QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

映画で観る世界と社会

2018年1月16日 23:24

「絶対悪」と闘うための「絶対善」: 映画『マイネーム・イズ・ハーン』が描く英雄像

観ている時はとても感動しながら、後で何か引っかかる作品があります。

映画『マイネーム・イズ・ハーン』
制作国 インド
制作年 2010年
監督 カラン・ジョーハル
出演 シャー・ルク・カーン, カージョル

あらすじ
【アスペルガー症候群を患うインド出身のイスラム教徒リズワン・ハーンは、ムンバイで生まれ育ったが、母親の死後、米国に移り住んだ弟を頼りにサンフランシスコに渡る。病気からなかなか米国に馴染めないが、何とか化粧品を売り生計を立てていた。そのような中、仕事先で出会ったインド人のヒンドゥー教徒の美容師でシングルマザーのマンディラに出会う。ハーンは、マンディアの一人息子サミールとも友達になり、ハーンとマンディアは結婚する。しかし、直後の2001年9月に米国同時多発テロ事件が発生し、米国中でイスラム教徒が迫害されるようになる。3人は差別の対象となるが、特にハーンという姓になったことで、サミールは学校でいじめに遭い、殺害されてしまう。マンディラは、イスラム教徒のハーンと結婚したことが間違いであったと考え、ハーンに家から出ていかせるために、米国大統領に会って「マイネーム イズ ハーン」,「アイム ノット ア テロリスト」と伝えるまでは帰って来るなと言い放す。】

障がい者のインド出身のイスラム教徒のリズワン・ハーンは、何も悪いことをしていないのに、イスラム教徒というだけで、米国同時多発テロ以降、差別され、悲劇に見舞われます。

それにもかかわらず、ハーンは純粋にストレートに生きていきます。そして、結果として多くの米国人を感動させ、(ネタバレですが)大統領にまで会えるのです。

感動物語なのですが、感動と共に何か引っかかるものがありました。

ハーンは、当然テロリストではありません。アスペルガー症候群を患っているインド系のイスラム教徒です。そして、映画のハーンは、完璧なまでに良き米国市民なのです。

しかしながら、それ程ハーンを良く描いた上で「テロリストではない!」と言わなくてはいけない社会とは、一体何なのでしょうか。

それは、一般の(米国における)イスラム教徒のイメージが悪すぎることの反動であり、そのイメージを覆すために(イメージと闘うために)、障がい者でインド系イスラム教徒のスーパー良い人「ハーン」が必要になってくるのです。

言い換えれば、絶対悪のイスラム教徒のイメージ(偏見)が、絶対善としての「ハーン」の存在を生み出しているのです。テロリストは言うまでもなく、普通のイスラム教徒ではなく、同時にそれに対抗するハーンも普通の人ではいられなく、スーパースターになる必要があるのです。

であるとすると、米国でイスラム教徒への偏見が無くなる時には、ハーンのような「ヒーロー」も消えてしまわなくてはいけないのかもしれません。

2018年1月 9日 04:43

窓からの「まなざし」から観客の「まなざし」へ: 映画『裏窓』における「日常」の観察

何度見ても、面白いと感じる映画があります。

『裏窓』(原題 Rear Window)
制作国 米国
制作年 1954年
監督 アルフレッド・ヒッチコック
出演 ジェームズ・ステュアート, グレース・ケリー

あらすじ
【ニューヨークのグリニッチ・ヴィレッジの集合アパートに住むカメラマンのジェフは、仕事の事故で片足を骨折してしまい、自分の部屋で療養している。何もすることがない彼は、暇つぶしに窓から向いのアパートの住人たちを眺めていると、ある日、反対側の部屋のセールスマンの夫と口論をしていた病床の妻の姿が消えてしまう。ジェフは、恋人のリザと看護人ステラの協力を得て、セールスマンが妻を殺した証拠を突き詰めようとするが、友人のドイル刑事に信じてもらえず、3人は自ら「捜査」を展開することになる。】

あまりにも多く語られてきた作品であり、何かを付け足すことが難しい程です。

主人公のカメラマンのジェフは、そのカメラでアパートの住民たちに、それぞれあだ名を付けながら「日常の物語」を覗きます。

いつも1人の寂しい「ミス・ロンリーハート」。男性に囲まれて過ごすモテモテの「女王蜂」。毎晩、ピアノを弾く作曲家志望の青年、人の目を気にせずに部屋でセクシーに踊るバレエダンサー志望の若い女性。窓を閉め続ける新婚夫婦。犬を愛でる老夫婦。そして、病気の妻を殺害したのではないかとジェフたちが考えるセールスマンが登場します。

ここで、ジェフのカメラは一方的です。ミシェル・フーコーが社会の統治の方法として全展望監視システム「パノプティコン」を用いたように、ジェフのカメラはアパートの住民たちを捉えていきます。ジェフがシステム的に統治している訳ではないのですが、観客にはジェフのカメラを通じて、全体を把握するのです。

しかし、ジェフはセールスマンの「事件」に巻き込まれることで、自らアクターと化します。彼の戦友のドイル刑事が信用してくれず、現実の「統治のシステム」が機能しないのです。

