QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年11月12日 23:59

FA宣言に対するアレルギー反応は、日本学的文脈から考えるべきか?

11月7日、プロ野球の広島・丸佳浩外野手が、国内フリーエージェント(FA)権を行使しました。

まだ、交渉が始まっていないのですが、マスコミでは「巨人が最低4年20億円以上で獲得へ」(日刊スポーツ, 11月8日)とか、ロッテが「広島・丸に4年20億円視野!球団幹部「最大限の誠意」」(産経スポーツ,11月8日)とか報じられています。

広島も、「広島の丸がFA宣言=球団は宣言残留容認」(Jiji.com, 11月7日)です。広島ではこれまで、FA権を行使しての宣言残留は基本的に認めてこなかったにもかかわらず、丸選手に関しては、「欠かせない戦力であることから異例の対応を取る」(産経スポーツ, 11月4日)というのです。

なるほど、広島は今までFA宣言するなら、もう出て行ってくれという姿勢だったのです。

広島がFA宣言後の残留を認めてこなかったのは、冷酷な球団であるからではなく、球団の資金面で限界があったからであるとされています(産経新聞、11月12日)。過去の例を見ますと、それだけではないような気もしますが。

結果として、OBでさえFAを宣言する選手に厳しいようで、広島OBで野球評論家の北別府学氏は10月7日のご自分のブログで、FA宣言をした丸選手について「育てあげたのは広島東洋カープだ」と書き、パワハラなのではないかと指摘されたほどです(日刊スポ―ツ, 11月8日)。

一部のファンも「裏切り者」といった言葉が出ているそうで(日刊スポーツ, 11月11日)、地元の銀行のCM契約を移籍を決意した丸選手が打ち切ったという怪情報も流れているそうです(東京スポーツ, 11月12日)。

私も阪神ファンなので、(鳥谷選手が巨人に行ったらと想像すれば)気持ちは分かるんですけど、やはり選手は第一にプロであることを認識しなければいけないのかもしれません。

米国でもメジャーリーグは意外に家族主義でウェットなところもありますが、それでもFAに対しては日本程、批判的な声が挙がりません(元古巣チームとの初対戦では、大きなブーイングが必ずありますが)。FAはプロ選手の当然の権利として受け止めるのが「普通」であるように思われます。

ロバート・ホワイティング氏の『菊とバット』に示されているように、Baseball は日本で日本文化と融合し、「野球」として発展していきました。FAはそのような文脈では、日本文化とは「異質」な制度ということになるのでしょうか。

ただ、FAで選手を受け入れてきた阪神を見続けている私から申しますと、FA選手の費用対効果は悪いと考えます。この場合、(1人の選手の個人成績を効果とするのではなく)効果を優勝、日本一として考えてみます。阪神を例にすれば、FAで人を集めても優勝や日本一に必ずしも結びついていないと言えるのです。

ですから、広島の皆さんも、是非気持ちよくFA選手を出してあげてください。もちろん、FA宣言後の再契約でも問題はありません。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (34)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (142)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (237)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (15)
日本政治 (129)
日本社会 (310)
映画で観る世界と社会 (353)
欧州事情 (100)
留学生日記 (95)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
交わらない2つの社会(世界):映画『海は燃えている』が描き出す人々のエゴと欲
私たちは、なぜ、グローバル企業の経営者の報酬を「巨額」と感じるようになったのか?
もう一度、落合博満監督の現場主義に基づく野球を観てみたい
誰がハーヴィー・ミルクを殺したのか?: 映画『ミルク』が描く1970年代の米国社会
北方領土2島返還は「国のかたち」を大きく変化させるのでは?
最新コメント
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草