QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

アジア事情

2018年9月27日 00:00

2018年モンゴル訪問記(5):「学校には、まず、水洗トイレが必要です。」

神戸ユネスコ協会理事/日本経済大学ユネスコクラブ顧問として、9月2日~9月12日までモンゴルで国際交流とボランティア活動に従事してきました。学生8名、私を含めて神戸ユネスコ協会理事7名の合計15名の団体です。国籍別としては日本(6名)、ネパール(1名)、ベトナム(5名)、中国(2名)、モンゴル(1名)の5カ国に跨る多国籍チームでした。

【3日目後半】
9月4日の午後、貴重な体験を得て、モンゴル・ドントゴビ県フルド村の大自然(遊牧地)のゲルを出発しました。

私たちの目的の一つは、モンゴルの学校を視察するというものがあったのですが、ゲルから車で30分ほどのところにあるこの地域の唯一の学校「ドンドゴビ県フルド村小中学校」を訪問しました。

学校の入り口で校長先生に迎えて頂きました。この学校は、遊牧民の子供たちの教育を目的としており、現在、50人程の学生が学んでいます。

小学部の算数の授業に参加させて頂きましたが、子供たちはみな一生懸命勉強していました。昨日、「馬の刻印祭」で会った子供たちもいました。

Image_e8a5cd0.jpg

教室.jpg

さて、子供たちの家庭は遊牧民ですから通学が大変なのではないかと、早速、先生方に質問をしたところ、待ってましたとばかり「寮があります」と説明を受けました。そして、是非、「寮を見てください」と言われ、見学することになりました。

小学校に隣接している寮は、4人部屋でベットで机がありました。遊牧地から通学できない子供たちはこの寮で滞在して、勉強するそうです。

寮.jpg
学校に隣接している寮

寮のベット.jpg
寮は4人部屋で両サイドに二段ベットが2つある

温度計.JPG
寮の温度計は日本製でマイナス30度まで測れるものであった

校長先生に「子供たちの両親はそこまでして勉強することをどう思っているのでしょうか」「働き手がいないくなることを嫌がる親はいないのですか」と伺たところ、「そういう親は、この学校にはいないですね」と即答されました。一昨年訪れたカンボジアの貧困地域では、親が子供を働き手と考えていることが、小中学校の就学率の向上を妨害する最大の問題だったのです。しかし、モンゴルの遊牧民の親は、概して、子供の教育に熱心だそうです。

そして、政府も遊牧地域の教育に力を入れており、2021年までにキリル文字のモンゴル語のみならず、伝統的な縦書きのモンゴル文字を全児童が読めるようにすることを目標にしているとのことでした。

その上で、何よりも、この学校で校長先生が自慢されたのはトイレでした。是非、水洗トイレを見て欲しいと言われ、全員で見学させて頂きました。

S_8625440304011.jpg
校長先生自慢の水洗トイレ

校長先生が言われるには、最もこの学校で重要なのは「水洗トイレ」と「シャワー」だそうです。現在、トイレは完備されたので、シャワールームを作りたいと言われていました。

実は、その学校に隣接する土地に昨日、ゲルに泊めて頂いたバトジャルカルさんの「自宅」があり、学校の後、お茶に寄られて頂きました。バトジャルカルさんは、遊牧生活をしながら、この学校がある村の中心部にトイレもお風呂も完備した「自宅」を持っているのです。

【そもそも、バトジャルカルさんは、お子さんを米国に2人、日本に1人留学させている大成功した遊牧民です。日本に留学していた息子さんは、現在、日本の日本語学校に留学しており、大学進学を目指しています。私たちは「ご自宅」でSNSを通じて息子さんと会話しました。】

学校を後にして、私たちはまたチャーターしたミニバスで6時間近くをかけてウランバートルに戻りました。当然、途中は、草原の青空トイレしかありません。随分慣れてはきましたが、毎回、道路沿いの岩場を探しながら、校長先生が言われた「まずは、水洗トイレを作りたかった」という言葉が頭を巡りました。

