QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

スポーツと社会

2018年5月18日 23:59

「終らない終わり」を求めて: イチロー選手の「引退」から学ぶ

周知の通り、米国大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー選手が2017年5月4日の試合後、同球団の会長付特別補佐に就任しました。

今シーズンの残りの試合には出場しないとしながら、引退ではなく、練習も続けるし、来シーズン以降の「現役復帰」の可能性もあるそうです(日刊スポーツ, 5月5日)。

イチロー選手も記者会見で「引退ではないのか」と問われ

 「えっ、今、言いませんでした? あらためて決意表明するのもねぇ、おかしな感じだけど。ゲームに出られないので、これが来年の春に僕が240ポンド(体重=約108キロ)になってたら、もう終わりですよ、それは。ただ、その可能性は低いと思うので。そうでなければ、終わりでないと思います」

と明言し、今後も「野球の研究者でいたい」と語っています(同上)。

会長付特別補佐としてイチロー選手は、今回、生涯契約を交わしており、今後も半永久的にマリナーズの一員として過ごすことになるようです。

日米の垣根を越えて誰もが認めるスーパースターであるイチロー選手ですが、「終わり方」も規格外の未来志向でした(山口博「イチローの幕引きに学ぶ、マリナーズの見事な人事手腕」Diamond online, 5月15日)。

ならば、サッカー選手のように、ちょっと日本のプロ野球球団(特に阪神タイガース)にレンタルさせて欲しいと思わずにはいられません。今シーズンだけでもいいのです。イチロー選手にとっても打席に立てないメジャーのベンチよりも、生きた球に接することができる日本球界のほうが、来シーズン以降の「現役復帰」のためにもプラスになるのではないでしょうか。

夢物語はさておき、イチロー選手の「引退」は素晴らしい形です。「終わらない終わり」というのは本当に理想です。実質上の引退なのに未来があるのです。

これは、果たしてイチロー選手だけしかできないことでしょうか。

もちろん、誰もが大リーグのチームと生涯契約を結べる訳ではないでしょう。しかしながら、私たちは皆いつか仕事を辞めます。引退するのです。その時、長年続けてきた何かを自分の道として続け、自らの「研究者」でいることはできないでしょうか。

仕事での経験を未来に活かせることができれば、「終わりなき終わり」に繋がるように思えます。

具体的には、リアルに仕事上の経験を学問の対象にしたり、ボランティアとして活用したり、個人事業主になったり、それは個々の経験次第です。大リーグの会長付特別補佐ではなくても、それぞれが何らかの形で「現役」を継続する道を模索することは不可能ではないように感じます。

リトル・イチロー(選手)を目指したいものです。

2018年4月30日 23:37

なぜ、私たちは松坂投手を応援してしまうのか?

今シーズン、中日ドラゴンズに移籍した松坂大輔投手が、30日のDeNA戦で6回までを3打点1失点に抑えて、勝利投手となりました。大リーグ・メッツ時代の2014年6月10日のブルワーズ戦以来、4年ぶりの勝利であり、2015年に日本球界に復帰してからの初勝利です。

この勝利に中日ファンは当然喜んでいます。しかし、中日ファンばかりではなく、他球団のファンも喜んでいるのです。

私自身は、阪神タイガースファンなのですが、正直、松坂投手に頑張って欲しいという気持ちがあります。

そして、どうやらそれは、私だけではないようです。

4月19日、「中日VS阪神」の5回戦では、松坂投手が先発して7回を投げ切りました。7回の表の阪神の攻撃中、2アウト1,2塁で松坂投手は足がつったような仕草を見せると、中日の朝倉投手コーチが駆けようとしますが、松坂投手はそれを制止し、続投を主張します。

その瞬間、中日ファンのみならず、阪神ファンからも、自然発生の拍手と歓声が沸き起こり、球場全体から「がんばれ」「負けるな」という声援が松坂投手に投げかけられたのです(小西斗真「その瞬間、竜も虎も1つになった。「松坂の22球」が起こした奇跡とは。」Number Web, 4月26日)。

