QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

映画で観る世界と社会

2017年5月27日 01:34

「若さ」を求め「老い」を狼狽える: 映画『サンセット大通り』に描かれる単線的な悲劇

ハリウッドは、以前から同じようなテーマで各社が競って映画を作ることがあります。

『サンセット大通り』(原題 Sunset Boulevard)
制作国  米国
制作年 1950年
監督  ビリー・ワイルダー
出演  グロリア・スワンソン、ウィリアム・ホールデン

あらすじ
【ハリウッドの若手の脚本家のジョー・ギリスは、最近は仕事に恵まれず、借金を重ねていた。ある日、取り立て屋に追われて車で逃走する途中、大きな邸宅に隠れるように迷い込む。そこでは、サイレント映画時代の大スター女優であったノーマ・デズモンドが、従者のマックスと共に贅沢な暮らしを送っていた。ノーマは、今でも自分が大スターであると思い込み、『サロメ』の脚本を自ら書き、復帰を目指していた。ジョーは、ノーマからこの脚本の手直しを依頼され、住み込みでこの仕事を受けることになる。ノーマは、次第に彼への愛情を露骨に見せるようになり、ジョーはノーマから逃げようとするが、結果としてより深みに嵌っていく。やがて、ジョーは、夜に邸宅を抜け出し、ハリウッドのオフィスで親友の婚約者で、脚本家になることを夢見る女性ベティ・シェーファーと2人で脚本を書くようになる。】

本作品は、前回言及しました『イヴの総て』と同年に制作され、アカデミー賞を争いました(作品賞は『イヴの総て』が受賞)。

『イヴの総て』では、40歳のブロードウェイの大女優のマーゴが付き人となったイヴの若さに嫉妬し、それが逆にイヴにとってはプラスに働いていきます。

8歳年下の恋人で演出家のビルが、慰めてもマーゴは聞く耳を持ちません。ネタバレですが、マーゴは、イヴに「踏み台」にされたことで、結果としてハッピーエンドになります。

『サンセット大通り』では、サイレント映画時代のかつての銀幕スター女優のノーマは50歳であり、若い脚本家であるジョーをお金で自分の邸宅に留めようとします。

こちらでは、ジョーは、脚本家の卵である若い女性に気持ちが傾き、悲劇を導きます。

テーマとしては『イヴの総て』が女優誕生のパターン(サイクル)を描くことに主眼が置かれているのに対し、『サンセット大通り』は単線的に女優の終わりを描いています。

両作品の共通点は、名声を獲得した40歳、50歳の主人公の大女優が若い男性との関係に悩み、「老い」に狼狽え、身を滅ぼしていきます。

当然、ストーリー上の違いはあるにせよ、1950年に若い男性をパートナーとし、「老い」と戦う女優の姿が大作品になっていたことは、1960年代におけるウーマン・リブ時代の到来を暗示しているかのようです。

2017年5月17日 03:18

女優誕生の形式(パターン)と芸能界: 映画『イヴの総て』における重層の「踏み台」

ショービジネスだけではなく、人を「踏み台」にして出世していく人はどこの世界にもいます。

『イヴの総て』(原題 All About Eve)
制作国  米国
制作年  1950年
監督  ジョセフ・L・マンキーウィッツ
出演  ベティ・デイヴィス、アン・バクスター

あらすじ
【新人女優イヴ・ハリントンに米国演劇界の最高賞であるセイラ・シドンス賞が与えられる。拍手喝采の中、彼女が祝辞で名前を挙げた「恩人」たちは、複雑な表情を見せる。受賞式の8カ月前、女優志望のイヴは、ブロードウェイの大女優のマーゴが出演する舞台に毎日通い、夫を戦争で亡くしたと語り、マーゴの付き人となる。以後、イヴは、マーゴの食べ方、歩き方、話し方まで真似る。マーゴに、煙たがれると、プロデューサーや演出家、脚本家に近づき、舞台のマーゴの代役を獲得する。そして、マーゴを裏切って舞台に立ち、有名な批評家まで味方につけてデビューを成し遂げる。】