青空トイレも慣れてくれば気持ちが良いものですが、誰も汲み取りはしません。紙は持ち帰られなければなりません。そのようなことを考えれば、衛生面においても限界はあると思います。水洗トイレは、今後、モンゴルの遊牧地においても求められていくのでしょうか。

近代化の波がモンゴルの遊牧地も包み込んでいます。そして、その近代化を巡る問題は、その時、私達が理解していたよりも肯定的なファクターばかりではないことを後に学びます。

更にこの夜、ウランバートルのホテルに戻りますと、WiFiが復活し、日本で台風21号が近畿や北陸地方を縦断し、各地に大きな被害を与え、関西空港が閉鎖されているというニュースが飛び込んできました。帰国は9日の予定でしたので、その時は、自分たちの旅程にも影響を及ぼす程の問題になるとは想像できませんでした。


2018年9月25日 00:00

2018年モンゴル訪問記(4): ラクダは食べものなのか?

神戸ユネスコ協会理事/日本経済大学ユネスコクラブ顧問として、9月2日~9月12日までモンゴルで国際交流とボランティア活動に従事してきました。学生8名、私を含めて神戸ユネスコ協会理事7名の合計15名の団体です。国籍別としては日本(6名)、ネパール(1名)、ベトナム(5名)、中国(2名)、モンゴル(1名)の5カ国に跨る多国籍チームでした。

【3日目前半】
9月4日、モンゴル・ドントゴビ県フルド村の大自然(遊牧地)のゲルで迎えてた朝は、肌感覚では氷点下近くでした。ゲルは簡素な作りにもかかわらず、内部は温かいのですが、ゲルの外に出た時に寒さを感じました。

朝日.jpg
地平線からの朝日(馬たちも食事中)

昨日から肉が続いていたため、ベトナム人の学生たちが日本から持ってきたラーメンで、ベトナム風ラーメンを作ってくれることになりました。モンゴルの大草原でベトナムラーメンを食するのは、なかなかシュールな経験でした。遊牧民の子供たちが興味津々で覗いていましたが、そんな時に、隣のラクダを飼っている遊牧民の家からバイクで青年が訪ねてきました。

ベトナムラーメン.jpg
ベトナム風ラーメン?
地面からゴビ砂漠が近いことが分かる

実のところ、遊牧民の生活はかなり変化しています。昨日の「馬の刻印祭り」では、かなり広範囲から遊牧民たちが参加してきたのですが、皆、日本車を含めて外国車で集まってきていたのです。近距離からはバイクも使い、今日の遊牧民生活はかなり近代化しています。

確かに馬や牛だけで移動するよりは、機械は早くて便利なのでしょう。しかし、WiFiもないところで、トヨタ・プリウスを何台も見ますと場面を頭で整理するのに時間を要します。

食後に、私たちは、その(私たちのゲルの)お隣さんのラクダを飼っている一家のゲルに遊びに行くことになりました。

車で10分ぐらい行くと、別のゲルが見えてきました。そのゲルの周りにはふたこぶラクダが数十頭いたのですが、全て子供ということでした。親たちが別のところにいるそうです。

Image_77efa2b.jpg

私は、この時、ラクダ農家(遊牧しているので農家というべきではないでしょうが)という職業を初めてみたのですが、ゲルの屋根にソーラーパネルを設置しており、太陽光で発電していたことに驚きました。バイクも自動車も、太陽光も用いながらラクダを飼う遊牧民というのは、こちらに来る前のイメージにはありませんでした。

Image_196127c.jpg
ゲルの隣に電気を通している移動式コンテナがある

しかしながら、伝統も生き続けているようでした。

私たちは、ラクダ一家の家長に大歓迎を受けたのですが、大きなゲルに通されると、主客を問わずに男性が先に奥に座り、女性が末席に並びます。また、昨日同様、馬乳酒を振舞われ、男性から順番に飲んでいきます。

