日時 : 2007年1月10日(水) 14:40〜16:10
場所 : 早稲田大学 7号館209教室

視聴にあたってのご注意

XX XX1
天児 慧
(あまこ さとし)
大学院アジア太平洋研究科
教授
現代中国論・アジア国際関係論

XX XX2
重村 智計
(しげむら としみつ)
国際教養学術院
教授
国際政治・東アジア研究

XX XX3
寺田 貴
(てらだ たかし)
アジア研究機構アジア研究所助教授
東アジア政治経済学

安倍政権が発足して、4ヶ月が過ぎました。誕生直後から安倍首相は、中韓訪問など、外交的に華々しいデビューを飾ったと言われていますが、安倍アジア政策には未だ不透明な部分が多く、中国やインドの台頭、北朝鮮の核問題、東アジア地域統合など、錯綜するアジア問題をどう対処するのか、現在、その外交手腕が問われています。そこで、中国政治・外交が専門の天児教授と朝鮮半島問題が専門の重村教授に、安倍政権のアジア外交を縦横無尽に斬っていただき、本セミナーが、今後の日本外交の行方を考える上でのヒントを示す場となれれば、と考えております。

挨拶 (機構長:奥島 孝康)

06:15

討論者紹介とテーマ

05:03

安倍政権のアジア外交

26:52

安倍政権のアメリカ外交

32:27

質疑応答

20:16

お問い合せ

早稲田大学アジア研究機構事務所
(9号館 9階 914)
E-mail : asianstudies@list.waseda.jp
Tel : 03 (3202) 2537 内線 71 - 3211