米国アカデミー賞を6部門(作品賞、助演男優賞、監督賞、脚本賞、衣裳デザイン賞、録音賞)を獲得した名作ですので、語りつくされた作品ではありますが、今観ても迫力があり、かつ色々と考えさせられる作品です。

何と言ってもイヴの上昇志向と目的のためには手段を選ばないやり方が、「怖い」のです。

イヴは気が利いて、何事にも有能な女性として登場しながら、出世のために恩人のマーゴを裏切り、野心をむき出しにします。実のところ、野心をむき出しにしてからは、それ程「怖く」ありません。第三者から見て、完璧な「善い人」が、結果として「悪人」になっている前半のほうがスリリングです。

それでも、スターへの道を上り詰め、セイラ・シドンス賞を獲得します。彼女が、本性をむき出しにしてからも、公に批判されないことは(彼女は、されないように策を巡らしてはいますが)、演技が優れていればこそであり、イヴは策略も実力があってこそなのでしょう。

受賞後、ネタバレですが、彼女と同じような女優志願の若い女の子がイヴに(以前のイヴと同じように)近付いてきます。イヴも近い将来、「踏み台」にされていくことを暗示されます。

つまり、本作では、女優の誕生の形式(パターン)が描かれており、イヴとはその一例でしかなかったことになります。イヴの存在を、一つの形式の中で捉えると、後半のイヴの「狡さ」の露呈が、「哀れ」となって映ります。

マーゴはどうかといえば「踏み台」にされながら、結婚して自分の道を歩むことになります。結婚によって、若さや名声を競うことから解放されるのです(結婚によって問題解決するというのは、制作時の1950年という時代かもしれませんが)。

上記のような芸能界の「構造」の中、イヴは、演劇界最高のセイラ・シドンス賞の授賞式でハリウッドに行くことを宣言します。演劇界も「踏み台」にして、映画の世界へ旅立つのです。

「踏み台」の重層性こそが、この作品を何十年も輝かせている理由なのではないでしょうか。

2017年5月10日 06:49

魔法界とスコットランド:映画 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のケルト性

たとえ、ファンタジー小説であっても、現存する特定の社会の歴史や文化から影響を受けている可能性があります。

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
(原題 Harry Potter And The Prisoner Of Azkaban)
制作国  米国
制作年  2004年
監督  アルフォンソ・キュアロン
出演  ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン

あらすじ
【夏休みも終わり、ホグワーツ魔法魔術学校の新学期を楽しみにしているハリーは、魔法界の刑務所アズカバンを脱獄したシリウス・ブラックという人物が、自分の命を狙っていることを知らされる。新学期が始まりホグワーツ魔法魔術学校に戻ると、ハリーはブラックと自分の父が親友であったこと、ブラックがハリーの名付け親であったことを知る。にもかかわらず、教師たちの話によれば、ブラックがハリーの両親を裏切って2人を死に追いやったとされ、ハリーはブラックに恨みを抱く。しかしながら、実際にブラックに会ってみるとハリーの味方であり、裏切ったのは別の男ピーター・ペティグリューであることが分かる。ブラックはハリーに将来、一緒に住もうと誘い、ハリーも喜ぶが、ブラックの無実の証明ができずにシリウスは再び監禁される。その後、ダンブルドア校長からその事実を聞かされたハリーとハーマイオニーは、逆転時計を使って時間を遡り、ブラックを救おうとする。】

映画化されたハリー・ポッター作品の第三弾です。

前回、ハリー・ポッターの作品の重要なテーマの一つが、ハリーの「マージナル性」(マージナル・マン)であると記しました。

本作品では、ハリーだけではなく、登場人物の多くが「二面性」や「マージナル性」を抱えています。

アズカバン刑務所を脱獄したシリウス・ブラックは、悪人とされながら、実は、ハリーの保護者的な存在であり、善い人でもあります。「闇の魔術に対する防衛術」教授のリーマス・ルーピンは、満月の夜は狼に変身してしまいます。ハリーの両親を裏切った本当の犯人であるピーター・ペティグリューは、(ネタバレですが)ハリーの親友ロン・ウィーズリーのペット「スキャバーズ」(ネズミ)として長年、身を隠していました。