男性中心主義とも言えなくはいないのですが、不思議に男尊女卑の感覚はないのです。女性が縮こまっている訳ではなく、逆に食事の時などは場を仕切っているようにも見えます。男性たちも、女性たちに対して決して高圧的ではなく、よく見ますと指示に従って動いているのです。

私は専門家ではないため、このような男女関係が、この地域の特有で「例外」なのか、それともモンゴルの遊牧民の「伝統」なのか、もしくは、近代化の影響をうけているのか判断ができませんが、興味深く拝見していました。

歓迎の馬乳酒の後、ゲルの御主人からラクダ肉を食べるかと聞かれたのですが、私たちは「とても残念なのですが、既に朝食は済ましております」と丁寧に(即答して)お断りしました。

その後、外で何十頭のラクダに囲まれながら時を過ごしました。ラクダと言えば砂漠の「馬車」のような印象を抱いていましたが、ここでは「食」の対象でもあることを思い知りました。




2018年9月24日 00:18

2018年モンゴル訪問記(3): 馬乳酒、羊の解体、180度の星空

神戸ユネスコ協会理事/日本経済大学ユネスコクラブ顧問として、9月2日~9月12日までモンゴルでボランティア活動に従事してきました。学生8名、私を含めて神戸ユネスコ協会理事7名の合計15名の団体です。国籍別としては日本(6名)、ネパール(1名)、ベトナム(5名)、中国(2名)、モンゴル(1名)の5カ国に跨る多国籍チームでした。

【2日目後半】
9月3日、ウランバートルから予定を大幅に遅れて6時間程バスで行き、ドントゴビ県フルド村に到着しました。

エナさんのお父様の幼馴染で遊牧民のバトジャルカルさんが迎えに来て下さり、道なき道を小型バスで走り、彼の家族のゲル(移動式住居)まで連れてきてくれました。ちなみに、バトジャルカルさんは遊牧中、彼らは、その地に一昨日、「引っ越してきた」そうです。

Image_b6cfcfe.jpg

生まれて初めてのゲルに入ると、歓迎のセレモニーが始まりました。大きなお椀に「馬乳酒」を並々に注がれ、1人ずつ飲んでいきます。日本の茶道とは異なり、1人が飲むとお椀を写真(下)の中央男性に返し、またフルに入れて、次の人が飲むような形式です。馬乳酒は常温だったのですが、正直に申しまして、ごくごくとは飲めず、ちびちび感覚で頂きました。

Image_46ad6fd.jpg





その後、アーロールという酸っぱいチーズを振舞われ、お昼に食べたうどんのような麺と羊肉をご馳走になりました。

Image_5da0144.jpg

その後、馬の刻印のお祭りが始まりました。ある程度大きくなった馬には大人になった刻印をするそうで、そのセレモニーはお祭りとしてお祝いするそうです。

絵本『スーホの白い馬』にあるように、モンゴルの遊牧民は馬を大切にすることで知られていますが、「あの馬は人見知り」、「あの馬は友達が多い」とか説明を受けると、彼らが、馬の性格を見極めて一頭一頭、家族のように接していることがよくわかりました。

S_8611417146872.jpg

Image_196e653.jpg
私達のゲルに馬に乗ったお客さんが

夕食は終わったと思っていたのですが、刻印儀式の後、羊を解体式が続きました。私たちが到着する前に羊は潰されており、煮込んであったそうですが、また元の姿に近い形で並べられていました。お祭りで「近所」の遊牧民の家族が集まっていましたが、その子供たちに一番美味しいところをナイフで切って渡していました。

