QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




大西良雄ニュースの背後を読む

2012年1月27日 10:02

真冬の北海道・登別温泉での「極楽、極楽」

2012年1月27日筆

関東にも初雪が降り東京で2~3センチ、小宅のある所沢でも数センチ積もりました。その翌日、北海道・室蘭での講演に出かけました。

札幌の北にある岩見沢ではドカ雪で家がすっぽり雪に埋まり、道央の旭川では気温が-30度を記録したと報じていました。家内は手袋を買ってきて「これ持っていきなさい」といいますし、南国育ちの小生、寒さは大の苦手、凍死しないようにとだるまのように着込んで家を出ました。重かった。

日の入りが早い北海道の真冬、雪が上がった後、見上げれば満天の星でした
眼が覚める午後五時前、新千歳空港はすぐそこ、ジャンボ機はすでに着陸態勢に入っています。窓から外を見ました。白銀にかがやく北の大地を期待していました。しかし日はとっぷり暮れていて、そこには薄墨の地が広がっていました。その薄墨のところどころに松明のような明かりが茫々と灯り、白銀の世界とは一味違った幻想的な風景を映し出していました。

空港近辺でも日中、高くとも-3度、朝夕には-7度前後といいます。日はすでに暮れていましたから、新千歳のエアーターミナルの車寄せに出ると冷凍庫に入った寒さでした。たぶん-6度ぐらいだったのでしょう。

急いで迎えの車に飛び乗りました。これから道央自動車道を南下し登別東インターで降りて登別温泉へ向って上ります。雪への備えは十全なのでしょう、道央自動車道には雪はありません。車外を見ると雪が上がったあとの澄んだ夜空に星が一杯、大きなオリオン座が小生にかぶさってくるようでした。

真冬の夜の北海道も素晴らしいと感動したのですが、腑に落ちないことがありました。まだ午後五時過ぎなのに満天の星、夜の訪れがちょっと早過ぎませんか。そう聞くと運転手さんは「お客さん、真冬の北海道では4時半頃から日が落ち5時には真っ暗です。東京より1時間は早く日が暮れます」と教えてくれました。なるほど、北欧の白夜が冬の北海道でも味わえるのかと合点が行きました(後で調べてみましたらこの時期、室蘭あたりの日の入りは午後4時40分、東京は日の入り午後5時ですから20分ぐらいの時間差です)。

一時間ぐらい走ったでしょうか。高速道路を降りて一般道路に入りました。ここから山の中にある登別温泉に登っていくのですが、さすが山の一般道路の除雪は完璧とは言いがたく、道路わきには凍った雪が残っていました。車もスリップを避けるようにゆっくり登っていきます。ずるずる登っていった温泉郷の一番奥、源泉である地獄谷近くに本日の宿「第一滝本館」がありました。

広さ1500坪、7つの異なる泉質を持つ大浴場に圧倒されました
「第一滝本館」は江戸の安政5年(1858年)の創業だそうです。登別に湧く霊泉の噂を耳にした開祖の滝本金蔵は「皮膚病に苦しむ妻とともに深山幽谷に分け入ってこの地にたどり着き、小屋を作って妻を湯治に専念させた」そうです。すると妻の皮膚病が見る見るうちに快癒し、効能に驚いた金蔵はその恩恵をもっと多くの人々に広めようと休泊所を建てて湯治人の世話を始めたのは「第一滝本館」の始まりだと、館のパンフレットに書かれていました。運転手さんの話だと、創業当時、アイヌの人も休泊所を盛んに訪れたそうです。

北海道新聞に出ていましたが、道民を対象に行った「リクルート北海道じゃらん」の調査によると、「これまで行って満足した道内の旅行先」の第1位は函館、第2位は富良野、そして第3位が登別温泉でした。ちなみに第4位が世界自然遺産に登録された知床ですが、登別温泉は知床より上位です。道内に数多ある北海道の温泉郷の中でも最高位の人気なのです。休泊所を建て創業した滝本金蔵さんも天国で満足しているでしょうね。

食事は「たきもとの冬」と名づけられた日本料理でした。先付けの「鞍肝のとうふ」に始まって、虎杖浜のホッキ貝、礼文島のボタン海老、揚げたてのカニ天ぷら、ウニ乗せの茶碗蒸し、ご飯は北海道産の「ななつぼし」と北海道産の食材尽くしでした。酒は開祖の名を冠した地酒の「金蔵」(金粉入りです)、食後の甘味は夕張メロンのようでした。食事を運んでくれた仲居さんに「メロンは夕張産ですね」と聞くと返事に困り、調理場で聞いてきたようですが「熊本産です。申し訳ありません」と恐縮した様子でした。

画竜点睛を欠くとはこのことですが、メロン以外はすべて美味く食べ過ぎてしまいました。ただでさえ膨らんでいる腹がもっとせり出し動きにくくなりましたが、そのまま広さ1500坪、田んぼでいえば5反近い大浴場に直行しました。大浴場には大小合わせて35もの浴槽があるというではありませんか。