「まなざし」が変化し、アクターとなったジェフと恋人リザ、看護人ステラの3人は、アパートの「住民」と同様の存在になっていきます。そして、最大の危機が訪れた後、ネタバレですが、ジェフはもう1本の足を骨折し、「まなざし」はまた変化します。

そして、最後はジェフの「物語」に焦点が当てられます。殺人事件等なかったかのような空気の中で、ジェフとリザのおしゃれで美しく、なぜか滑稽な彼らの「日常」が映し出されていきます。

このラストシーンで、ジェームズ・ステュアート(ジェフ), グレース・ケリー(リザ)の「日常」を覗いているのは贅沢にも私たち観客だけになります。

2018年1月 6日 19:13

「家族までの距離」ではない続編: 映画『ビフォア・ミッドナイト』における循環

本作品は、『恋人までの距離』(1995年)、『ビフォア・サンセット』(2004年)に続いてジェシーとセリーヌの物語の3作目となります。2017年9月12日付、当ブログにて、1作目は単体で観るべきだと書きましたが、この第3作目は、過去の2作品を見ていないと成立しません。

『ビフォア・ミッドナイト』(原題 Before Midnight)
制作国 米国
制作年 2013年
監督 リチャード・リンクレイター
出演 イーサン・ホーク, ジュリー・デルピー

あらすじ
【ジェシーとセリーヌは、学生時代にウィーンで出会ってから9年後、作家になったジェシーは、セリーヌとパリで再会する。更に9年後の現在、2人は双子の親として、ジェシーは作家とセリーヌは環境運動家をしながらパリで暮らしている。家族4人とジェシーの前妻との間の(米国に住む)息子ハンクと共に休暇にギリシャ・ペロポネソス半島の海辺の街にやってきた。ギリシャからハンクを米国の前妻の元に送り返すと、ジェシーは親の責任を感じるようになる。そして、ジェシーは一家でセリーヌに米国に住むことを提案するが、仕事に不安のあるセリーヌは反対する。何を話しても喧嘩になってしまう2人は、友人のステファノスらが用意してくれたホテルの一室で2人だけの時間を持つが、余計に口論を続けてしまう。セリーヌは「もうあなたを愛していない」と部屋を出ていくが、ジェシーは追っていく。】

1作目が「恋人までの距離」であり、2作目が「夫婦(カップル)までの距離」だとすれば、この3作目は何なのでしょか。敢えて表現するならば、「家族までの距離」になるのでしょうか。

2人は、学生時代に「運命的」に出会い、別れ、「奇跡的」に再開した2人は、親になり口論ばかりをしています。3部作として考えれば、最後はこのような展開となったほうが、リアリティが出ます。しかし、それでも、カップルとなってお互いの全てを知り尽くした2人の口論は、(観ている側には)厳しいものがあります。

ネタバレですが、それでも、彼らは仲直りします。それは、「時間」が問題を解決してくれます。ちょっと、反則的な感じもしますが、ジェシーは「未来の時間」を用いて、直面する2人の危機に対応するのです。「未来の時間」は、彼らに過去の「運命」や「奇跡」を思い出させてくれるのです。

実のところ、2人は家族(子供)のために関係を修復するのではありません。また、「恋人までの距離」へ(原題 Before Sunrise)戻っていくのです。そして、それ故にタイトルは『ビフォア・ミッドナイト』(原題 Before Midnight)になるのです。

それが、欧米的な恋愛関係と言ってしまうとステレオタイプになってしまいますが、米国と欧州に渡るこの大恋愛物語が、「一つの形式」であることを知ることになります。

2017年12月18日 00:52

名曲「キセキ」の心地よさ: 映画『キセキ あの日のソビト』の挑戦と安定

映画のタイトルにある「ソビト」とは、GReeeeNによる造語であり、自由に新しいことに挑戦していく人のことを意味するそうです(GReeeeN Official Website, 2016年6月3日)。

『キセキ あの日のソビト』
制作国 日本
制作年 2017年
監督 兼重淳
出演 松阪桃季, 菅田将暉

あらすじ
【厳格や医師の父親に育てられながら、兄・ジンは音楽好きであり、仲間と共にバンドを組み、プロデビューする。弟・ヒデも兄同様に音楽の世界に憧れながら、両親の期待に応えるべく、1浪の後、歯科大学を受験し、合格する。プロデビューした兄はヒットに恵まれず、父親との関係は悪化。そんな中、弟は歯科大学でバンドを組み、ライブを行うと大成功となり、兄がプロデュースする形で弟のバンドもプロデビューすることになる。ヒデは父親との対立を抱えたまま、曲を書き続け、7枚目のシングル「キセキ」が大ヒットすることになる。やがで、父も、自分の患者が「キセキ」を聞いて励まされていることを目撃し、音楽に理解を示すようになっていく。】

