QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




残業生活者のための超カンタンレシピ  今日のまかない

2010年8月28日 09:59

ぶどうシャーベット

山梨の親戚から、大粒のぶどう「ピオーネ」が届きました。

おいしいんですよ~。そのままでもおいしいけど、凍らせて食べるのも好き。

ぶどう2.jpg

「シャーベットとは名ばかりで、洗って水気をふいて凍らせるだけです。タイトルは「ぶどうの冷凍保存」のほうがよかったかも?

しっかり凍らせたら、水道の水をジャーっとかけると、手でなでるだけで皮がむけます。
むいたら解凍しないでしゃりしゃり状態で食べるのがおいしいんですよ!

ぶどう.jpg

きゃああ、写真撮ろうと思ってたのにほとんど食べてしまった。
3粒だけ撮影してみました。こんなんですいません。

2010年7月20日 13:23

そのまんまゼリー

梅雨があけたらとたんに猛暑!

こんなときのオヤツは冷たいものに限りますね。

juice.jpg

なんじゃこれ、ただのジュースじゃないの...と思われるでしょうが、違うんだな~。中はゼリーなの。

面倒なことすべてはぶいて、紙パックにはいっているジュースをパックのまんまゼリーにしちゃいました。

zeri.jpg

ちょっとピンぼけですいません。紙パックからかき出して、フルーツの缶詰などのっければ、ほら、ちゃんとゼリーでしょ(笑)。

 

【作り方】

(1)紙パックのジュースは、1カップくらい飲んで、量を減らしておく。(でないとあふれるというだけの理由です)

(2)耐熱カップに水を2/3カップくらい入れ、ゼラチン15g(小袋なら3つ)を振りいれて、電子レンジで1分チン!

(3)ゼラチンが全部溶けていることを確認したら、ジュースのはいっている紙パックに注いで、さいばしなどで急いでかきまぜる。

(4)冷蔵庫で2時間以上冷やし、固まったらできあがり。

*ジュースそのまんまですので、あまり甘くはないです。甘味が足りないと思ったら、缶詰のシロップをかけたり、はちみつをかけたりして調節してください。(でも、子どもだと案外、甘味あっさりのほうが好き!)

2010年7月11日 11:44

シンプルなサルサソース

本格的に暑くなってきましたね。

このシーズンにうちでよく登場するのが、サルサ。
野菜を刻んで混ぜるだけの、火のいらないソースです。すご~くさっぱりした味なので、食欲のない日はこのソースに大いに助けられてます。

本やネットで作り方を調べると、あれこれ香味野菜やスパイスを入れた作り方ばかり出てきますけど、私は友人に教えてもらったシンプルバージョンをさらに簡単にしちゃいました。

写真は塩・こしょうして焼いただけの豚肉にたっぷりかけたもの。(豚肉にソースをたっぷりのせて、くるっと巻いて食べると美味!)牛肉でもいいし、白身魚のムニエルや鳥のから揚げにもあいます。

sarusa.jpg

【ソースの作り方】
(1)トマト2個を粗めのみじん切りに、玉葱1/2個とピーマン1/2個をみじん切りにする。
(2)そこに塩小さじ1/2、レモン汁大さじ1、チリペッパーまたはタバスコまたは刻んだ唐辛子を好みの量加え、よくまぜてから冷蔵庫でしばらく冷やしておく。

以上! 簡単だなあ(笑)。本場の方、これは違うだろうって怒らないでね。

2010年6月13日 20:09

夏野菜のかんたんパスタ

私のパスタ料理は、「パスタがゆであがると同時にソースも完成している」状態をもって「マイレシピ」と認定しております。

というと、お湯をわかす時間も入れて、だいたい15分以内といったところ。トマト缶を煮詰めるくらいならできるんだけど、たまねぎをむいてスライスしてじっくり炒めるのはちょっとツライ。これをやれば味がグレードアップするのは確かなんだけどなあ。

...と思っていたときこんなものを見つけました!

kagome.jpg

う~、ピンボケ写真でごめんなさい(撮りなおそうかと思ったときはすでにカラだったから)。

その名も「完熟カットトマト&炒めた玉ねぎ」といいます。あんまりそのまんまのネーミングだったのでつい買ってしまいました。

で、これで作ったパスタがこれ。トマトを煮詰める時間もいらないから、その代わりに夏野菜をあれこれ切って炒めて、ソースをからめてちょっと煮て、ジャスト15分! いや、ちゃんと玉ねぎ炒めたみたいなできあがり(あたりまえか)でした。

pasta2.jpg

【作り方】だいたい2人分

なべにお湯をわかす。その間に野菜を食べやすい大きさに切る。(今回は赤パプリカ半分、なす1個、かぼちゃ少々)。庭からバジルをつんでくる(もちろん「冷蔵庫から出す」でも「乾燥バジルを用意」でもOK)。

