QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




大西良雄ニュースの背後を読む

2013年12月 9日

2013年12月 9日 00:27

「これ、甘夏ですか」と問われて

(2013年12月9日筆)

 気晴らしに道路や庭にたまった落ち葉を掃いていると、通りすがりの人から小宅の庭先を指さして「これ、甘夏ですか」とよく聞かれるようになりました。

 小宅の、南表の陽当たりのよい特等席のような庭先に夏みかんの木が植わっています。昨年初めて実を一個だけ付けましたが、それが今年は、正式には数えていませんが100個近くの黄色い実が重そうにぶら下がっています。

 その半分は道路側にはみ出し大人なら手が届きそうな状態でぶら下がっているのです。実がまだ深緑色で葉っぱと同じ色をしていた時は誰も声をかけてくれなかったのですが、黄色く色づいてからは散歩中の旦那やご婦人から「これ、甘夏ですか」と異口同音に問われるのです。


柿に甘柿、渋柿、夏みかんに甘夏、渋夏?
甘夏の原産地、津久見の近くで育っていながら


 そう聞かれてちょっと戸惑いました。確かにスーパーでは夏みかんを「甘夏」と表示して売っていますが、それは「酸っぱくない、甘い夏みかんですよ」という程度の意味だろうと思ったからです。ですからスーパーの売り文句には騙されないという気持ちで「はい、これは夏みかんです」と答えてきました。

 すると「甘夏か」と聞いたほうが一瞬戸惑った表情をみせて立ち去るではありませんか。柿には甘柿と渋柿がありますから、夏みかんにも甘夏と渋夏があるのでしょうか。いつものように「ウィキペディア」を引いてみました。すると、甘夏は戦前、大分県津久見市で開発された酸味が少ない夏みかんのことで「カワノナツダイダイ(川野夏橙)」という学名までついているではありませんか。

 小生、高校2年まで大分県で育ちましたから津久見がセメントと柑橘類で知られた街だということはよく知っています。しかし「甘夏」を生んだ土地であるとは知りませんでした。「これ、甘夏ですか」と聞いた人のほうが夏みかんのことをよく知っていたのです。

 そういえば昨年1個だけ実を付けた夏みかんを食した時は、かなり酸っぱかった記憶があります。もしかしたら小生宅の夏みかんは「甘夏」ではないかもしれません。そこで夏みかんの木を庭先に植えた家内に問いただしました。「甘夏」を植えたのか、「渋夏」を植えたのかと。

 家内によるとこうです。今から23年前、庭に穴を掘って生ごみを埋めたところ夏みかんが芽を出したので、それを植木鉢に移ししばらく育てた後、庭先の陽当たりの良い特等席に植え替えました。生ごみの中にスーパーで買ってきて食べた「甘夏」の種があったのでしょう。だから、甘夏に違いないと。


早く採りすぎるから酸っぱい甘夏になる
夏みかんも子育ても「短気は損気」「果報は寝て待て」


 しかし、「ゆずの大馬鹿18年」と言って柑橘類は植えてから18年すれば実をつけるはずだ、なぜうちの夏みかんは実をつけるのに23年も掛かったのか、これは「甘夏」ではないのではないかと家内に再び問いました。

 そうすると家内は実をつけるのが遅れたのはあなたのせいだ、と言うではありませんか。そういえば小生、陽当たりのいい特等席を独占しながら長い間実も付けず鋭い棘を付けただけの夏みかんに腹を立て、夏みかんの幹を地面から1メートルの高さに切り縮めたことがありました。そのせいで5年ほど身を付けるのが遅れたと家内は言っているのです。

 そうでしたか、「夏みかんの大馬鹿23年」に伸びた理由がよくわかりました。もう一つお聞きしたいのですが、去年枝からとって食べた夏みかんが酸っぱかったのは、生ごみの中の種が「甘夏」の種でなかったからではないのでしょうか。

 これにも家内はきっぱりとこう答えました。「あなたが早く取りすぎたからです」と。そういえば、「これ、甘夏ですか」と問うた通りすがりのご婦人も「採るのはもう少し先のほうがいいですよ」と言っておられました。家内の言う通りかもしれません。再び「ウィキペディア」を開きますと、夏みかんは「春先までは酸味が強くて食用に適さない」「初夏には酸味が減じる」と書いてありました。そうか、初夏に実を採取するから「夏みかん」というのか。

 小生、柑橘類の産地近くで育ちながら「甘夏」の何たるかを全く知らなかったことを恥じ入るばかりです。それにしても夏みかんなど育たないはずの北陸・福井出身の家内がなんでこんなによく知っているのか不思議ですが、ご近所の農家や畑仕事に詳しい人に教わったそうです。そうしているうちに家内は畑仕事や植栽について小生など及びもつかない博識となったのですから、ご近所付き合い、恐るべしです。

 それと、甘夏をおいしくいただくには「短気は損気」、酸味が減じる初夏までじっくり待つことにしました。夏みかんだけではなく、子育ても株式投資もすべて「短気は損気」、「果報は寝て待て」ですね。

 小生、短気が背広を着て歩いているような人生を送ってきました。この際、気長に我慢を重ねる習慣を身に付けるように頑張ります。え、もう遅い(家内の声)、ですか。そうかもしれませんね。
プロフィール
ニックネームさん
大西良雄(経済ジャーナリスト)
上智大学卒業後、東洋経済新報社に入社。記者を経て「月刊金融ビジネス」、「週刊東洋経済」編集長を歴任。出版局長、営業局長の後、常務第1編集局長を最後に独立。早稲田大学オープンカレッジ講師のほか講演・執筆活動。
月別アーカイブ
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年9月
2006年8月
2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月

ページトップへ

カレンダー
<< 2015年04月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
安倍総理はトランプの「取引外交」に対峙できるか
日米株価が再び急落、安倍内閣は支持率を回復できるか
痛ましい近畿財務局ノンキャリアA氏の自殺
「そだねー」のカーリング娘が大人気
NY株暴落は「健全な調整」か、趨勢下落に至るのか
最新コメント
トランプと安倍首相を...
Posted by 坂田三吉
LS北見カーリングチ...
Posted by かずちゃん
大西先生世の中の表象...
Posted by Anonymous
ありがとうございます...
Posted by Anonymous
経済政策・少子化政策...
Posted by Anonymous
最新トラックバック
【記事】安倍総理はトランプの「取引外交」に対峙できるか
from QuonNetコミュニティ
【記事】日米株価が再び急落、安倍内閣は支持率を回復できるか
from QuonNetコミュニティ
【記事】痛ましい近畿財務局ノンキャリアA氏の自殺
from QuonNetコミュニティ
【記事】「そだねー」のカーリング娘が大人気
from QuonNetコミュニティ
【記事】NY株暴落は「健全な調整」か、趨勢下落に至るのか
from QuonNetコミュニティ