QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年10月11日 00:22

映画が社会の固定観念を変える: 映画『おくりびと』の社会的インパクト

映画の力もまだ捨てたものではない、と思わせてくれた作品です。

映画『おくりびと』
制作国 日本
制作年 2008年
監督 滝田洋二郎
出演 本木雅弘, 広末涼子, 山崎努

あらすじ
【東京の管弦楽団のチェロ演奏者だった小林大悟は、楽団が解散してしまい失業する。音楽の道では食べていけないと、妻・美香と共に自分の故郷の山形県酒田市へ帰ることにする。酒田で、仕事を探していると、新聞の求人広告で「旅のお手伝い」と書かれたNKエージェントの求人広告を見つける。旅行代理店だと考え、面接を受けに行くと、業務内容は人生の「旅立ち」を助ける納棺であった。困惑する小林を、NKエージェントの社長である佐々木は、強引に入社させてしまう。帰宅し、妻に仕事内容を聞かれた小林は、「冠婚葬祭関係」としか言えなく、妻にも黙って納棺の仕事を始まることになる。紆余曲折ありながらも、小林が仕事になれてきた頃、小林が納棺の仕事をしていることが、妻や友人たちにばれ始め、旧友の山下からは「もっとましな仕事に就け」と言われ、妻・美香からも「そんな汚らわしい仕事は辞めて」と迫られ、仕事を続けていると美香は実家に帰ってしまう。】

「職業に貴賎無し」と言いながら、人気のある仕事と、人気のない仕事があります。給与の高い仕事は総じて人気がありますが、この物語では、給与が高いにもかかわらず、人気のない(この映画はヒットするまではなかった)納棺師がテーマです。

なぜ、納棺の仕事が人気がないか(なかったか)と言えば、人の死に係る仕事であるからでしょう。不思議なことに、人間が誕生する際のお助け人である産婦人科の医師や助産婦は人気のない仕事ではないのです。人は生まれて、死ぬのに、なぜ死ぬ時の仕事は、生まれてくる時の仕事と認識が異なるのでしょうか。

この世に生み出されることにポジティブさがあるのに、この世から(死に)行く場合は穢れに結び付くネガティブさがあるのです。

哲学的・文化人類学的な議論は別として、そんな納棺の仕事を「おくりびと」という新しいコンセプトで提示したこの作品は、人々の固定観念を変えることに成功したと言えるでしょう。

さて、それでも、納棺師の仕事は高給です。だから、(固定観念を変えるのは難しかったとはいえ)考え方次第でもあったかもしれません。

単純労働で低賃金のケースで、人々のイメージを変えるような映画が作れるでしょうか。更に、映画の可能性を模索してみたくなりました。
プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (34)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (141)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (236)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (14)
日本政治 (128)
日本社会 (308)
映画で観る世界と社会 (349)
欧州事情 (100)
留学生日記 (95)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
誰もが大学に行くようになった時、社会は大学の学費をどうするればいいのか?
なぜ、人は嘘をつくのか?: 映画『ソフィーの選択』の選択と嘘と友人の関係
FA宣言に対するアレルギー反応は、日本学的文脈から考えるべきか?
英語を越えるグローバリゼーションが起こっている
多様であることを理解する重要性: 映画『パラダイス・ナウ』にみるパレスチナ側の論理の非単一化
最新コメント
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草