QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年9月20日 23:59

社会が「とりあえずビール」ではなくなり、政治が長期政権化するのはなぜか?

自民党の総裁選が行われ、安倍晋三首相が石破茂元幹事長を破り、連続3選を果たしました。

注目されながら直前まで態度を明らかにしなかった小泉進次郎筆頭副幹事長は、最終的には石破氏を支持しました。

政治ですので、誰を支持するかだけではなく、タイミング、その理由全てがポイントになってきます。

だれを支持するのかという点において、小泉氏は2012年の総裁選でも石破氏を支持しており、一貫性があるように思われます。また、それ自体には驚きはないでしょう。

タイミングに関しては、結果的に表明が遅れたことで安倍首相に有利な結果となったと分析されています。

映画監督の想田和弘氏は、「映画の公開が終わってから届いた推薦コメントっていう感じの風情ですな」と述べられていますが(J-CASTニュース, 2018年9月20日)、小泉氏も、そこ効果を計算済であるとすれば、安倍首相への配慮ということになるのかもしれません。

最後に、私がもっとも着目したのは、その理由でした。

小泉氏は石破氏支持の理由として「これからの日本の社会は、もっと多様な、選択肢のある、異なる存在や声を社会の強みに変えていける、そんな日本でなければならないという強い思い」と語られています(THE PAGE, 2018年09月21日)。

小泉氏の地元の神奈川で20人自民党の国会議員のうち19人が安倍首相への支持表明をしたことについても、「これはひとりくらい違っていいという思いはあった」とし、「自民党はいろんな声を飲み込む、節操ないといわれるが、現実主義に基づき、それすらみんながうなってしまうような。日本は、そんな多様な時代に突入する」(日刊スポーツ, 9月20日)と話しています。

更に、具体的には今、日本人が「とりあえずビール」と言わなくなったことを挙げて、「みんなが生ビールを頼むので、本当に好きなものを飲んでほしいから、わたしはハイボールにしましたと言ったが、そういうことです」(同上)と分かり易く説明されています。

全くその通りなのですが、自由民主党は1955年の結党以来、一貫してイデオロギー的に多様だったように思います。自由主義者も、民主主義者も、資本主義者も、保守主義者も在籍しており、更に、(本人は認めなくても)大きな政府と手厚い社会保障をモットーとする「社会主義者的」な政治家も少なからず含まれていたのではないでしょうか。

高度成長期の日本で、社会の価値が「今ほど」多様ではなかった時、自由民主党は「今より」多様だったのです。

「縛り」があったとすれば、イデオロギーではなく、政策とは別の派閥(派閥にはイデオロギー的な色は多少ありましたが)の文脈によるパワーの力学だったように思います。

言い方を変えれば、ビール派とハイボール派が、ポストのために乾杯し続けてきたような(ハイボール派も無理してビールを飲んだのかもしれませんが)状況だったのではないでしょうか。

小泉氏の分析の通り、社会は多様化しています。

しかしながら、グローバル化の中で政治的選択は限られてしまっているのも事実です(誰がやっても同じであるという無力感が有権者にはあるでしょう)。それが、各国で長期政権が誕生している一つの大きな理由なのではないかと考えます。そして、そのような人々の選択は、政治を急進化させない唯一の方法なのかもしれません。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (34)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (139)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (234)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (14)
日本政治 (127)
日本社会 (305)
映画で観る世界と社会 (344)
欧州事情 (99)
留学生日記 (94)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
「改革者」は、なぜ「独裁者」になってしまったのか?
政治的アイデンティティと服の色
私が甲子園の最終戦を観に行かなかった理由
映画が社会の固定観念を変える: 映画『おくりびと』の社会的インパクト
2018年モンゴル訪問記(番外編): 余り物には福がある
最新コメント
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草