QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




大西良雄ニュースの背後を読む

2018年5月28日 11:21

わが庭のアジサイがほぼ満開です

(2018年5月28日筆)

 「やるの止めるの」の米朝会談、責任をどうとる「モリカケ疑惑」の総理に財務相、それにアメフト・タックル反則事件です。これでテレビのワイドショーが大騒ぎしているうちに、わが庭のアジサイが一斉に咲き始めました。閑話休題、今回はわが庭のアジサイの話です。


40年以上前、亡き父が移植したガクアジサイが始まり

 さきほど家内と庭に植わっているアジサイの株数を数えました。垣根、玄関、庭先のアジサイが全部で18株(うち1株は小さなアマチャです)ありました。垣根のアジサイが最も多いのですが、咲き揃えば通りすがりの人が「きれいですね」と話しかけてくれます。

image1.png
 他に植木鉢に5株が植え付け予備軍として待機しています。その植木鉢の一株は母の日に長男夫婦が贈ってくれたピンクのガクアジサイです。カーネーションに代わってピンクのアジサイを母の日に贈るという新しい習慣ができているのでしょうか。咲き終わったら陽当たりの良い垣根沿いに植え込もうと思っています。

 いまさらながらですが、株を数えているうちにアジサイといってもいろんな種類があることが分かりました。ネットで調べると大きく分けて2つ、額縁のように花芯の周りに咲く「額咲きのアジサイ」(ガクアジサイ)、それと花(実は額の花)がたくさん集まって咲いている「手毬咲きのアジサイ」(本アジサイ)です。

 わが庭には最初、亡き父が40年以上前に自宅から持ってきて移植した水色のガクアジサイしかなかったのですが、家内が鉢植えで買ってきて観賞したあと植え込んだり、差し芽をして育て植え込んだりして徐々に増えていきました。

 額の花が一段と長いガクアジサイの「墨田の花火」、ちょっと珍しい八重咲きの「万華鏡」は、珍しいからといって鉢植えで買ったアジサイです。本アジサイでは、平凡ですが家内が好きな水色とピンクの「手毬咲き」があります。これも鉢植えで買って植え込みました。

 花の色は、オーソドックな藍色とピンク、白色に水色、深い紅に深い青とさまざまです。最近は深い紅のアジサイの妖艶な美しさが気に入っています。

 ネット情報の受け売りで申し訳ないのですが、アジサイには「額咲き」「手毬咲き」、「墨田の花火」「万華鏡」「アマチャ(甘茶)」など風物詩のような和語形容詞が付いていて楽しいですね。


花言葉は「移り気、変節」から「一家団欒、元気な女性」へ変化

 家内も小生も華やかで鮮やかなアジサイの花が大好きで見るだけで気持ちが明るくなります。これからも鉢植えの移植、差し芽を続け、垣根をアジサイで埋め尽くし、通りすがりの人にも楽しんでもらいたいと思っています。

 最後にひとつだけ、アジサイの花言葉がどうにも気に入りません。花の色が変化していくことから「移り気、浮気、変節」、青や藍色のイメージから「冷淡、冷酷、高慢、無情」という否定的な花言葉が付いているようです。

 しかし最近は、額の花が寄り添って咲いていることから「一家団欒、辛抱強い愛情」、赤やピンクの花イメージから「元気な女性」という好意的な花言葉も出てきているようです。母の日にピンクのアジサイを贈るという新しい習慣ができたのは、そうした好意的な花言葉のおかげなのでしょう。

この記事へのトラックバック

【記事】わが庭のアジサイがほぼ満開です
この記事にご興味のある方は、こちらのトピックもご覧下さい 続きを読む
QuonNetコミュニティ | 2018年5月28日 16:20

この記事へコメントする

プロフィール
ニックネームさん
大西良雄(経済ジャーナリスト)
上智大学卒業後、東洋経済新報社に入社。記者を経て「月刊金融ビジネス」、「週刊東洋経済」編集長を歴任。出版局長、営業局長の後、常務第1編集局長を最後に独立。早稲田大学オープンカレッジ講師のほか講演・執筆活動。
月別アーカイブ
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年9月
2006年8月
2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
スルガ銀行はマイナス金利が生んだ異形のあだ花
わが庭のアジサイがほぼ満開です
誰が信じるのか、安倍政権の「2つの政策目標」
財務官僚の弱体化で財政再建が絶望的になる恐れ
安倍総理はトランプの「取引外交」に対峙できるか
最新コメント
トランプと安倍首相を...
Posted by 坂田三吉
LS北見カーリングチ...
Posted by かずちゃん
大西先生世の中の表象...
Posted by Anonymous
ありがとうございます...
Posted by Anonymous
経済政策・少子化政策...
Posted by Anonymous
最新トラックバック
【記事】スルガ銀行はマイナス金利が生んだ異形のあだ花
from QuonNetコミュニティ
【記事】わが庭のアジサイがほぼ満開です
from QuonNetコミュニティ
【記事】誰が信じるのか、安倍政権の「2つの政策目標」
from QuonNetコミュニティ
【記事】財務官僚の弱体化で財政再建が絶望的になる恐れ
from QuonNetコミュニティ
【記事】安倍総理はトランプの「取引外交」に対峙できるか
from QuonNetコミュニティ