QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年9月

2018年9月30日 23:16

2018年モンゴル訪問記(8): 都市化と暴力

神戸ユネスコ協会理事/日本経済大学ユネスコクラブ顧問として、9月2日~9月12日までモンゴルで国際交流とボランティア活動に従事してきました。学生8名、私を含めて神戸ユネスコ協会理事7名の合計15名の団体です。国籍別としては日本(6名)、ネパール(1名)、ベトナム(5名)、中国(2名)、モンゴル(1名)の5カ国に跨る多国籍チームでした。

【5日目後半】
9月6日の午後は、今回のメインイベントでありますDVを受けた子供たちのシェルタ―に行きました。

「魔法の城」(Id shidiin ordon)と名付けられたその施設は、外国に滞在しているモンゴル人(主に留学生)がお金を出し合って建てられました。私のゼミ生であるモンゴル出身のエナさんは、その1人であり、その縁で、神戸ユネスコ協会青年部として今回、訪問させて頂くことになりました。

Day4 シェルター_181003_0089.jpg

その施設は、ウランバートルの貧困地域にあります。中心街から渋滞の中、約1時間車に乗ると、中心部とは異なり、遊牧民のゲルも目立つようになってきました。

当然、「なぜ、遊牧民のゲルが、都会にあるのか?」と思われるでしょうが、それは、ある意味でモンゴル社会の根本的な課題に通じるのかもしれません。

モンゴルは急激な都市化が社会問題となっています。遊牧を辞めた元遊牧民が、ウランバートルのような大都市にやってきて、空き地にゲルを立て住むのです。皮肉なことに、モンゴル遊牧民の伝統のシンボルであるゲルは、都会では貧困を顕しているのです。

都市貧困層の増加は、治安の悪化に繋がっています(今回の滞在中も、学生の1人が携帯電話をすられてしまいました)。そして、都市貧困層の増加と共に、アルコールの飲みすぎによって引き起こされる暴力事件も増えているそうで、家庭にフォーカスすればDVとなります。

「魔法の城」はそんなDVを受けた子供のための避難施設です。現在、約100人の子供が滞在しています。両親から暴力を受けた子供たちを守るのですが、親の再教育もしているそうです。

私たちは貧困地域の小高い丘に建てられたオアシスのような「魔法の城」に到着し、まず、施設の案内を受けました。そして、神戸ユネスコ協会からの支援物資として日本から持ってきた防犯ベル130個を贈呈しました。

Day4 シェルター_181002_0068.jpg

本来、現地の経済への影響を考え、できるだけ何かを贈与する時は現地で調達しているのですが、今回はモンゴルの防犯ベルが非常に手に入り難く、高価であるという情報を得ており、日本で調達しました。

そして、その後、私たち(神戸の学生たち)は施設の子供たちと楽しい時間を過ごしました言葉は全くと言っていい程、通じないのですが、バスケットや鬼ごっこ等を夢中になって遊びました。一部は、昼寝をしている3歳以下の子供たちの部屋に行き、起きている子供をあやしました。

Day4 シェルター_181002_0040.jpg

Day4 シェルター_181002_0045.jpg

私たちのこれらの活動が、正統なボランティアかと問われれば、そうではないのかもしれませんが、私はこれでいいのではないかと思っています。

たった1週間の滞在ですから、ボランティアと言っても何もできません。無理はせず、「思い出」や「繋がり」を作り、また再訪し、支援したくなるような旅になればそれでいいのではないでしょうか。カンボジアやネパールでもそうですが、訪問はきっかけに過ぎません。帰国後、どうするのかがより重要になっていくのでしょう。

私は学生たちが「ボランティア活動」に励んでいる時、この施設の代表のChadraabal Ganjavkhlan氏にご挨拶させて頂き、上記にある都市化とDVの問題、環境問題など、多岐に渡ってお話しさせて頂きました。

氏の説明では「魔法の城」は学生たちが始めた運動だったそうです。お金だけではなく、実際の建設に多くのモンゴルの学生が携わっているそうです。彼らは大学や高校で学びながら、社会を変える「魔法」になることを願って「魔法の城」を建設し、運営しているのです。学生だから未熟なことも沢山あったそうですが、単に、社会に不満を口にするだけではなく、建設的な一歩を踏み出したことは賞賛されるべきでしょう。

「城」の入り口には、皆が製作したオリジナル・マスコットが立っていました。子供を守るシンボル・キャラだそうです。小さいけど、彼の双肩にかかっているものは大きいように感じました。