その段階で、阪神が2-1でリードしており、阪神ファンにも余裕があったことは確かですが、それでも、普通はあり得ないことです。

それでは、なぜ、皆、松坂投手が投げるのを見たいのでしょうか。なぜ、他球団のファンでさえ(限定性の中で)松坂投手を応援するのでしょうか。

その理由を、小西斗真氏は平成の怪物・松坂投手が実は無理をして勝ってきた事実があり、そして松坂世代の人々がサラリーマンとして靴底を擦り減らし、手当ももらえぬ残業で「無理をする」自分に重ねているのではないかと指摘しています(「なぜ人々は松坂大輔を見に行くのか。別格の"引力"には理由がある。」Number Web, 2月16日)。

私は、もちろん、そのような世代の支持はあると思います。しかしながら、松坂投手は、世代を越えて支持されているのです。それはどのように考えるべきでしょうか。

私は、まず、松坂投手は「松坂世代」の本家として、世代を超越し、プロ野球を代表する存在になっているからであると思います。

2018年に入ってから1月に中日、阪神、楽天で監督を務めた星野仙一氏が亡くなり、また最近、連続試合出場において日本記録保持者であった衣笠祥雄氏が亡くなりました。

どんなに活躍したプロ野球選手も、いつかは引退し、この世を去っていきます。

それは当たり前ですが、野球を観ている時、特に球場では、野球が一つのボールを巡る激しい闘いであるにもかかわらず、なぜか日常の中で時間を止めたいと思うような感覚があるのです。

言い方を変えれば、ずっと野球が続いて欲しいような気持ちです(もちろん、阪神が勝ちながらが、ベストですが)。

しかし、星野監督や衣笠氏の死去は、球界を代表するような選手や監督も、「非日常」の存在ではないことを突き付けてきます。

時間は容赦なく過ぎ去ります。野球界も例外ではないのです。それでも、やっぱり抵抗したい。

平成の怪物・松坂投手は、野球そのものを体現する存在であり、だから皆、彼に投げ続けて欲しいのではないでしょうか。剛速球が投げられるかどうか、コントロールが良いか悪いかとかそんなことはどうでもいいのでしょう。

松坂投手がKOされず、投げ続けているだけで「永遠性」を味わえるのです。しかし、それもいつか終わることを余儀なくされるのですが、それでも、野球ファンは今の「瞬間」が幸せなのです。

2018年4月13日 02:01

プロ野球とストレス

プロ野球シーズンとなりました。

阪神タイガースファンの私としては、「今年こそ」と力が入ります。

3月、4月は教育関係者にとっては年度末と新年度となり、ストレスの多い時期です。やはり、スポーツ(私の場合は野球)は、ストレス解消になります。阪神の試合は、正直申しまして、残念ながらストレスが溜まることも少なくないのですが。

それでも、やはり、「選ばれた」プロ野球選手は、私たちができない夢を叶えてくれる素晴らしい存在だと思います。

昨年、上西小百合衆議院議員が埼玉スタジアムで行われたサッカー国際親善試合でドルトムントに逆転負けした浦和レッズに対して「他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」とツイッターで批判したことがバッシングを受けました(当ブログでも、2017年7月19日付で言及しています)。

やっぱり、4月になるとプロスポーツは「ファンの夢(人生)」を乗っけて成立していることを改めて実感します。

しかしながら、そんなプロスポーツ選手も(プロスポーツ選手だからこそ)過度なストレスを受けているのでしょう。

先日、ソフトバンクの川崎宗則選手が同球団から自由契約されたというニュースが入ってきました。

川崎選手はソフトバンク球団を通じ「昨年の夏場以降からリハビリを続けてきましたが、同時に自律神経の病気にもなり体を動かすのを拒絶するようになってしまいました。このような状態で野球を続けるのは、今の自分には考えられません。ホークス球団と協議して自由契約という形で、野球から距離をおいてみようと決断しました」とコメントしています(スポーツ報知, 2018年3月27日)。

