―三神弘子 国際学術院教授/国際コミュニティセンター長

三神弘子 国際学術院 教授/国際コミュニティセンター長 早稲田大学には2015年度現在、100を越える国と地域からの5000人近い外国人留学生が在籍しており、この数字は日本全国の大学の中で最も多い。こうした国際色豊かな環境を活かし、キャンパスにおける異文化交流を充実させるために、国際コミュニティセンター(International Community Center, ICC)は活動している。2006年の設立以来、ランチ会やカフェ、キャンプなど各種のイベントを実施し、学内における異文化交流の場と機会を提供してきた。そうした活動の一環として、ICCでは、言語学習や異文化交流を希望する学生の意欲に応えるため、2015年度より海外の大学と提携し、学生個人間でSkypeを使って交流する機会を提供している。導入に至った経緯と成果、課題についてお話を伺った。 互いの言語と文化を教え合う学生間の国際交流...

2016年2月25日 00:00

先端的WEBツールに基づく授業を動画としてオープン化:知の分野で世界にアピールする社会貢献―松山泰男 基幹理工学部教授

松山泰男 基幹理工学部情報理工学科教授 世界では今、インターネットを通じて大学の授業を無料で公開する動きが加速している。本学でも、2014年度よりWASEDA COURSE CHANNELというプラットフォームを通じて、一般への授業公開が行われている。松山教授はこのシステムを利用して教場で行っている授業の録画映像を公開し、他大学を含む一般社会へのアピールと社会貢献に努めている。 教場の授業を録画し、無料で学外にも公開する インターネットを通じて大学などの授業を公開する試みは「オープンコースウェア」(OpenCourseWare、以下「OCW」)とよばれ、本格的なものとしては2002年に米マサチューセッツ工科大学(MIT)で開始された。当初はシラバスや資料を公開する程度であったものが、ICTの進化と普及により、動画と音声での公開が可能になり、現在ではアメリカやヨーロッパを中心として世界中で...

2016年2月25日 00:00

Course N@viの活用により高い学習効果が望めるフルオンデマンド授業を実現―堀井俊佑 GEC助教

堀井俊佑 グローバルエデュケーションセンター助教 グローバルエデュケーションセンターの「統計リテラシーα」「統計リテラシーβ」「統計リテラシーγ」は、ガイダンスから、講義、小テスト、最終試験に至るまで、すべてをCourse N@vi上で実施するフルオンデマンド科目だ。フルオンデマンドという環境下で、学生たちが効果的に学ぶためのさまざまな取り組みについて、堀井俊佑助教に話を聞いた。授業ビデオを見るだけでなく実際のデータで作業もさせる 「統計リテラシー」の「α」「β」「γ」はいずれも全学部全学年を対象とした科目で、フルオンデマンド授業という現在の形では2014年度春学期にスタートした。3科目の延べ受講者数は、2年間ですでに2000人を超えている。久保沙織助教、星野匡郎助教と共に科目を担当する堀井助教は、「統計データから必要な情報や主張を読み取り分析することは、かつての『読み・書き・そろばん』...

2016年2月25日 00:00

少人数の演習授業でクリッカーを利用。学生の参加意欲・理解度が向上した―星野真 政治経済学術院助教

星野真 政治経済学術院助教 授業において学生の主体性をいかに引き出して教育効果を上げるか。それを支援する手法のひとつとして用意されているのがクリッカーだ。星野助教の事例では、これを演習問題の解答に利用したところ、正解率を正確に把握できることに加え、学生自身からも理解度や意欲が上がったとの高評価を得ているという。間違えて恥をかく心配がないため学生が積極的に参加する 今回のエントリーの対象となっているのは、「ミクロ経済学入門」(春学期)と「マクロ経済学入門」(秋学期)という、1年生を対象にした必修科目だ。毎週90分の本講義と45分の演習講義とで構成されており、星野助教が担当している演習講義は、計算問題の解説を行い、学生たちに類題を解かせるという形で進行する。 この授業では時間を決めて類題を解かせるが、その間すべての学生が実際に問題を解いているのか、あるいはどのぐらいの学生が正解しているのかが分...