まるで、『ジキル博士とハイド氏』の世界です。『ジキル博士とハイド氏』は19世紀後半にスコットランドのエジンバラでロバート・ルイス・スティーヴンソンによって書かれたものですが、『ハリー・ポッター』シリーズも約100年後のエジンバラで生み出されています。

それ故に、スコットランドの歴史・文化やケルト神話などの影響が大きいように見えます。

映画の俳優陣も1作目、2作目の校長:リチャード・ハリス(アイルランド人)、3作目の校長:マイケル・ガンボン(アイルランド人)、教授:アラン・リックマン(アイルランド系英国人)、教授:イアン・ハート(アイルランド系英国人)ハグリット:ロビー・コルトレーン(スコットランド人)など、ケルト系の大物が多くみられます。

もちろん、ケルトとスコットランドを単純に同一視はできませんが、原作者のJ・K・ローリングは、イングランド人であり、外から見たある種のステレオタイプ的な「ケルト性」なのかもしれません。

2017年5月 7日 06:21

自立させるコミュニティの場: 映画『続・深夜食堂』における「めしや」の社会性

時に人は、騙し、騙されるものなのかもしれませんが、そうしながらも、折り合いを付けなくてはいけないのでしょう。

『続・深夜食堂』
制作国  日本
制作年  2016年
監督  松岡錠司
主演  小林薫

あらすじ
【東京のある路地裏にある小さな食堂「めしや」は、謎めいたマスターが1人で店を営んでいる。店の営業時間は深夜0時から朝まで、常連客たちからは「深夜食堂」と呼ばれている。そのような中、範子という喪服の女性が店を訪れる。出版社の編集者をしている彼女は、喪服を着て街を歩くことでストレス発散をしているという。範子は、ある担当した作家の本当の葬式で、中年男性に出会い、恋に落ちる。しかし、数日後、範子は警察に呼ばれる。一方、「めしや」の近所の蕎麦屋の息子・清太は、母親と2人、蕎麦屋で働きながら、卓球センターが通いをしている。そこで出会った、一回り以上年上の女性さおりとの結婚を母親に言い出せずにいた。また、息子の同僚からの電話があり、博多から上京してきた老人の夕起子は、息子を救うために大金をその同僚に渡してしまう。オレオレ詐欺なのではないかと警察官の小暮は疑うが、食事もしていないということで、とりあえず「めしや」に連れていくと、徐々に彼女の複雑な理由が分かってくる。】

前回、当ブログ(2015年6月13日)で第一作について言及しました際、「めしや」は食事だけではなく、深夜における「仲間との場」「コミュニティ空間」を売っていると記しました。

ただ、深夜の「コミュニティ空間」を求める人たちは、24時間化されている大都会においては深夜に限定されなくなっているのではないかとも付け加えました。

本作における「めしや」の客は、ネタバレですが「騙される」が共通項となっています。

喪服を着て、人々を騙すことでストレス発散をしてきた編集者・範子は、逆に男性に騙されることで一度実家に帰り、「喪服」を捨てます。蕎麦屋の息子・清太は母親を「騙して」(この場合は内緒で)、本当のそば打ちになる修業をします。最後の老人の夕起子は、オレオレ詐欺に「騙されながら」、数十年前に自分が息子に嘘をついたことにけじめを付けようとします。

3人の主人公たちは、単純な被害者ではありません。人は「騙し」、「騙される」存在なのです。

しかしながら、そのような複雑に絡んだ人間関係を「めしや」のマスターは見守り続けます。マスターは、時に助言はしますが、基本的に他人の人生に介入はしません。そうすると、それぞれの主人公は自分自身で納得する解決方法を見出すのです。

つまり、「めしや」は自立支援センターのような役割を担っており、救いの場ではなく、そこに集うことで自分を見つめ直すのです。

やはり、「めしや」は深夜を越えて求められていく「場」であるように思えます。

2017年5月 4日 19:44

マージナル・ヒーローとしてのハリー:映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』における善と悪

『ハリー・ポッター』のハリーの魅力は、そのマージナル性です。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
(原題 Harry Potter And The Chamber Of Secrets)
制作国  米国
制作年 2002年
監督  クリス・コロンバス
出演  ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン

