QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

アジア事情

2018年7月 2日 02:24

宇都宮の人々はなぜ水餃子を食べるのか?

久しぶりに故郷の栃木県宇都宮市に戻り、いつもの通り餃子を食べました。宇都宮は餃子で有名なところです。

総務省の調査によれば、2017年の餃子に対する年間支出額(2人以上の世帯)において宇都宮市は4258円で全国1位に輝いています(Jタウンネット, 2018年2月3日)。

実のところ、2014年から3年間は浜松市が1位で宇都宮は2位でしたので、宇都宮としては面目躍如といったところです(総務省「家計調査(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング」)。

それでは、なぜ、宇都宮が餃子の街になったのでしょうか。宇都宮市の説明では、戦時中、市内に駐屯していた大日本帝国陸軍第14師団が中国(満州)に出兵したことがきっかけになっています。満州で餃子を覚えた帰還兵が終戦後、宇都宮に餃子を「持ち帰った」とされているのです(「餃子のまち」宇都宮市公式Webサイト)。

私の祖父母も満州からの「引き揚げ者」であり、上記の説は正しいと考えます。ただし、味と作り方を持ち帰ったのは帰還兵ではなく、その家族と言った方が的確かもしれません。

これは私見ですが、宇都宮人が中国東北地方の餃子を「伝承」している証拠として水餃子が挙げられるように思います。

日本全国では餃子と言えば焼餃子であり、宇都宮餃子でも焼餃子が有名ではありますが、宇都宮人は水餃子も普通に食べます。

私自身、子供の頃から水餃子に親しんできたのですが、不思議なことに宇都宮以外では水餃子は流行っていません。

なぜだろうと思っていたのですが、中国・東北地方黒竜江省出身の留学生と餃子談義になった際、「先生、なぜ日本人は水餃子を食べないでしょか。私の故郷では水餃子こそが餃子なのです」と言われて、私の長年の疑問と同じであったことで「はっ」としたのです。

戦時中、満州に滞在していた宇都宮人は、水餃子と焼餃子を戦後、宇都宮に持ち帰ったのですが、何らかの理由で焼餃子だけが日本各地に伝わって行ったのではないでしょうか。

日本と中国は不幸な歴史があり、今も両国民が全体として親しいとは言えないかもしれません。しかしながら、美味しいものは美味しいのです。そして、美味しいものは国境を越えて広がっていきます。どこの食べ物とかレッテルも貼られずに。美味しいだけで、拡散するには十分なのです。

もしかしましたら、現在の中国東北地方の餃子と宇都宮の餃子(水餃子、焼餃子)は同じではないかもしれません。いつか、中国の東北地方を訪れることがあれば、宇都宮出身者として思いっきり調査してみたいと思います。

2018年5月25日 22:28

失業率1%未満の国のタクシー事情

3日間の短いタイ・バンコク滞在で、困ったことはタクシーに乗車拒否されることでした。短期滞在だからこそ、時間を有効に使いたいと考え、移動はタクシーを利用しようと思っていました。ところが、3日間で10回近く、拒否されました。

道で手を挙げると止まってはくれるのですが、行先を伝えると拒否されるのです。市内移動なので近距離だったからなのか、外国人だからなのか、それとも運転手がバンコクの街に詳しくないのかと、考えました。

バンコクに滞在8年の日本人の知人に伺ったところ、タクシーの運転手には各自エリアがあり、それ以外のエリアには行きたくないという傾向があるそうです。とはいえ、客が全然いなければどこでも行くのがタクシーでしょうから、前提として景気が良いということもあるそうです。

実際、タイの失業率は2017年0.7%、2016年は0.75%です。2011年に1%を下回ってから年間で1%を超えたことがなく(IMF - World Economic Outlook Databases)、特にバンコクでは仕事がいくらでもあるということです。

この信じられない低失業率については解釈を巡って議論があるそうですが、バンコクの景気が良いのは事実でしょう(日本も経済がバブルで夜の繁華街が毎晩賑やかだった頃、東京はタクシー不足で、東京駅、渋谷駅、新宿駅等はタクシーを待つ長蛇の列が日常となっていたことがありました)。

いずれにしても、バンコクのタクシーは問題があるようで、ネットでも多くの乗車拒否やぼったくりされた例が報告されています。

もちろん、タクシー運転手でも全員が悪い訳ではありません。

最後の日、ホテルからドンムアン空港までタクシーを利用しました。髭面の中年の男性運転手。メーターがなく、「ああ、またやられた」「最後までついていない」とがっかりしました。頼みもせずに高速も使い、運転手が自分で高速代も払っていきます。どれだけぼったくられるかと心配していたところ、空港到着後、往路よりも安い金額を提示されました。