2016年2月25日 00:00

ディスカッション動画を使った反転授業で研究倫理の問題を自ら考え対応力を養う―国際学術院 日本語教育研究科

国際学術院 日本語教育研究科川上郁雄 大学院日本語教育研究科 研究科長(写真)戸田貴子 大学院日本語教育研究科 教務主任  昨今、大学全体としても研究倫理に配慮した教育を行うことが求められている。この問題を一般的な知識ではなく自らの課題として捉えさせるにはどうしたらよいか。日本語教育研究科では、独自の教材と動画を使って課題に取り組むという準備学習を設計。その上で教場にてディスカッションを深めるという反転授業を行ったところ、大きな教育効果が見られたという。 動画とテキストによる準備学習でディスカッションが深化した  日本語教育研究科では、従来から修士課程や博士後期課程の学生に対して、授業や論文指導の中で研究倫理の教育を行ってきた。これをさらに充実させ教育効果を上げるため、研究科としての組織的な取り組みとして導入したのが、独自の講義動画・テキストと反転授業だ。  今回この方法を取り入れた「...

2016年2月25日 00:00

Course N@vi上のオンデマンド授業で基礎内容を習得させ、授業中に演習用の20分間を創出。念願のディスカッションが可能に―所千晴 理工学術院教授

所千晴 理工学術院教授  環境資源工学科で3年生の専門必修科目「環境界面工学」を担当する所千晴教授は、授業内で習得した知識の社会的意義を問う演習の時間を増やし、学生同士でディスカッションをさせたいと考えていた。問題は基礎知識の提供に授業時間の大半を要するため、演習に割ける時間があまりとれないことだった。そこで、Course N@viを活用した反転授業を取り入れることで問題を解決。学生は有意義なディスカッションを行うことができ、教員自らも新しい気づきを得られた。 反転授業を取り入れることでディスカッションの授業を創出  「環境界面工学」は、資源リサイクルや環境浄化分野で重要な固液界面現象を理解し、固液界面におけるさまざまな物質挙動に関する基礎知識を体系的に身につけることを目的とする授業である。基本は座学形式であるが、15回の授業のうち10回程度は、最後の10~15分で計算問題やグラフ作成...

2016年2月25日 00:00

Twitterの「投票機能」でその日の講義を全員で復習。講義の活性化にもつながる―酒井哲也 理工学術院教授

酒井哲也 理工学術院教授  学生にとって親しみ深いツールであるTwitterに、「投票機能」が追加された。「データベース設計」を教える酒井哲也教授はこの投票機能を授業に取り入れている。学生同士が相談しながら選択肢問題に対する回答を投票することにより、学生のエンゲージメントと授業のインタラクティブ性の向上を狙っているという。Twitter機能の活用事例を中心に、Course N@viの活用法を併せて紹介する。 正しい答えに投票するために学生同士の議論が盛り上がる  早稲田大学で「データベース設計」科目を受け持った2014年度当初から、授業のたびに学生に課題を出し、CourseN@viのレビューシートで回答を提出させているという酒井教授。学生個人の理解度をリアルタイムで知り、個々の学力を伸ばすことに役立っているという。「ただ、授業中に学生の積極性を引き出したり、学生間の協力を促したりするとい...

2016年2月25日 00:00

会話録音の課題提出にFacebookを活用。データ共有やコミュニケーションにも重宝―オマール・カーリン 文学学術院 非常勤講師

オマール・カーリン 文学学術院 非常勤講師  日本人学生は、基礎的な英語力はあっても会話を苦手とすることが多い。そこで、カーリン講師は特にリスニングとスピーキングの能力を強化するため、授業にICTを取り入れている。それを有効利用するために使用しているのがFacebookだ。教員と学生間のコミュニケーションにも役立っているというその活用法と効果を伺った。 授業外での会話練習を課題にし音声ファイルをアップロードさせる  以前から、「日本の学生は英語で話すことが得意ではない」と感じていたカーリン講師は、担当する授業において特に「聞く」「話す」力の強化に重点を置いている。  そのための手法のひとつが、授業外で会話練習を行わせることだ。学生同士でペアを組ませ、授業で取り上げたテーマについて30分ディスカッションしたものを録音して、音声ファイルをアップロードさせる。最近はほとんどの学生がスマートフ...