あらすじ
【ホグワーツ魔法魔術学校は夏休みとなり、ハリーは人間界の親戚であるロンドンのダーズリー家へ帰省していた。ある日、突如、ハリーの前にドビーと名乗る屋敷しもべ妖精が現れる。そしてドビーはハリーに「ホグワーツに戻ってはならない」と通告する。ドビーを含め、様々な妨害に遭いながらもハリーは何とかホグワーツ魔法魔術学校に駆けつけ、新学期を迎える。その後、管理人の猫が石になる事件が起こり、人間の親に生まれながら魔法の能力を身に着けている生徒が次々に石にされる事件が発生する。学生たちは、「秘密の部屋」と呼ばれる場所が、学生の中に紛れている伝説の学生「スリザリン」の継承者の手で開かれたのではないか、と考えるようになる。そのような中、ハリーが蛇語を話せることが明らかになり、ハリーが蛇語を奏でた「スリザリン」の継承者ではないかと噂になる。そして、ある日、ハリーはトイレで黒く古い日記帳を見つける。その日記帳にはT・M・リドルという学生の記憶が残されており、その記憶を見たハリーは50年前の「秘密の部屋」事件の概要を知る。】

映画化されたハリー・ポッター作品の第二弾です。

『ハリー・ポッター』のシリーズの特徴の一つは、主人公のマージナル性です(ハリーが「マージナル・マン」であることです)。

「マージナルマン」とは、二つ(以上)の社会集団に属し、一つのアイデンティティに固定されていない人間のことを指した米国の社会学者ロバート・パークが提唱した概念です。

ハリーは、地上の世界(ロンドン)と魔法の世界(ホグワーツ魔法魔術学校)に属しています。魔法界では(悲劇の)ヒーローなのですが、ロンドンでは滞在先の親戚家庭から除け者扱いをされており、居場所がありません。

本作では、屋敷しもべ妖精ドビーがハリーに「ホグワーツに戻ってはならない」と言っても、ハリーは両方の世界を行き来するしかないのです(本人は、魔法界に居続けたいのですが、ホグワーツが学校であり、長期休暇がある限りそれは許されないのです)。

もう一つ、ハリーには、善きヒーローと悪の敵役のマージナル性があります。

この作品の中で、ハリーは、蛇語が理解できることで、伝説の学生「スリザリン」の後継者であると噂されていますが、それには根拠があります。

悪役であるヴォルデモート卿が、ハリーの両親を殺害した際、ハリーだけは殺すことができず、反対に何らかの力によって、ヴォルデモート卿は肉体を失ってしまうのです。生き残ったハリーには、ヴォルデモート卿の力の一部が乗り移るのです。

ハリーは本作でも、ヒーローとして問題を乗り越えていきます。常に悪の影を引きずりながら。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  | All 次へ >>

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (25)
スポーツと社会 (110)
ネパール (15)
国際事情(欧州を除く) (217)
大震災/原発事故と日本 (28)
御挨拶 (13)
日本政治 (115)
日本社会 (250)
映画で観る世界と社会 (260)
欧州事情 (89)
留学生日記 (59)
英国 (80)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
「若さ」を求め「老い」を狼狽える: 映画『サンセット大通り』に描かれる単線的な悲劇
マンチェスター・テロ事件を考える: 英国生まれの容疑者の「英国性」を直視しなければいけない
女優誕生の形式(パターン)と芸能界: 映画『イヴの総て』における重層の「踏み台」
なぜ、マクロン大統領と大統領夫人の年齢差は許容されるのか?
北朝鮮問題において危機感がないのは誰なのか?
最新コメント
Buy gemstfone bbrace...
Posted by luxury bracelet for women
Buy gemstfone bbrace...
Posted by luxury bracelet for women
Buy gemstfone bbrace...
Posted by luxury bracelet for women
Buy gemstone bracele...
Posted by natural stone bracelet
はじめまして、書き込...
Posted by たか
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草