QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




“法務がHomeにやってきた”~Homu is coming Home.~

2009年12月13日

2009年12月13日 23:09

旅するときにも法がある

ワシントンDCで開催されたOECDのカンファレンスに出席してきました。今回は、1999年に出されていた電子商取引に関するガイドラインの見直しが行われるため、越境取引に関する法制度調査の一環です。ダレス空港周辺は雪景色。到着時朝の気温はー2度。それでも風がないせいか体感温度はそれほどではありません。

IMG00164-20091208-0131.jpg

詳しくは、正式な報告を行ってからブログにも抜粋したいと思います。

さて、国外に旅するといくつかの法的な手続きを経ます。 まず、旅券(パスポート)。これは、国外にいるときの日本国籍を証明する外交文書です。裏表紙に
「日本国民である本旅券の所持人を通路故障なく旅行させ、かつ、同人に必要な保護扶助を与えられるよう、関係の諸官に要請する」
とあり、これは日本の外務大臣名で相手国に依頼しています。また、日本国としての信用があるので、我々は多くの国に面倒なビザの申請なしに旅行ができます。仕事で他国に人を招く時に、「招待状を出してくれないか」と言われることがありますが、フィリピンなどは、それを持って、大使館にいってビザを申請して承認されないと日本にこられません。

ただし、日本人でも渡航先によっては、有効期間が一定期間以上ないと入国できなこともある(例えばイスラエルは3ヶ月以上必要)ので注意が必要です。
そして、出国検査を経て、パスポートにスタンプをもらった時点で、場所は日本ですが、出国した状態になります。(トムハンクスの映画「ターミナル」では、アメリカにいながらアメリカに入国できないで空港内にいるお話でしたね)

ビジネスで出国する際には、自分で使用するノートPCなどは申請する必要はありませんが、サンプル品や渡航先で販売する品を携行する場合には申請が必要です。相手国に入国する際にも申請が必要ですので、結構面倒臭いのですが、これを簡便に行えるように、日本商事仲裁協会(http://www.jcaa.or.jp/)が、「ATAカルネ」という証明書を発行しています。

それから生ものや植物などは持ち込めません。以前、両親を連れてハワイに旅行した際に、米国の入国時に麻薬犬?の嗅覚検査で母親が引っかかってしまい、スーツケースを開ける羽目になりましたが、どうやら、「干し芋」が嗅ぎ当てられたようで、事無きを得ましたが、ワシントン条約などで禁止されている品物もありますので、「お土産に」と軽い気持ちで持っていくときにも注意が必要です。

米国入国の際には、2008年の12月からESTAの申請が必要になりましたが、これは結局どこで使われていたんでしょう?単に入国時に照合されていただけなのかもしれませんが、コピーして持参した申請時の記録や、登録番号も入力したり見せたりする機会はありませんでした。
(注!ESTAで検索すると一番上に出てくるサイトは有料なので注意しましょう。ESTAは無料です!)
一方入国では、両手の指紋と顔写真を取られるようになりました。なんだか犯罪者(候補)にでもなったようでイヤな気分です。

日本からの出国は、必ずImmigrationを通過しますが、米国からの出国はとても簡単になっています。(実は2007年5月から廃止になっていたそうです。2008年の始めから既に3回目の渡米なのですが、いつもは国内便で移動していたので、あまり意識していませんでした)
http://www.ryokojoho.jp/usa/other/departure.cfm
入国時に記入したカードの半券は、従来通りパスポートにホチキス止めされていますが、その回収はどうやら空港でのチェックイン時に航空会社職員によって行われているようです。列に並ばずラクチンなのですが、「ちゃんと出国できるのかな」と、却って不安になってしまいます。

ところで、米国内はいたるところで、空港の荷物検査と同じような、X線による手荷物検査があり、必ず身分証の提示を求められます。スミソニアン博物館は小学生のグループ見学でごった返していましたが、素晴らしい展示物がすべて無料。しかし、セキュリティチェックは厳しく。自由と規制の対比は日本とは異なる社会制度を実感させてくれます。

smallSumisonian.jpg

ページトップへ

カレンダー
<< 2016年03月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
20150331 法務はHOMEにやってきたのか?(最終回)
国が変れば法律も変る − 海外支店の税金計算(1)
偽ブランドを差し止めろ
仮想病院は近いか
領空の上の雲(クラウド)
最新コメント
自分はコスプレ許せな...
Posted by あまとう
Marinonさん 友人でた...
Posted by 万代
「今丁度タイミングが...
Posted by Marinon
hinataさんご無沙汰で...
Posted by 万代
お元気ですか?いつも...
Posted by hinata
最新トラックバック
[講演活動]全国WEBカウンセリング協議会
from 握一点開無限
他行宛振込手数料無料でセコロジー
from がっちりお得なセコロジー
思わずクリックしちゃうタイトル
from QuonNet研究所