QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

スイス

2017年8月18日 03:49

スイスでは、2000円で外食するのは難しい

スイスのジュネーブにお気に入りのファーストフード店がありました。ジュネーブを訪れるたびに寄っていましたが、この夏、訪れてみると閉店中でした。

名前はMike Wong。タイ風を中心にアジア系の料理を5分で作って出してくれます。テイクアウトもできます(むしろ、テイクアウトの人の方が多かったように思えます)。

値段は、1品1食、15スイスフランから20スイスフランの間です。1フラン=約110円ですので、2000円前後になりますが、マクドナルドのビッグマックメニューが13スイスフランの国ですので、マクドナルドプライスで食事ができたのです。

実際、Mike Wongもマクドナルドを意識しており、以下のようなトレードマークを(おそらくマクドナルドにもナイキにも許可を取らずに)使用しています。

IMG_2939.jpg

そのMike Wongが8月8日にスイスの警察によって閉鎖されました(以下、20 Minutes, 09 August 2017)。商標の問題ではなく、不法労働者(中国出身の調理人)が働いていたというのが理由です。

オーナーの話では、コックの労働許可を申請はしていたようですが、許可を待っている段階で働いてしまっていたようです。

このお店は比較的「安くて美味しい」ので、とても人気がありました。

スイスは物価が高く、賃金も高いです。

当ブログ2014年6月9日付で記しましたが。2014年にスイスで、時給22スイスフラン(当時、約2,500円)、週42時間のフルタイム労働で月給4,000スイスフラン(当時、約453,000円)の定最低賃金導入の是非を問う国民投票が実施されました。結果は、反対76%で否決されましたが、既にその際、スイスでは、給料が法定最低賃金を下回る労働者は、約33万人であり、労働者の10人に1人に過ぎなかったのです(Swissinfo.ch、 2014年4月10日)。

なぜ、スイスではこれ程、賃金が高いのか。基本的にスイスは、単純労働目的の労働者を受け入れてはいません(それでも入ってきているので、今回の事件になるのですが)。

こんなスイスで、安く外食をしようとすると苦労します。

数少ない安くておいしいお店が、不法労働者を雇っていたとなるとそれはそれで問題です。ランチでも2000円以下で外食することが難しいという現状を受け入れなくてはいけないことになります。

単純労働を目的とした多数の移民労働者を受け入れれば、物価は下がりますが、当然それに伴い、平均賃金も下がります。

平均的に賃金が高く、同時に平均的に物価が安い国はないのです(個人としてのお金持ちは物価を問わず、世界中にいますが)。

残念ながら選択はどちらかでしかないことを、改めてMike Wongのニュースは教えてくれました。

2016年5月18日 02:36

スイスでUberに乗ってみました

ゴールデンウィーク、スイス・ジュネーブ滞在中に、米国から始まり何かと話題のUber「タクシー」に初めて乗りました。

昨年の12月31日の1日だけで世界で約200万人が利用したというUberですが、そのシステムとしては、スマートフォンの専用アプリを活用し、「車」を呼ぶだけです(東洋経済online「配車サービスUberにタクシー業界が「待った」」、2016年1月16日)。

私もスマホを通じて「車」を呼びますと、「タクシー・ドライバー」の男性の顔名前と写真が出てきます。そして、5分ほどで普通の自家用車が現れました。

ジュネーブ市内の中心地からジュネーブ空港までの15分ほどの距離でしたが、「タクシー・ドライバー」の男性と話をすることができました。

スイス人の20代の彼は、Uberと7ヶ月前から契約しているそうです。

前職はパートタイムのジュネーブ空港職員で、パートタイムで別の会社のタクシー・ドライバーをしていたそうです。Uberのほうが、効率が良く、収入が良いと言っていました。

「お客さんも安くタクシーが乗れて、ドライバーも儲かるんだから、いいシステムだよ」
「おそらく、数年以内に世界中の先進国では、Uberの一人勝ちになってしまうと思うよ」

と「タクシー・ドライバー」の彼は、御自分の見通しを教えてくれました。実際料金に関しましては、30%ぐらい安くなっていました。

良いことばかりのようなUberですが、問題もあります。

各国の既存のタクシー業界から猛烈な反発があるのです。

自家用車を用いるUberは正式には「配車サービス」という業態で事業を行い、タクシー業者に課される規制や要件を満たしていないため、「脱法行為」であると批判されています。

それ故にUberの拡大はタクシー業界の弱体化を意味します(東洋経済online、2016年1月16日)。各国にとってもタクシー業界への規制自体が意味が無くなってしまい、裁判に持ち込まれるケースが後を絶ちません(同上)。

かつて、米国デューク大学キャシー・デビッドソン教授は、ニューヨークタイムズ紙のインタビューで「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」と述べました(2011年8月)。

