QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




“法務がHomeにやってきた”~Homu is coming Home.~

2012年1月25日

2012年1月25日 23:37

持ち物検査(2)

メーカーが機内持ち込み対応として販売しているアーミーナイフ型の入れ物に入ったUSBメモリを没収された「持ち物検査」(http://www.quon.asia/yomimono/lifestyle/law/2011/12/19/2967.php)の第2弾。

「昨年の初めから数えると、海外出張には10数回(省略)~中国1回(チャイナエア)、台湾12回(チャイナエア、エバー、JAL)、米国1回(UA)、韓国1回(大韓航空)、シンガポール1回(シンガポール航空)」

で、今回は台湾出張で使用する航空会社は、始めてのANA。
それから、今回はカバンを新調。いつも使用しているREMOWAのトランクは、2泊3日にはちょっと大きいので、革製のトランクの機内持ち込みできるものを購入しました。これで、到着時にサッサと出られます。

IMG00251-20120124-1632.jpg

今までが、スカスカだったので、タカをくくっていましたが、容量が小さくなったので2泊3日でも、小さいカバンにはぎゅうぎゅう。ホテルにはローブがあるだろうから部屋着用のジャージは不要、予備の長袖は半減させて、薬やら歯磨き粉やらは、すき間になんとか押し込んだ感じです。


そして、恒例のセキュリティでの手荷物検査。
「こちらはお客様のですか?」
おっと!来たよ。なんでなんで?

(新調した)トランク内の何かがチェックに引っかかった模様。
(おかしいな。過去に持ち歩いていたものを移し替えただけなのに。。。)
いろいろを「なんとか押し込んだ」新調したトランクを、
「開けてください」
といわれて、
(うお!?開けるの?再度詰め込み?)
「何もないはずなんだけど。。。」。

「液体物があるようです」
確かに液体物はある。が、これまでも運んでいたものばかり。

メンソレータム。
かゆみ止めの軟膏。
飲みかけのウィスキー。(7月に購入)
COLGATEの歯磨き粉。

「こちら(ウィスキー)とこちら(歯磨き粉)はお持ち込みできません。」
「!!!」

前述のようにこれらは、ずっと持ち運んできたものばかり。

「今までずっと大丈夫だったのに何故?」
「規定で決められたものですので」

と、一通りのやり取りをしましたが、「チェックの品質が一定になるようにしないとおかしいんじゃないの?」と捨て台詞で、品物を放棄してゲートを通過しました。

まったく。。。

とここまで書いたところで気がついた。。
これまでは預けていた荷物を手荷物にしたのです。チェックインで預ければ、ウィスキーも歯磨き粉も問題なかったのは、機内持ち込みとの基準が違うからですね。。。

あ〜〜職員の方、ごめんなさい。

ページトップへ

カレンダー
<< 2016年03月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
20150331 法務はHOMEにやってきたのか?(最終回)
国が変れば法律も変る − 海外支店の税金計算(1)
偽ブランドを差し止めろ
仮想病院は近いか
領空の上の雲(クラウド)
最新コメント
自分はコスプレ許せな...
Posted by あまとう
Marinonさん 友人でた...
Posted by 万代
「今丁度タイミングが...
Posted by Marinon
hinataさんご無沙汰で...
Posted by 万代
お元気ですか?いつも...
Posted by hinata
最新トラックバック
[講演活動]全国WEBカウンセリング協議会
from 握一点開無限
他行宛振込手数料無料でセコロジー
from がっちりお得なセコロジー
思わずクリックしちゃうタイトル
from QuonNet研究所