QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年9月21日 23:12

オマージュがオリジナルの良さを確認させる: 映画『みんな元気』の日米比較

日本と米国の「理想の家族像」の違いを感じる映画です。

映画『みんな元気』(原題: Everybody's Fine)
制作国 米国
制作年 2009年
監督 カーク・ジョーンズ
出演 ロバート・デ・ニーロ

あらすじ
【電線を作る仕事を続けながら4人の子供を育てた老人フランクは、妻に先立たれ、病気を患いながら1人で暮らしている。毎年、子供たちはフランクの元に集まるが、今年は誰も来なかった。それで、フランクは全米各地に住んでいる4人の子供たちに会う旅に出る。まず、ニューヨークに住む画家のデイヴィッドを訪れるが、不在であり(実はメキシコに行っていた)会うことができなかった。次に、広告代理店に勤務するエイミーに会いに行く。エイミーは夫と不仲になっており、更にデイヴィットがメキシコで事件に巻き込まれたことで、メキシコに行かなくてならず、フランクをもてなすことができない。更にデンバーで「指揮者」をしているロバートに会いに出かけるが、ロバートは実際は、指揮者ではなく、一演奏者でしかなかった。更に、ラスベガスでダンサーのロージーに会うが、ロージーも未婚の母になっており、フランクは失意の中、帰路に着くが飛行機で倒れてしまう。結局、メキシコで失くなっていたデイヴィッド以外の家族が集まり、クリスマスを迎える。】

小津安二郎監督の『東京物語』(1953年)へのオマージュです。

細部は異なりますが、期待していた子供たちに親が会いにいきながら、子供たちは親の期待に応えられないため、また多忙のため、(会いたくても)会えないのです。

ただ、最も大きく違うのは、『東京物語』で(原節子さんが演じた)戦死した次男の嫁「紀子」の役がいないのです。

『東京物語』では、子供たちの表面的な冷たさが、紀子の優しさによって救われていきます。実の子供たちよりも義理の娘のほうが「親思い」であるところに、『東京物語』が時代と空間を越えて、半世紀以上も日本、そして世界で評価され続けている大きな理由なのではないでしょうか。

一方、映画『みんな元気』では、「紀子役」を出さないことによって、実の子供たちが親孝行になっていくストーリーとなっています。

日米では家族の理想形が違います。「義理」の親子問題をテーマにした映画は日本以上に多いでしょう。だからこそ、なのでしょうか。本作品において、実の子供たちは、父親の元に(一時的ではあっても)戻っていくのです。

ロバート・デ・ニーロが主人公フランクを演じており、「見せる」映画です。でもやはり、『東京物語』の良さを再確認してしまいました。
プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (34)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (142)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (237)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (15)
日本政治 (129)
日本社会 (310)
映画で観る世界と社会 (353)
欧州事情 (100)
留学生日記 (95)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
交わらない2つの社会(世界):映画『海は燃えている』が描き出す人々のエゴと欲
私たちは、なぜ、グローバル企業の経営者の報酬を「巨額」と感じるようになったのか?
もう一度、落合博満監督の現場主義に基づく野球を観てみたい
誰がハーヴィー・ミルクを殺したのか?: 映画『ミルク』が描く1970年代の米国社会
北方領土2島返還は「国のかたち」を大きく変化させるのでは?
最新コメント
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草