人気バンド「GreeeeN」の自伝的映画です。

物語は、シンプルです。父親は、エリート医者であり、医者のような人のためになる職業の道を2人の子供たちにも進んで欲しいと考えています。一方で、子供たちは、音楽が好きで、音楽活動を通じて人を癒すこともできると思っています。しかし、父親にとって、音楽は、遊んでいるようにしか映らないのです。

「医者=エリート」観は、ステレオタイプであり、「音楽=遊び」観も、同様に違いありません。

結局、「キセキ」の大ヒットが全てを解決してくれます。人々は、曲を口ずさみ、病人は勇気を貰い、バンドは、経済的成功と満足度を得ます。

成功しなかったら、ヒット曲に恵まれなかったら、彼らの選択は間違っていたのかと考えてしまいますが、とにかく、ハッピーエンドで終わります。

非常に単純なのですが、それでも、名曲「キセキ」が流れるシーンは嵌ります。

予定調和であり、先が見えているにもかかわらず、「キセキ」は心地よいのです。それが名曲の力だと言ってしまえば、それまでですが、本作品が、この曲を流すために作られた映画であることが分かります。

そう考えますと、ステレオタイプの設定も、「キセキ」を強調するための演出であるとさえ思えてきます。

ただ、「キセキ」が野球ドラマ『ROOKIES』の主題歌であり、トヨタのCMに使われたりしたことは、ステレオタイプの向こう側にあるイメージで、この曲が、社会的に消費された訳ではないようです。

主人公も医者の父親を尊敬し続けており、ステレオタイプの否定ではなく、(音楽で人々の心を癒すという表現にもみられるように)部分的に継承する形で「新たな挑戦」が描かれています。とすれば、ある種の安定性(保守性)の中の「革新性」こそが、この曲(この映画)の心地良さなのかもしれません。

2017年12月13日 00:59

日本化した「ハイジ」に出会う: 映画『ハイジ』の類似性

異なる国で作られたにもかかわらず(オマージュと謳われていないにもかかわらず)、時に、そっくりな作品があります。

『ハイジ』
制作国 英国
制作年 2005年
監督 ポール・マーカス
出演 エマ・ボルジャー, マックス・フォン・シドー

あらすじ
【アルプスの麓にあるスイスの小さな村デリフリ。両親を亡くした少女ハイジは叔母デーテに育てられてきた。しかし、デーテがフランクフルトに働きに出ることになり、ハイジは、生まれてから一度も会ったことがない父方のおじいさんに預けられる。頑固者のおじいさんは、1人で山小舎に引きこもり暮らしていたが、ハイジの天真爛漫さによっておじいさんは、次第に心を和げていく。しかし、ある日、再びデーテ叔母さんがやってきて、ハイジをドイツのフランクフルト市の富豪ゼーゼマン家へ連れてしまう。同家には歩けない娘クララがおり、ハイジはその遊び相手となった。クララやクララのおばあさん、召使のセバスチャンたちと仲良く暮らしていたが、やがてハイジはホームシックにかかり、どうしてもおじいさんがいるアルプスの村に帰りたくなってしまう。】

2005年の英国版映画『ハイジ』です。当ブログでは、かつて、シャーリー・テンプル主演の1937年米国版『ハイディ』を紹介したことがあります(「ハイジの普遍化:映画『ハイディ』でハイジを演じたシャーリー・テンプル」2014年2月15日付)。

両方の作品を見比べますと、明らかに2005年英国版は、宗教色がなくなっており、善悪二元説ではなく、基本的に性善説となっています(ゼーゼマン家の執事であるロッテンマイヤーさんはよく描かれていませんが)。

本作、2005年の英国版は、私たちが知っている高畑勲氏が演出し、宮崎駿氏が場面設定・画面構成をされた日本版のアニメ『アルプスの少女ハイジ』(1974年, ズイヨー映像)の影響を大きく受けています。

より正確に言えば、影響というか、英語と日本語の違いはあるとはいえ、各シーンとか台詞が殆ど同じように見えて、聞こえてくる程なのです。

私は、1974年の日本版『ハイジ』が、世界のハイジ像を大きく変えたと認識しています。Before and Afterのように、「ハイジ」の描かれ方が、「日本版風」に変わっていくのです。

ということで、この2005年の英国版のオリジナリティは殆どありません。

むしろ、だからこそ、日本版のアニメ『アルプスの少女ハイジ』が、いかに世界に影響を及ぼしたかを確認できる作品として、本作は、(もし「ハイジ学」があるならば)位置付けられると考えます。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  | All 次へ >>

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (3)
カンボジア (27)
スイス (26)
スポーツと社会 (117)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (230)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (14)
日本政治 (124)
日本社会 (279)
映画で観る世界と社会 (299)
欧州事情 (96)
留学生日記 (71)
英国 (98)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
「絶対悪」と闘うための「絶対善」: 映画『マイネーム・イズ・ハーン』が描く英雄像
NHK紅白歌合戦は、そのマンネリ性を維持するためにプチ変化している
スコットランドとバルセロナと「アヴェ・マリア」
窓からの「まなざし」から観客の「まなざし」へ: 映画『裏窓』における「日常」の観察
学会は、研究者が自由意思で発表するもの
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草