お湯がわいたら塩とパスタ200gを投入。別のコンロにフライパンをのっけ、オリーブオイルを熱して、火の通りにくいものから順に入れて炒める(今回はなす→かぼちゃ→パプリカ、ですね)。

フライパンに「完熟カットトマト&炒めた玉ねぎ」1缶ときざんだバジル、鷹のツメ1本(辛いのが好きなら)を入れ、ざっとまぜて、全体が熱くなったら塩・こしょうで味を調える。

あとはゆであがったパスタとソースをあわせてよく混ぜ、完成です。

 

2010年5月30日 13:45

いきなり焼けるクレープ

久しぶりに、おやつにクレープを焼きました。

...って書くとなんだか優雅なお母さんみたいだけど、うちの場合「しまった、おやつが何もない!」っていうときの10分メニューです。

優雅さも何もなく、おそうざい作るのと同じ。計量カップすら使わず、目分量だし...。友人が来たときに作っているところを見られ「ずいぶん大雑把ねえ。私にはとてもできないわ~」と感心されてしまいました。

【だいたいの材料】
卵 1個
牛乳 1カップ
小麦粉 1カップ
砂糖 大さじ1~2
塩 ひとつまみ

これを、全部ボウルにいれて、がしゃがしゃと混ぜます。混ぜたら生地のできあがり。あとは焼くだけ。
卵から順番に泡だて器で混ぜたり、30分以上ねかして小麦粉をなじませたり、なんてことはしない。ただ混ぜるだけです。

でもダマができるでしょう? っていうと、はい、たいていダマだらけになります。でもいいの、焼くときにこういうことをします。

crape4.jpg

生地をフライパンに流すとき、ザルを通すんです。これでなめらかなクレープになります。ほら。

crape5.jpg

あとは片面焼いて、上までしっかり固まったと思ったらひっくり返してもう片面を焼きます。屋台のクレープだと焦げ目なんかひとつもないのが普通だけど、家で作るときは、ちょっとだけ焦げ色がつくくらいがベター。焼き足りないよりは、焼きすぎたほうがおいしいです(と私は思うの)。

これに普通はジャムとフルーツとか、バナナとチョコレートソースとか、生クリームといちごとか、好きなものをのっけて巻きます。

でも今日は甘いものって気分じゃなかったので、ピザ風にアレンジしました。

crape2.jpg

クレープにピザソースを塗って、チーズと好きなトッピングをのっけて...

crape3.jpg

こんなふうにパタパタたたんで、オーブントースターで焼きます。

 

crape1.jpg

いい感じの焦げ目がついたらできあがり。カリッとした皮と、トロトロになったチーズが美味。

このピザクレープ、下赤塚の某喫茶店の人気メニューだったんだけど、今はもうないかなあ。たたんだ状態で冷凍してあって、注文するとオーブントースターで焼いて出してくれるんです。
私も余分に作って冷凍しておこう...といつも思うんですけど、結局すぐ食べてしまうので、冷凍するとどうなるのか試せないままなのでした。

プロフィール
まかないユニット(Kazと仲間たち)
まかないユニット(Kazと仲間たち)
お料理研究家兼イラストレーターのKazと、それをとりまく人々ならびにその人々の夫も参加するまかないユニット。夫が台所をしきる家庭が2、妻がしきる家庭が2、自称共同の家庭が1、飛び入り参加あり、により構成。
月別アーカイブ
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
カテゴリーアーカイブ
ごはん・パスタ・パン他 (12)
加工食品 (13)
果物・お菓子 (7)
肉料理 (14)
野菜料理 (28)
魚料理 (1)

ページトップへ

カレンダー
<< 2015年04月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
ぶどうシャーベット
そのまんまゼリー
シンプルなサルサソース
夏野菜のかんたんパスタ
いきなり焼けるクレープ
最新コメント
コメントありがとうご...
Posted by kaz
もう一回書かせて下さ...
Posted by knowsay
新じゃがのゆでただけ...
Posted by knowsay
YOCCOさん、訪問あ...
Posted by kaz
久しぶりに覗かせてい...
Posted by YOCCO