なぜ、川崎選手が自律神経の病気にかかってしまったのかは分かりませんが、人一倍明るいキャラクターで日米のファンの心を鷲掴みにしてきた川崎選手が、過度なストレスを感じていたとすれば考えるところが少なくありません。

一方で、川崎選手が自由契約を選んだのは、「引退」ではなく「復帰」するためだという見解もあります。

スポーツジャーナリストの生島淳氏は、川崎選手は「球界への復帰を諦めていない」のではないかと語っています(福井新聞online, 3月27日)。また、スポーツライターの田尻耕太郎氏も「彼は復帰を目指し、ランニングなどのトレーニングをすでに再開している」と報じています(Yahooニュース, 3月26日)、

そして、ソフトバンクの三笠杉彦取締役球団統括本部長も「自由契約は本人からの希望で、その意向を尊重した。あれくらいの選手だから、今後に向けての話し合いは続けていきたいし、サポートできることがあればサポートしていきたい」と話しています(Full-Count, 3月26日)。

川崎選手だからこそ、是非、「復帰」して欲しいものです。ストレスを解消して、元気を頂いた野球ファンは、きっと応援すると思います。

2018年4月11日 11:23

レスリング女子におけるパワハラ問題を考える

連日、報道されていますレスリング女子でオリンピック4連覇をした伊調馨選手への栄和人・日本レスリング協会選手強化本部長のパワハラ問題が一応の決着をみせました。

4月6日、同協会は三者委員会に調査を依頼し、伊調本人、栄氏らを含む19人からヒアリングを実施した結果、パワハラがあったことを認めました(日刊スポーツ,4月7日)。

パワハラに認定されたのは以下、4項目。
<1>平成22年2月にNTCで、伊調に対し「よく俺の前でレスリングができるな」、などと言ったこと。
<2>平成22年9月の世界選手権で、田南部力コーチに「伊調の指導をするな」と言ったこと。
<3>平成22年、9月の世界選手権および11月のアジア大会の選手選考について、露骨な伊調外しを行ったこと。
<4>平成27年2月、NTCで田南部コーチに「目障りだ。出て行け」などと罵倒したことです(同上)。

これに対し、ネットを中心に「やっぱりパワハラはあったのか」という声がある一方、同情論もあります。

拓殖大学レスリング部監督の須藤元気氏は、4月9日放送のテレビ番組『羽鳥慎一モーニングショー』に出演し、以下のようにように主張されています。

「パワハラの定義が、一般社会と格闘技・レスリングとを同じにしてしまうと、温度差が必ず出ますね。どうしても(厳しさが)必ず出ます。『バカヤロー』と言ったら一般社会ではパワハラになるけど、『バカヤロー』とか『よく俺の前で練習できるな』とかはあるわけです。叱咤激励みたいな」

須藤氏は認定されたパワハラ4つのうち上記<3>を除いた3つは栄監督がかわいそうだと語っています(J-Cast, 4月9日)。

最初に申し上げますと、アウトはアウトということです。その上で、言葉のパワハラは受け手側次第であるのも事実で、須藤氏の御主張も一理あるように感じます。

関西の先生は、自分の学生が失敗した時に、「アホやな」などと普通に言います。それは、全てではないとしても、多くの場合、学生を馬鹿にしているのではなく、愛すべき存在として捉え、「今度は頑張れよ」というようなニュアンスも含んだ表現でもあります。

ただ、同じ「アホ」でも、受け手が侮辱されたと感じれば、パワハラになってしまうでしょう。

パワーとは「権力」であり、パワハラにおいても、まず、「権力とは何か」を定義する必要があります。

権力の定義は論者によって様々ですが、主要なところを繋ぎ合わせれば、権力とは「自己の意思を他人の行動に対して押し付ける可能性」(マックス・ウェーバー『支配の社会学』)であり、権力者になり得る者が、権力資源を投入する意志があり、権力を受け入れる者によってそれが認識されて初めて「権力化」されると言われます(ハロルド・ラスウェル『権力と人間』)。更に、重要なことは、権力による「支配」の構造は、「支配者」と「被支配者」の相互作用(ゲオルク・ジンメル『社会分化論社会学』)であるということです。

つまり、権力のハラスメント(パワハラ)とは、相互作用のバランスが崩れている状態を指すことになります。

結局、(明らかに法に触れるようなケースが無いならば)栄氏にパワハラがあったかどうかは、伊調選手がどう感じたかになってしまうのではないでしょうか。

2018年3月 6日 03:11

スポーツ特番がなければ、国民が共有する五輪にならないのでは?