Day4 シェルター_181002_0072.jpg

2018年9月29日 00:00

2018年モンゴル訪問記(7): エレキと民族楽器とファッションショー

神戸ユネスコ協会理事/日本経済大学ユネスコクラブ顧問として、9月2日~9月12日までモンゴルで国際交流とボランティア活動に従事してきました。学生8名、私を含めて神戸ユネスコ協会理事7名の合計15名の団体です。国籍別としては日本(6名)、ネパール(1名)、ベトナム(5名)、中国(2名)、モンゴル(1名)の5カ国に跨る多国籍チームでした。

【5日目】
9月6日の午前、私たちは、当初からの予定通りに、モンゴルのユネスコスクールであるモンゲニ校(Mongeni Complex School)を訪問しました。

ユネスコスクールとは、ユネスコ憲章に示されたユネスコの理念を実現するため、平和や国際的な連携を実践する学校です(文部科学省HP)。現在、世界180か国以上の国・地域で10,000校以上のユネスコスクールがあり、モンゴルにも、12校が登録されています(UNESCO Associated Schools Network).

モンゲニ校はユネスコスクールの一つであり、小学校から高校までの一貫校です。基本は公立ですが、部活や学科によっては部分的に私立化しており、ユニークな経営方針を採っています。

同校の講堂に招かれると、校長先生の御挨拶の後、学生と先生による民族音楽や民族衣装のセレモニーが続きました。学生たちによる民族音楽は、大変素晴らしく素人とは思えない程でした。民族音楽は途中からロック調となり、ファッションショー風に変わっていきます(後で伺ったところモンゴルの部族別の衣装を紹介して下さったそうです)。そして、同校の先生がエレキギターで登場されました。伝統楽器とエレキギターと民族衣装が、何ともシュールな感じを醸しだし、引き込まれていきました。

monngeni.jpg
学生による民族音楽パフォーマンス

monngeniロック.jpg
エレキギターを弾くのは同校の先生

モンゲニ校では、音楽だけではなく、語学教育にも力を入れており、更に自由研究なども盛んであるとのことでした。宴の後、中国語を勉強している学生が中国語で質問し、私たちの中国人学生が答え、同校で英語を勉強している学生が英語で質問すると私たちのネパール人学生が英語で答えるというQ&Aタイムとなりました。

自由研究.jpg
学生による自由研究の紹介

同校では日本語を学んでいる生徒もいまして、東京外国語大学に留学したという主任の先生の下で皆、頑張っていました。しかしながら、英語はもちろん、中国やロシア語と比較しても履修人数が少ないようでした。

モンゲニ高校.jpg
モンゲニ校の日本語担当の先生方と学生たちとの交流

前述の通り、この学校は、公立か私立か分からないところはあるのですが、89年革命後、部分的に民営化して成功を収めた学校として、前日、表敬訪問したモンゴル・ユネスコ国内委員会から紹介されたのです。同委員会の役人の方も来られていたのですが、「この学校は、モンゴルの普通の学校ではないので、標準として捉えないで欲しい」と御親切に教えてくれました。

確かに、ユネスコスクールは、各国とも優秀な学校が応募し、認定されることが多く、一国の平均的な学校と捉えるのは難しいでしょう。各国にいて学校の格差化は深刻な問題ではあります。

しかし、優秀な学校も、グローバリゼーションが進む中でどのように国際化を図るべきかについては悩んでいるようにも思えます。実際、ユネススクールが「ユネスコの理念を実現する」ために具体的に何をすべきかは曖昧なところもあり、私たちの訪問が、神戸やその他の地域のユネスコスクールとの繋がりへと発展していけばいいと思わずにはいられませんでした。

貧困地域のサポートは必要なのはもちろん、国境を越えたユネスコスクール同士の交流の提案も訴えていく必要があるように感じました。

上記のようなモンゴルの高校先生のエレキと伝統楽器のアンサンブルに合わせて踊る民族衣装のファッションショーを、日本にも届けたいものです。もちろん、踊っているだけでは国際交流とは言えないかもしれませんが、まず、楽しくなくては面白い交流にはならないのではないでしょうか。



2018年9月28日 23:19

2018年モンゴル訪問記(6): 民間ユネスコ活動と資本主義化、遊牧民の豊さと都市化

神戸ユネスコ協会理事/日本経済大学ユネスコクラブ顧問として、9月2日~9月12日までモンゴルで国際交流とボランティア活動に従事してきました。学生8名、私を含めて神戸ユネスコ協会理事7名の合計15名の団体です。国籍別としては日本(6名)、ネパール(1名)、ベトナム(5名)、中国(2名)、モンゴル(1名)の5カ国に跨る多国籍チームでした。