そして、私が1000バーツ札(約4000円)を支払うと、おつりがないというのです。「待っているから、何か買ってお金をくずしてくきてくれ」と言うのですが、私は鞄一つなので、言われたまま空港に入って売店で飲み物を買って戻ってきました。

もし、私が消えても運転手は私を探すことはできなかったでしょう。「信用」されたのかもしれませんが、バンコクのタクシーは良いのか悪いのか判断ができずに終わりました。

2018年5月24日 01:24

タイには2000店を超える日本食レストランがある

前回、前々回も記しました通り、2泊3日でタイのバンコクに行ってきました。

バンコクで驚いたのは、日本食レストランの多さでした。振り向けば、日本食レストランがあるような感覚です。

2014年の日本貿易振興機構(ジェトロ)の調査によれば、タイの日本食レストラン数は2,126店に至り、その大半がバンコクにあるとのことです(「タイ国・バンコクにおける日本食レストラン実態調査」、日本貿易振興機構《ジェトロ》バンコク事務所)。 

タイには在留邦人が何と64,285人(外務省、2014年10月)もいます。そして、2017年にタイを訪れた日本人が150万人を超えており(タイ観光・スポーツ省)、日本食レストランが多いのも頷けます。

ただ、かなりの数のタイ人も日本食レストランに足を運んでいるように見えるのです。実際に、上記の「タイ国・バンコクにおける日本食レストラン実態調査」でも以下のレストランの客のタイ人比率は高いのです。

Aoringo Japanese Curry Restaurant(客層におけるタイ人比率50%)
Ramen-Bankara(タイ人比率 70%)
Kushitaro Izakaya(タイ人比率 100%)
Sakana Sushi & Sashimi(タイ人比率80%)
Gold Curry Bangkok (タイ人比率70%)

私のタイ人の友人も、日常的に日本料理を食べに行くと言っていました。彼女は、特に日本に関係する仕事をしている訳ではなく、日本語も知らないのですが、日本食が生活の一部になっているのです。

このようなタイにおける日本料理ブームですが、私が驚いたのは、夜でも30度を超える熱帯夜のバンコクで、寿司屋、刺身を安全にお店が提供できていることです。

タイでは、「日本食=安全」というイメージがあるそうですが、腐らさないように新鮮な食材を運ぶことはそれ程、易しくはないはずです。

流通がしっかりしているということは、非常に重要な点であると思います。

もっとも、その分、若干高額な料金設定となっており、多少の贅沢感もあることでしょう(それでも、むちゃくちゃ高いようには感じませんでしたが)。

流通といえば、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン等の日系のコンビニが文字通り「溢れている」のもバンコクの特徴です。一店舗で数千という商品を取り扱っているコンビニですので、これも流通の役割が大きいように考えます。

タイは経済成長を続けていますが、なぜ、経済成長をしているか分からないという(現地に滞在している)日本人の方も少なくありませんでした。

少なくても日本食レストランとコンビニを見る限り、流通からその成功(の一つ)を考えることはできるような気がします。

2018年5月23日 11:40

ウォシュレット:「トイレ革命」は世界に起こるのか?

前回(5月22日付)、当ブログで記しました通り、タイのバンコクに2泊3日で行ってきました。

ホテルの予約サイトでバンコクの市内の5つ星ホテルが1泊約1万円で特別オファーをしており、そちらに宿泊することになりました。

しかしながら、トイレが日本製ではありませんでした。ウォシュレットがなく残念に思いました。良いホテルなのに、良いホテルだからこそ残念なのです。

昨年末に中国の広州に学会で訪れた際も、トイレ問題がありました(当ブログ, 2017年12月27日付)。

こちらはウォシュレットどころか、トイレにトイレットペーパーがないのです。GDP世界第二の経済大国になった中国で、しかも先進地域の広東省なのに公共トイレに紙がありません(これについては、中国出身の同僚からティッシュを持ち歩くのが社会習慣となっており、経済発展とは無関係という意見を頂いていますが)。

「紙なし社会論」は別として、私は、ヨーロッパを行き来する生活をしており、欧州各国の公共トイレを利用することが少なくないのですが、ウォシュレットがあるところは殆どありません。

そもそも、ウォシュレットというのはTOTO社のブランドです。2015 年 7 月の段階で同社だけで国内外合わせて累計出荷台数が 4000 万台を突破しています(「ウォシュレット※累計出荷台数4000万台突破」TOTO, 2015年9月1日)。そして、日本におけるウォシュレット型の温水洗浄便座の一般世帯普及率は、何と77.5%(2015 年3 月、内閣府調べ)となっているのです。