3月5日(月)、19:00~21:48、テレビ朝日系列で放送された「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!」を見ました。

サブタイトルとして「平昌冬季オリンピックの日本代表選手24人が緊急参戦!」と謳われており、2月25日に閉幕した平昌五輪のスポーツ特番でした。

同番組では、カーリング女子の吉田知那美選手が、前回のソチ五輪に北海道銀行の選手として出場しながら、五輪後、戦力外通告を受けてしまい、1人旅に出たことや、日本のメダル第一号となったモーグル競技の原大智選手にとって平昌のモーグル会場の斜面のコブ(土手)が偶然、得意な形だったこと、そして、金メダルに輝いたスピードスケート女子チーム「パシュート」メンバーの好きな食べ物まで紹介していました。

今回の五輪で日本は金メダル4個、銀メダル5個、銅メダル4の合計13個を獲得し、日本としては冬季五輪において歴代最高の成績となり、このような番組も盛り上がります。

各選手の「秘蔵映像」を紹介しながら、プライベートを紹介するような特番は、上記のプログラムだけではなく、各放送局がそれぞれ何等かの形で行っていることでしょう。

このような五輪選手の「五輪特需」に対して批判の声もあります。

選手は、過去に、マスコミにおいて必要以上の盛り上がりによって、競技生活に支障をきたし、更に「調子に乗っている」、「練習しろ」などのバッシング対象に「反転」しまうケースもあるというのです(「"五輪特需"によるメディア出演の是非 "消費"されてしまう選手たち」Oricon News, 3月7日)。

なぜそうなってしまうのかについては、「使えるときに使う」メディアが「視聴者にどう見られるか」まで考えておらず、結果として選手が「消費」されてしまう結果に至っているとされます(同上)。

確かに、本業に差し障りがある程、「消費」されてしまったら、元も子もありません。ですから、行き過ぎた取材や報道は差し控えるべきでしょう。

しかしながら、その上で書かせて頂ければ、当ブログ2018年2月21日付で記しました通り、五輪は、超一流アスリートの祭典です。世界中のオリンピアンの練習中心の日常生活は、本来、「普通の国民」とはかけ離れたものであるでしょう。

勝負も見えている以上に複雑でしょうし、テクニックも高度なものでしょう。また、冬季五輪の種目は馴染みがあるものばかりではなく、素人には伝わり難いのも確かです。

そこで、このような五輪の選手のマル秘エピソードやマル秘映像を用いて、日常の物語に焦点を当て、選手と一般視聴者(国民)の距離を縮めることが必要なのではないでしょうか。

世界レベルの五輪選手も実は、「普通」であるという(本当は全然「普通」じゃないけど)ストーリーを流さなければ、国民が親近感を覚えることができないと思うのです。

もう一度書きます。もちろん、必要以上に五輪選手の物語を「消費」してはいけません。しかし、この消費行動を「込み」で国民参加の五輪だと思えるのです。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  | All 次へ >>

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (10)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (127)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (232)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (14)
日本政治 (124)
日本社会 (290)
映画で観る世界と社会 (318)
欧州事情 (98)
留学生日記 (74)
英国 (98)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
「終らない終わり」を求めて: イチロー選手の「引退」から学ぶ
「異質な存在」を愛する理由: 映画『シェイプ・オブ・ウォーター』のリアリティ
なぜ、私たちは松坂投手を応援してしまうのか?
難民化したエイリアンとの友情: 映画『第9地区』が示す「人間-エイリアン」関係論
南北首脳会談の背景としてのグローバリゼーションと機械化
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草