小生、育ちは九州、別府温泉です。東洋一に湯量を誇る別府温泉ですが、1500坪もの大浴場を持つ旅館・ホテルなどなかったと記憶しています。しかも「第一滝本館」には泉質の異なる7つの湯を味わえるといいます。別府温泉にも泉質が異なる泉源がたくさんありますが、ひとつの浴場に複数の泉質の湯が引かれた温泉宿などありませんでした。

3階建ての別館の3階に滝本館の泉源でもある地獄谷が望める大浴場があります。2階からは露天風呂にも入れます。大浴場の広さには圧倒されましたがそれ以上に楽しめたのは泉質の異なる7つの湯でした。皮膚病が快癒した開祖・金蔵さんの奥さんにちなんで名づけた、湯治場にぴったりの、「癒しの湯」「万病の湯」「鬼の湯」「きづの湯」「美人の湯」「美肌の湯」「熱の湯」の7つの浴槽です。

小生、温泉場育ちですが長湯は苦手、カラスの行水ですが、今回はそういうわけには行きません。7つの浴槽をぐるぐる回り、冷凍庫の中にあるような露天風呂にもつかりました。そうこうしているうちに1時間以上も湯につかってしまい、かつて経験しない長湯になりました。しかも小生、水虫が快癒しあばた面が滑らかになり、せり出した腹が引っ込んだような気になりました。ちょっと思い込みが過ぎたようですが...。

放射能騒ぎも気にせずいち早く登別を訪れてくれた台湾の観光客にも感謝
地酒「金蔵」を飲んでほろ酔いかげん、寒さも忘れ7つの湯につかって「極楽、極楽」、思わずそうつぶやいてしまいました。日帰り講演が普通となった昨今、登別温泉一泊付で文士並みの講演に招いてくださった北海道新聞室蘭支社の皆さんに心から感謝いたします。

ところで、真冬の登別温泉の客入りですが、あまり多くはないように見受けました。小生、大浴場を独占したかのような気分になったのですが、それでも親子連れで湯につかる客もちらほら見受けられました。どうやら、中国の旧正月、春節の休みを利用して登別を訪れた台湾からの客のようです。

福島原発事故による放射能騒ぎで日本を訪れる中国、韓国の観光客が激減する中、放射能騒ぎなど気にせず登別温泉にいち早く戻ってきてくれたのは台湾の観光客だったそうです。そういえば新千歳へ向うジャンボ機の小生の後ろの座席には小学校低学年の女の子を連れた若い台湾人の夫婦が乗っていました。

小生には後ろ座席に座っていた台湾の女の子、風呂に一緒につかった台湾の男の子が限りなく可愛いく、かしこそうに見えました。登別を訪れていただいた台湾の皆様にはひとりの日本人として厚く御礼申し上げます。有難うございました。

この記事へのトラックバック

【記事】真冬の北海道・登別温泉での「極楽、極楽」
この記事にご興味のある方は、こちらのトピックもご覧下さい 続きを読む
QuonNetコミュニティ | 2012年1月27日 10:05
【記事】真冬の北海道・登別温泉での「極楽、極楽」
この記事にご興味のある方は、こちらのトピックもご覧下さい 続きを読む
QuonNetコミュニティ | 2015年7月20日 09:20
プロフィール
ニックネームさん
大西良雄(経済ジャーナリスト)
上智大学卒業後、東洋経済新報社に入社。記者を経て「月刊金融ビジネス」、「週刊東洋経済」編集長を歴任。出版局長、営業局長の後、常務第1編集局長を最後に独立。早稲田大学オープンカレッジ講師のほか講演・執筆活動。
月別アーカイブ
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年9月
2006年8月
2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月

ページトップへ

カレンダー
<< 2015年07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
日本が米中貿易戦争で「漁夫の利」を得る?
老朽・水道管路の更新か、陸上イージスの配備か
スルガ銀行はマイナス金利が生んだ異形のあだ花
わが庭のアジサイがほぼ満開です
誰が信じるのか、安倍政権の「2つの政策目標」
最新コメント
トランプと安倍首相を...
Posted by 坂田三吉
LS北見カーリングチ...
Posted by かずちゃん
大西先生世の中の表象...
Posted by Anonymous
ありがとうございます...
Posted by Anonymous
経済政策・少子化政策...
Posted by Anonymous
最新トラックバック
【記事】日本が米中貿易戦争で「漁夫の利」を得る?
from QuonNetコミュニティ
【記事】スルガ銀行はマイナス金利が生んだ異形のあだ花
from QuonNetコミュニティ
【記事】わが庭のアジサイがほぼ満開です
from QuonNetコミュニティ
【記事】誰が信じるのか、安倍政権の「2つの政策目標」
from QuonNetコミュニティ
【記事】財務官僚の弱体化で財政再建が絶望的になる恐れ
from QuonNetコミュニティ