Image_57e1772.jpg

次に私たちゲストにも下さったのですが、何も味付けをしていない羊を頂くことが皆、初めてであり、なかなか食が進みませんでした。

やがて草原の地平線に日が沈み、筆舌し難い程美しい星空が見えてきました。180度のパノラマです。WiFiなどはもちろんなく、ネットも使えませんし、トイレは相変わらず苦労しますが(夜は、人に見られる心配はないのですが、馬や羊の糞を踏んでしまう可能性があります)、とても、貴重な経験になりました。

S_8611428967170.jpg

私たちはバトジャルカルさんが、私たちのために作ってくれた大きなゲルに12人で寝ることになりました。朝は0度近くに冷え込むということで、コートを着込み、学生は寝袋に、私たち教員・理事はベットの上に寝ました。

今思えば、私の教員人生で初めて男女を問わず学生と同じ「屋根」の下で一夜を過ごしたのですが、あまりにも疲れ切っており、何も考えずに寝てしまいました。

Image_0bc835d.jpg



2018年9月23日 00:00

2018年モンゴル訪問記(2): 青空トイレを堪能する

神戸ユネスコ協会理事/日本経済大学ユネスコクラブ顧問として、9月2日~9月12日までモンゴルでボランティア活動に従事してきました。学生8名、私を含めて神戸ユネスコ協会理事7名の合計15名の団体です。国籍別としては日本(6名)、ネパール(1名)、ベトナム(5名)、中国(2名)、モンゴル(1名)の5カ国に跨る多国籍チームでした。

【2日目前半】
9月3日、朝からウランバートルから車で4時間のところにあるドントゴビ県フルド村の遊牧民の生活圏に行くことになりました。

今回のボランティアチームの事実上の「団長」である(神戸ユネスコ協会青年部の会員で、私のゼミ生でもあります)エナさんのお父様のご友人が遊牧をされているということでお邪魔することになりました。

当初、ボランティア活動をした後に、遊牧地域を訪れる予定でしたが、週末に天候が崩れてしまい、ゲルと呼ばれる遊牧民の家に宿泊するには寒すぎるということと、ちょうど、3日にお祭りがあるということで、順番を入れ替えました。

何と、急遽アクセサリー・デザイナーのエナさんのお父様と内科医のお母様も同行して下さることになり、貸し切った15人乗りの小型バスで出発しました。30分も走ると草原が見えてきました。「きれい!」「素晴らしい!」という歓声が学生たちから上がりました。

こちらに来る前にモンゴル映画を何本か観たのですが、本当に映像通りの美しい草原が広がっています。

Image_6eff757.jpg
貸し切ったバスで、何時間も草原の間を走り続ける

しかしながら、私たちはその「美しさ」を得るには代償があることを直ぐに知ることになりました。

トイレがないのです。

2時間もバスに乗っていますと、トイレに行きたくなりますが、草原です。日本のドライブインのようなところはありません。

最初は、幹線道路の両サイドにはちょっとした石があるところもあり、その陰で用を足すしかないのです。

Image_eda5a1a.jpg

牛や羊の糞も沢山、ありますので、人間も動物だと思うしかないのですが、やはり抵抗があったのは事実です(正直、「先生、見える!」とか女子学生に言われながら、用を足すのは苦痛です)。

Image_e9f4ecb.jpg
羊や牛と共に

この後、翌日にウランバートルに帰るまで、私たちは青空トイレ、星空トイレを「堪能する」ことになります。

唯一、立ち寄りました「ドライブイン」で、昼食をとりました。うどんのような麺に、羊の肉が入っていました。中国人学生のAさんは気に入ったようで、「美味しい!」と喜んでいましたが、4人のベトナム人の女子学生は皆、羊の肉が苦手なようでした。私は、その真ん中のような感じだったかもしれません。