約15年後に無くなってしまう現在の仕事の多くは、その業界のIT化によって変容するとされています。現段階ではまだUberが、世界のタクシー業界にどのようなインパクトを与えるか予断を許しませんが、業界を大きく変えてしまう可能性があるのかもしれません。

ちなみに、このUber、日本では提携したハイヤー・タクシーの配車サービスに留まっており、本格的に事業展開していません(日経ビジネスonline、2015年11月10日)。

様々な障壁があるのですが、仮に許可されたとしても、高齢化社会の日本では、プロのタクシードライバーの方々も高齢化しており、IT化できるでしょうか。アマチュアドライバーを探すにも、若者の自動車離れも指摘されています。IT化が前提のUberに日本のプロ・アマ「ドライバー」が、どれほど「乗れる」のかが問われるような気もします。

2016年5月11日 02:22

空港におけるコントラスト:搭乗手続きの完全機械化とセキュリティチェックの人手増

ゴールデンウィークを利用して、スイスのジュネーブに行きました。

帰国便はスイス・インターナショナル・エアラインズ(Swiss)を利用しました。すると、ジュネーブ空港から機内に乗り込むまで(荷物検査の空港職員以外は別として)誰とも話をしませんでした。

まず、パソコンで「オンライン・チェックイン」を済ませていました。それ故に、ジュネーブ空港では荷物を預けるだけです。

過去においてジュネーブ空港では荷物を預けるカウンターには人がいましたが、今回は無人の「セルフバッグドロップ」になっていました。スーツケースを「セルフバッグドロップ」の測りに置いて、搭乗券をスキャンして、バッグタグを取り付けて終わりです。

しかしながら、空港を利用する場合、皆、多かれ少なかれどこの空港でも経験されていると思われますが、ジュネーブ空港でも(長時間、列を作った後)手持ちの機内持ち込みの荷物は、空港側のセキュリティチェックで厳しく調べられます。時間がかかります。職員は精一杯頑張っているのでしょうが、どうも人手不足のように見えてしまいます。

セキュリティチェックが終わりますと、出発ボードに明示されている航空会社のゲートに向かい、そこで待ちます。

搭乗時間がきますと、航空会社の人からのアナウンスがあり、(最終的に彼女は距離を保って見守るのですが)自分でチケットのバーコードをゲートのカウンターで読み込ませ、ボーディング・ブリッジ(搭乗橋)入口の「バー」を開け、通過するのです。

S__8519683.jpg
ジュネーブ空港ゲートA9

こうして、航空会社の人とは誰とも接することなく飛行機に乗ることになりました。もちろん、機内にキャビンアテンダントはいますが、登場手続きがここまで自動化されていることに正直驚きました。

米国の経済学者タイラー・コーエンが、著書『大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるか』で語るように、コンピューターを軸とする機械化は、それに影響されない仕事を持つ者とそうではない(機械化で仕事を失う)者に二極化していくとされています。

その様な意味では、航空会社の地上勤職員は数を減らしていると考えるべきでしょう。

これに反比例するように、テロ問題を抱えるヨーロッパの各国の空港のセキュリティチェックは厳しくなっています(こちらは人手が更に必要な事態に陥っていると理解できるでしょう)。

単純には、機械化に伴う経済の二極化が格差の問題を生み出し、それがホームグローン・テロリストに繋がり、空港セキュリティを厳格化させているとは言えませんが、空港における搭乗手続きの機械化とセキュリティの強化のコントラストは、先進国の「今」を反映しているように思えてなりませんでした。

2016年3月 7日 07:37

メトロスイス計画:欧州大都市間の地下を走る高速リニア鉄道の夢

スイスで物流のシステムが大きく変わる可能性があります。

先月、スイスのCargo Sous Terrain (CST)が地下物流網を建設することを発表しました。

まず、スイス国内の大都市に物流拠点(ハブ)を作ります。そして、ハブとハブを地下鉄道で結ぶのというのです("Connecting cities - Underground transport tube in Switzerland planned", ECOURBANLAB, 31 January 2016)。

具体的には、地下50mに直径6mのトンネルを掘り、小型貨物鉄道を走らせます(日経ビジネスonline「スイス発!地下を利用する自動物流網構想の衝撃」2016年2月24日;Yahoo ニュース「衝撃!スイスは地下版ドローンで物流を激変させようとしている」2月25日;財経新聞「スイスにCargo Sous Terrainなる地下物流システムを張り巡らす構想」3月1日)。

地下に貨物が下がりますと、自動的に貨物機がスイス中に巡らされたハブからハブまでモノを鉄道が運んでいきます。

まずは、2030年までにハーキンゲンからチューリヒまでを結ぶ70キロメートルの建設を目標とするようです。総工費は約4000億円と報じられています("CST wants to transport parcels underground" Ecommerce News, February 16, 2016)。

