QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




早大教員の授業における Good Practice &Tips 集

2016年2月

2016年2月25日 00:00

Skypeを通じて海外の日本語教師の生の声を聴き、教科書や文献とは異なるインプットで理解を更に深める ―毛利貴美 日本語教育研究センター准教授

毛利貴美 日本語教育研究センター准教授 日本語教育研究センターの毛利准教授は、海外における日本語教育をより身近に感じ、理解を深めるために、海外の現場で活躍する日本語教育専門家の生の声を取り入れた教育実践を行っている。Skypeを使った遠隔セッションを組み込んだその授業の実践と成果を紹介する。 海外からの生のセッションで刺激を与える 今回エントリーの対象となった「海外の日本語教育を考える」という授業は、海外における日本語教育の現状や課題を知り、自らその問題を考察することで問題意識を明確にして理解を深めることを目的にしている。 しかし、日本国内で得られる教育情報は限られている上、トピックが身近ではない各国の言語政策や言語教育に偏りがちであるという問題があった。これを補うには、実際に海外で活躍する日本語教育の専門家を招くことが望ましいが、経費やスケジュールの点で実現は難しい。 この問題をクリア...

2016年2月25日 00:00

予習・復習、グループワーク、目的に合わせてCourse N@viの機能を選び、学習効果を上げる―中村理 政治経済学部准教授

中村理 政治経済学部准教授 早稲田大学の授業支援ポータルであるCourse N@viは、選択式・記述式の小テスト実施やディスカッション用のBBS設置など、さまざまな機能を備えている。中村理准教授は、担当する各科目の内容やレベル、受講人数などに応じて、Course N@viの適切な機能を選択。学生が最大限に学習効果を上げるための運用を工夫している。 文献の内容を問う小テストで「読んで来ない学生」を減らす 教員が、「読んできてください」「復習しておくこと」といった指示を出すだけでは、すべての学生に予習・復習をしてもらうことは難しい。そこで中村准教授は、Course N@viの小テスト機能などを活用することで、学生に授業外での学習を促し、実際に効果を上げている。その際、重要なことの一つは、科目の内容やレベル、人数などに適した機能を選択・運用することだ。 たとえば、大学院生向けの科目で、授業中に...

2016年2月25日 00:00

国際コースとの共同授業開始を契機にオンデマンド授業を導入。演習時間の大幅増も実現できた―高安研究員・関根助教・森倉助教(基幹理工学部)

高安 亮紀 理工学術院総合研究所 次席研究員関根 晃太 基幹理工学部 助教森倉 悠介 基幹理工学部 助教(写真)  2015年度から、日本人学生向けと国際コースの学生向けの授業を同時に行うことになった「Cプログラミング入門」などの科目。そこで、いわゆる「授業」をすべて日本語と英語のオンデマンド授業へと変更した。これにより、授業中の言葉の問題を解決できただけでなく、不足気味だったプログラミングの演習時間を大幅に増やすことが実現できた。 日本人学生と国際コースの学生が同時に学べるように反転授業を導入  高安研究員と森倉助教が担当する「Cプログラミング入門」、「Introduction to Programming」(共に春学期)、「Cプログラミング」、「Intermediate Programming」(共に秋学期)において、大石 進一教授,関根助教の協力のもと,2015年度から...

2016年2月25日 00:00

現地からのオンライン講義やCourse N@viを使ったグループ発表でITの利活用を実践的に学ぶ―山内徹講師・田辺孝二講師(GEC)

山内徹 早稲田大学非常勤講師(写真左)田辺孝二 早稲田大学非常勤講師(同右) シンガポールをはじめアジア各国のIT事情を学ぶ、「シンガポールのITと社会」と「アジアのITと社会」。山内徹講師と田辺孝二講師は、現地からのオンライン講義やCourse N@viを使ったグループワークなどさまざまな取り組みを授業に導入。ITツールの活用によってインタラクティブな授業を行い、学生の意欲と理解力の向上に努めている。 ITツールの活用によって双方向で臨場感のある授業を目指す 春学期はシンガポール、秋学期は中国やインドなどアジア各国のIT事情を学ぶ、グローバルエデュケーションセンターの2つの科目。各国のIT活用の現状から、国家・企業のIT戦略、ITがもたらす社会のイノベーション、さらにIT分野での日本との連携についてまで幅広いテーマを取り上げている。 授業では、さまざまなITツールを活用して、学生たちに...

2016年2月25日 00:00

Skypeの導入で海外の大学にも対象を広げ、外国人学生との言語・異文化交流の機会を拡大―三神弘子 国際学術院教授/国際コミュニティセンター長

三神弘子 国際学術院 教授/国際コミュニティセンター長 早稲田大学には2015年度現在、100を越える国と地域からの5000人近い外国人留学生が在籍しており、この数字は日本全国の大学の中で最も多い。こうした国際色豊かな環境を活かし、キャンパスにおける異文化交流を充実させるために、国際コミュニティセンター(International Community Center, ICC)は活動している。2006年の設立以来、ランチ会やカフェ、キャンプなど各種のイベントを実施し、学内における異文化交流の場と機会を提供してきた。そうした活動の一環として、ICCでは、言語学習や異文化交流を希望する学生の意欲に応えるため、2015年度より海外の大学と提携し、学生個人間でSkypeを使って交流する機会を提供している。導入に至った経緯と成果、課題についてお話を伺った。 互いの言語と文化を教え合う学生間の国際交流...

 1  |  2  |  3  | All 次へ >>

プロフィール
大学総合研究センター
大学総合研究センター
教育方法研究開発部門(CTLT)
CTLTでは早稲田大学における優れた教育事例を収集し、Good Practice、
Tipsとして公開、教員間の活用を促す取り組みを行っていきます。
カテゴリーアーカイブ
01 政治経済学部 (15)
02 法学部 (3)
03 文化構想学部
04 文学部 (2)
05 教育学部 (15)
06 商学部 (5)
07 基幹理工学部 (16)
08 創造理工学部 (9)
09 先進理工学部 (8)
10 社会科学部 (5)
11 人間科学部 (10)
12 スポーツ科学部 (3)
13 国際教養学部 (2)
14 グロバールエデュケーションセンター (15)
15 日本語教育研究センター (6)
16 日本語教育研究科 (9)
17 高等学院 (5)
18 商学研究科ビジネス専攻 (2)
19 国際コミュニティセンター (1)
20 会計研究科 (6)
21 経営管理研究科 (4)
22 情報生産システム研究科 (4)
23 理工学術院 (1)
月別アーカイブ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年3月
2017年6月
2017年3月
2016年10月
2016年4月
2016年2月
2015年10月
2015年3月
2014年3月
2013年3月
最新記事
課題の提出や小テストの実施を通して、覚えた知識を定着させる
毎回の授業を、ひとつのストーリーとして理解してほしい
ライブ感のある授業で、学生の意欲を引き出す
会計のプロとして真に役立つ学びを提供したい
大人数の講義でも「生の人間による『実況』」を最重視。提出ノートはきめ細かくフィードバックし、学生の将来の資産になるよう企図

ページトップへ