2016年2月25日 00:00

日本語作文の個別指導にCourse N@viを活用。発表時の録画を見返して改善につなげる―伊藤宏美 日本語教育研究センター 非常勤講師

伊藤宏美 日本語教育研究センター 非常勤講師  外国人留学生の中には、友人との会話は流暢だがきちんとした話ができない、適切な文章が書けないというケースもある。そんな学生が自らの思いを的確に伝えられるような日本語習得を目指す授業において、Course N@viやビデオ録画の活用が教育効果向上につながっているという。 メールを併用した個別指導で自分らしさを出せる文章力を養う  最近、英語だけで成立するコースも増えるなど、本学でもグローバル化が進んでいる。その結果、留学生の日本語レベルにはかなりのばらつきが見られるようになっているという。日本語レベルが初級の学生を対象にしたこの授業においても、日本に来てゼロから学ぶという学生もいれば、会話はできるが初歩的な文章しか書けないという学生もいる。そうしたレベル差の大きな学生に的確に対応するには、個別の指導が欠かせない。  留学生対象日本語科目「写...

2016年2月25日 00:00

「10分だけ反転授業」とWeb版クリッカーで学生の理解度と定着率の向上が実証された―大鹿智基 商学学術院教授

大鹿智基 商学学術院教授  学生に予習を促し授業内容を充実させること、および大人数授業で双方向性を取り入れることを課題と感じる教員は多いだろう。大鹿教授はその解決のため、予習用の動画作成とWeb版クリッカーという方法を取り入れ、その詳細を論文にまとめている。3年間に渡る試みの分析から見えてきた成果と課題を伺った。 10分の予習動画で説明部分を強化しクリッカーで演習問題の効果を上げる  大鹿教授が最初にこの手法を導入したのは2013年度秋学期に行った2年生以上を対象にする「原価計算論」という授業だった。理論の説明に加え具体的な話題も豊富に紹介したい、さらに演習問題も解かせたいとなると、どうしても時間が不足すると感じていたのがきっかけだった。そこで、重要部分を解説した動画を収録し、これを予習として視聴してから授業に臨ませるようにした。  動画の長さは当初15~20分で作っていたが、後半から...

2016年2月25日 00:00

Webクリッカーなどを活用して大人数クラスで学生の主体性を促す―畠山卓朗 人間科学学術院教授

畠山卓朗 人間科学学術院教授  履修生が数百名にも及ぶような大人数の授業においては、学生が受け身になってしまいがちだ。人数が多くても一人ひとりが主体性を持って参加できるようにするため、畠山教授はグループワークやWebクリッカーなどを用いるなど、授業設計における工夫を重ねている。 学生の意識を授業に引き込むため授業の「マクラ」を用意する  今回対象となった「生きるためのデザイン論」は、障がい者や高齢者など誰もが安全・安心・快適に生活していくには、どんな社会を創ったらよいのかを考えるという授業だ。「誰もがいずれは高齢者になるわけですし、突然の事故などに遭って障がい者になるかもしれません。自分もそういう立場になるかもしれないという当事者の視点を持って物事を考えられるようになって欲しい。特に早稲田の学生にはそれを学んで社会を創っていける人になることを願っています」。そうした考えの基に、この授業...

 1  |  2  |  3  | All

プロフィール
大学総合研究センター
大学総合研究センター
教育方法研究開発部門(CTLT)
CTLTでは早稲田大学における優れた教育事例を収集し、Good Practice、
Tipsとして公開、教員間の活用を促す取り組みを行っていきます。
カテゴリーアーカイブ
01 政治経済学部 (12)
02 法学部 (2)
03 文化構想学部
04 文学部 (1)
05 教育学部 (12)
06 商学部 (5)
07 基幹理工学部 (10)
08 創造理工学部 (4)
09 先進理工学部 (4)
10 社会科学部 (3)
11 人間科学部 (9)
12 スポーツ科学部 (2)
13 国際教養学部 (2)
14 グロバールエデュケーションセンター (14)
15 日本語教育研究センター (6)
16 日本語教育研究科 (7)
17 高等学院 (5)
18 商学研究科ビジネス専攻 (2)
19 国際コミュニティセンター (1)
20 会計研究科 (3)
21 経営管理研究科 (2)
22 情報生産システム研究科 (1)
月別アーカイブ
2017年6月
2017年3月
2016年10月
2016年4月
2016年2月
2015年10月
2015年3月
2014年3月
2013年3月
最新記事
実際のデータを扱う体験型授業で、既存の手法を疑う目を育てたい
データを豊富に扱い、データ分析力を身に付けさせる
学ぶ意義と目的を明確にし、研究の内容と手法を能動的に学ぶ
中身の濃いコンテンツで、社会人学生の高い要求に応える
授業の振り返りにもつながる「つぶやき」欄と、全体のレベルを向上させるための工夫

ページトップへ