これはこれで壮大な計画のように感じられますが、かつてスイスにはもっと大きな旅客目的の地下開発構想がありました。将来は、スイス各都市からローマ、フランクフルト、マドリッド等、欧州の主要都市の地下を「浮上しながら走る」高速リニアモーター鉄道で結ぶという案まで計画されていたのです(「環境に優しい欧州地下鉄計画」Swissinfo.ch、2000年10月18日;Pro Swiss Metro http://www.proswissmetro.ch/start.php)。

それは、「メトロスイス」計画と呼ばれるもので、まずはスイスの南北・東西の主要都市間を完全真空の地下トンネルで結び、最高時速500キロ(ちなみに東海道新幹線の最高速度は時速285キロ)に到達する鉄道を走らせるというプロジェクトです(Swissinfo.ch、2000年10月18日)。これによって、ベルン-チューリッヒ間は60分から12分へ短縮されるはずでした。

スピードのみならず、航空機より少なくとも5倍環境保護に役立つとされ、従来のドイツのICEやフランスのTGV等の高速鉄道の半分の燃料を使うだけで済み、地下を走るため騒音公害もない、開発のために景観を損ねることもないと言われていましたが(同上)、現在、財政上の問題で頓挫しています。

もし、この地下を走るリニアモーターカー「スイスメトロ」計画が実行されていましたら、CST地下物流網よりも遥かに衝撃的であったでしょう。

そう考えますと、もしかしましたら、CST地下物流網の構築は、「スイスメトロ」計画復活の第一歩かもしれないと思えてきました。

2016年2月28日 23:24

イタリア系スイス人インファンティーノ氏、FIFA会長に選出される

2月26日、国際サッカー連盟(FIFA)の次期会長(第9代会長)に、欧州サッカー連盟(UEFA)事務局長で、1970年生まれの若手、ジャンニ・インファンティーノ氏が選出されました。

周知の通り、FIFAは汚職事件に揺れています。国際大会でのスポンサー権や2010年ワールドカップの開催国選定に関連する収賄罪で起訴されたFIFA関係者は9人、このうち現職FIFA副会長2人を含む7人が、逮捕されています(共同通信47 News、2015年5月28日)。

トップの2人、ゼップ・ブラッター会長とミシェル・プラティニ副会長まで不透明な金銭授受によって8年間の資格停止処分となっています。

このような中、時期会長に選ばれたインファンティーノ氏はブラッター前会長と同じスイス生まれのスイス人なのですが、ドイツ語、フランス語をバックグラウンドとしたプラッター氏に対してインファンティーノ氏はイタリア系スイス人です。

スイスは、ドイツ語(全体の人口の64%)、フランス語(23%)、イタリア語(8%)、ロマンシュ語(1%未満)の4言語を話す人々によって構成されています(2013年、スイス連邦統計庁)。

イタリア系スイス人は10%を切りますが、3番目に多く、イタリア語のみならず、ドイツ語、フランス語を流暢に話す人も少なくありません。

インファンティーノ氏は、スイスのフランス語とドイツ語のボーダー都市のフリブール(フランス語名)/フライブルク(ドイツ語名)の大学で法律を学び、後に弁護士になります(The Guardian, "Everything you need to know about Gianni Infantino, the new Fifa president", 26 February 2016)。

ちなみに、2012年においてフリブール/フライブルク州(Canton de Fribourg/Kanton Freiburg)はフランス語話者は68.5%、ドイツ語が28.8%、イタリア語話者が2.5%となっています(Confédération Suisse, www.bfs.admin.ch/)。

インファンティーノ氏は、弁護士としてタリア、スペイン、スイスでサッカー組織のアドバイザーを経た後、2000年にUEFAに入り、2009年から事務局長を務めています(NHK News Web, 2月28日)。

不正に対しては厳しい姿勢で臨んでいた氏ですが、長年、同氏がプラティニ氏の部下であったことを不安視する声も上がっています(同上)。

FIFAは第8代のブラッター氏に続き、第9代もインファンティーノ氏となり、2代続けてのスイス出身の会長となります。

FIFAの本部はスイスのチューリッヒにあり、永世中立国であるスイスであることは他の国際機関同様、マイナスではなかったでしょう。しかし、今回は良くも悪くもサッカー界における「スイス性」も問われているように思えてなりません。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All 次へ >>

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (26)
スポーツと社会 (116)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (228)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (13)
日本政治 (124)
日本社会 (268)
映画で観る世界と社会 (294)
欧州事情 (94)
留学生日記 (70)
英国 (96)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
ドラマ『カルテット』に思う(2): 白黒付けない「疑似家族」の一員として精一杯、今を生きること
ドラマ『カルテット』に思う(1):「こぼれる」瞬間を掴むこと
日本人のサービスとは?:「神様」に仕え、「神様」になること
なぜ、つくばエクスプレスの「20秒早発」の謝罪が、国際ニュースになるのか?
天使が永遠の命を捨てる時: 映画『ベルリン・天使の詩』における「中年天使」の決断
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草