羊の肉とのお付き合いは、モンゴルを出るまで続くことになります。

S_8611128358799.jpg



2018年9月22日 00:00

2018年モンゴル訪問記(1): ゴビ砂漠を「2回」渡り、暖房を付けて寝たモンゴルの夏の夜

神戸ユネスコ協会理事/日本経済大学ユネスコクラブ顧問として、9月2日~9月12日までモンゴルでボランティア活動に従事してきました。学生8名、私を含めて神戸ユネスコ協会理事7名の合計15名の団体です。国籍別としては日本(6名)、ネパール(1名)、ベトナム(5名)、中国(2名)、モンゴル(1名)の5カ国に跨る多国籍チームでした。

昨年9月に、ボランティアでネパール訪問したことは、当ブログでも記してきました。今年は、モンゴルに行くことになりました。

なぜ、モンゴルなのか。1年前のネパールでのボランティア活動でも活躍したモンゴル出身のエナさんの存在が大きいです。ユネスコクラブの代表も務めた彼女のリーダーシップによって今回のモンゴルでの活動が現実になりました。

【1日目】
9月2日、私たちは関西空港に午前7時に集合し、中国国際航空CA162 便で北京に飛びました。

北京空港に到着後、何と私はiPadを機内い置き忘れたことに気付いたのですが、どこを探してもでてきませんでした。また、荷物検査では、同僚の理事の1人が防犯ベルを、ベトナム人の女子学生が買ったばかりの日焼け止めを没収されながら、何とかウランバートル行きのフライト(CA955便)に乗り換えました。

北京発は15時15分、1時間ぐらい飛行したところでゴビ砂漠が見えてきました。しかし、直ぐに砂漠は終わり、もうすぐウランバートルに到着かと思ったところ、「当機はウランバートルの悪天候のために北京空港に引き返しています」とアナウンスが流れ、そもそもあのゴビ砂漠は蜃気楼だったのかもと思っていると、直後に北京空港に着陸しました。

Image_a32da1b.jpg
北京空港に着陸しながら、機内で待機する私たち

北京空港着陸しても機内から出られず、着席した状態で3時間程待たされ、乗客の子供たちは泣き出したり、モンゴル人乗客の男性グループがトランプに夢中になっていました。

21時過ぎに再びウランバートルに向けて離陸し、真っ暗な中、3時間飛行した後、24時近くにウランバートル・チンギスハーン国際空港にやっと辿り着きました。

Image_79dc45c.jpg
ウランバートル・チンギスハーン国際空港

さて、入管のパスポートコントロールを通らなくてはいけないのですが、上記の通り、私たちは日本、ネパール、ベトナム、中国、モンゴルの国際チームなのです。日本人はビザが要らず、簡単に通過できたのですがなかなか出てきません。

後ほど、聞いたところ、ネパール人とベトナム人学生たちは別室に連れていかれて、根掘り葉掘り聞かれたというのです。ネパール人がモンゴルでボランティアというのは、モンゴル人的には納得できない発想だそうです。中国籍の学生と理事が、何とか説明して、かなり遅れて6人が出てきました。

くたくたになった私たちを、上記のボランティア「団長」で先に母国に戻っていましたエナさんが手荷物受取所の外で、笑顔で迎えてくれました。

深夜のウランバートルを快適に小型バスで走り、市内のホテルにチェックインしたのですが、「0度近くになるよ」とエナさんに言われていた通り、かなり冷え込み、早速、暖房を入れることに。

こうしてゴビ砂漠を2回通るという不思議な1日が終わり、暖房に温まりながら休みました。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All 次へ >>

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (22)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (138)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (233)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (14)
日本政治 (127)
日本社会 (305)
映画で観る世界と社会 (341)
欧州事情 (99)
留学生日記 (83)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
2018年モンゴル訪問記(5):「学校には、まず、水洗トイレが必要です。」
ラクダの親子を本当の親子にする馬頭琴の音色: 映画『ラクダの涙』が描く伝統と近代
2018年モンゴル訪問記(4): ラクダは食べものなのか?
2018年モンゴル訪問記(3): 馬乳酒、羊の解体、180度の星空
2018年モンゴル訪問記(2): 青空トイレを堪能する
最新コメント
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草