中国の一部や欧米でもウォシュレットは徐々に広がっているようですが、これ程、日本で一般化しながら海外とのギャップはありそうです。

しかしながら、外国人が文化的にウォシュレットを受け入れないという訳でもなさそうです。米国の歌手マドンナさんが2005年に来日した時、「日本の温かいトイレシートが恋しかった」と言葉を残していったように(Excite Bit, 2005年12月16日)、日本のトイレの国際競争力はありそうです。

それでも、欧米でウォシュレットが広がらない一つの理由として、トイレとバスタブ(風呂)が一緒になっているため、電源が取れないという構造上の問題も指摘されています。いわば、お風呂にトイレがあるような形のため、日本のように便器の隣にコンセントがないのです。

つまり、家の建築構造を変えない限り、ウォシュレットは欧米社会では広がっていかないことになります。これをどう打破するのか、TOTOさんなどのメーカーは、日々、研究を続けておられると思われますが、ホテル等から攻めて、マドンナのようなトイレ「ファン」を増やしていくしかないのかもしれません。

自分が、トイレ・(和式主義者ではないので)モダン・ナショナリストであることを気付かされた旅になりました。

2018年5月22日 10:13

エアアジア(バンコク線)を利用して

所用があり、週末、タイのバンコクに2泊3日で行ってきました。関西空港発のLCCエアアジア(AirAsia)航空の深夜便を利用して早朝にバンコクのドンムアン空港に到着しました。

今回、エアアジア航空を利用したのは初めてでした。

エアアジアは、2001年にマレーシアで「飛行機の旅行をエリート層から開放し大衆化することを目的」として創設されたLCCであり、現在、200機以上の機体を保有しながらアジアを中心にネットワークを拡大し、20カ国以上、120以上の都市に就航しています(同社HPから)。

関空からバンコクへの飛行時間は6時間弱、通常、飛行機の座席正面にはテレビ画面があるものですが、それもなく、従って映画やドラマは見られませんが、片道2万円台という格安航空券なので納得できました。

食事や飲み物は全て有料で、前もって予約もできます。

私は、今回、深夜フライトだから必要ないと考え予約しませんでしたが、食事をする時間がなく、結局、現金払いで遅い夕食を「購入」することになりました。Nam Ya Tuna Spaghettiという麺ものを頂きましたが、夜の胃にはちょっと刺激が多かったかもしれません(飲み物付きで250タイバーツ、1000円程でした)。

食事が終わり、照明が消されました。

深夜便だったので、早速、休もうとしましたら、凄い鼾をかく男性が隣の隣に座っており、アラームが鳴り続けているような状態となり、寝られませんでした(これは全くエアアジア社の問題ではありませんが)。

何度か、男性の隣の女性がCAに文句を言ったのですが、何度注意されても鼾の男性は自覚症状がないのでどうにもならないようでした(着陸後、その男性はどこかに連れていかれていました)。

このエアアジア、航空サービスを調査するスカイトラックス社による2017年のLCCランキングにおいて世界1位となっています。9年連続ということでアジアならず、国際的競争力で世界のトップを走っています(FlyTeam, 2017年6月22日)。

1 エアアジア(マレーシア)
2 ノルウェー・エアシャトル(ノルウェー)
3 ジェットブルー(米国)
4 イージージェット(英国)
5 ヴァージン・アメリカ(米国)
6 ジェットスター(オーストラリア)
7 エアアジアX(マレーシア)
8 アズールブラジル航空(ブラジル)
9 サウスウエスト航空(米国)
10インディゴ(インド)

上記の通り、ベスト10に日本の会社は入っていません。言うまでもなく、世界の航空業界はその評価は別として、LCCの比重が高まっています。日本初のLCCがなぜ出遅れているのか、考える必要があるのかもしれません。

 1  |  2  |  3  | All 次へ >>

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (15)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (137)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (233)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (14)
日本政治 (125)
日本社会 (298)
映画で観る世界と社会 (331)
欧州事情 (98)
留学生日記 (74)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
FIFA:試合中に「魅力的な女性」を接写するのはいけない
「みんなの物語」が運ぶ思い出: 映画『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』の広がり
巷におけるW杯GK論は、高次元のサッカーの国民化に繋がるか?
誇るべき「クリーン・ナショナリズム」とその国際的背景
家族の崩壊によって描く「家族愛」: 映画『万引き家族』の疑似家族性
最新コメント
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草