【4日目】
9月5日の午前中、ウランバートル市内の国連ビル(UN House)に入っているモンゴル・ユネスコ国内委員会(Mongolian National Commission for UNESCO)を表敬訪問しました。モンゴルにおけるユネスコ政策や民間ユネスコ協会の活動について、そして前日に訪問したモンゴルの遊牧地の遊牧民における教育政策などを伺いました。

WeChat Image_20180927000337.png
Mongolian National Commission for UNESCO Facebookから

同委員会の事務局長スフバートル・ウヤンガ氏は、私たちの質問に対して丁寧にご説明下さりました。

個人的に一番興味がありましたのは、モンゴルにおける民間ユネスコ活動が、1989年以前の社会主義体制の頃、盛んであったが、89年革命以降の資本主義化の中で下火になっていったという話でした(社会主義時代の「民間」とは何なのでしょうか)。しかしながら、ウヤンガ氏は89年革命以降、多くの社会問題が噴出しており、政府ではカバーできず、民間の力が必要であるそうで、民間におけるユネスコ活動が再興すればと願われておりました。

そもそも、日本ユネスコ協会連盟及び(その構成団体の)神戸ユネスコ協会は、政府機関でも地方自治体の外郭団体でもなく民間組織であり、NGOです。ですから、モンゴルでも、民間のユネスコ協会があればそれがカウンターパートになるのですが、幾つか名前を見つけても連絡がつきませんでした。そこで、モンゴルユネスコ国内委員会に連絡を取り、ウヤンガ氏にお話を伺うことになったのです。

WeChat Image_20180927000736.jpg

それからモンゴル政府がいかに遊牧地域における教育を強化しているのかについても、ウヤンガ氏が解説して下さいました。私たち神戸ユネスコ協会は、カンボジアやネパールの貧困地域に対しまして援助活動を行ってきましたが、モンゴル政府は地方の教育にかなり力を入れており、この点において国際援助が必要であるとは思えませんでした。

遊牧地の開発支援に関しましては、私の学生のモンゴル人のエナさんでさえ「政府が地方で頑張っていることは事実ですね」と驚いていました。

ただ、話を纏めながら、考察すると、地方の発展に力を入れている理由は、都市化の失敗を顕しています。多くの遊牧民が、遊牧を辞めてウランバートルに来てしまい、ウランバートル郊外にゲルを作り住んでいるのです。そして、マイナス30度、40度となる冬になると一斉に薪を燃やすため、ウランバートルでは公害問題が深刻化しています。

このような公害問題、環境問題に対応するためにも、政府は地方の遊牧民の生活を豊かにし、ウランバートルに来させないようにしなければならないのです。

私は、前日、外国車を乗り、バイクを何台も持ち、ゲルの屋根に太陽光パネルを置いて電気をゲルに通している遊牧民を観ながら、その近代化された「豊かさ」に驚いていたのですが、モンゴル・ユネスコ国内委員会のお話を伺いながら、「豊かさ」の謎が解けてきたように感じました。

午後は、ボランティア活動としては今回のメインイベントであるDVを受けた子供たちのシェルタ―に行く予定でしたが、天候が悪くなり、そのシェルタ―が坂の上にあり、雨の中では車で登るのは危険を伴うということで、急遽、1日延期することになりました。

雨の中、代りに行った大手デパートでショッピングをしながら、モンゴルでは本当に天候にスケジュールが左右されることを実感しました。



2018年9月27日 00:00

2018年モンゴル訪問記(5):「学校には、まず、水洗トイレが必要です。」

神戸ユネスコ協会理事/日本経済大学ユネスコクラブ顧問として、9月2日~9月12日までモンゴルで国際交流とボランティア活動に従事してきました。学生8名、私を含めて神戸ユネスコ協会理事7名の合計15名の団体です。国籍別としては日本(6名)、ネパール(1名)、ベトナム(5名)、中国(2名)、モンゴル(1名)の5カ国に跨る多国籍チームでした。

【3日目後半】
9月4日の午後、貴重な体験を得て、モンゴル・ドントゴビ県フルド村の大自然(遊牧地)のゲルを出発しました。

私たちの目的の一つは、モンゴルの学校を視察するというものがあったのですが、ゲルから車で30分ほどのところにあるこの地域の唯一の学校「ドンドゴビ県フルド村小中学校」を訪問しました。

学校の入り口で校長先生に迎えて頂きました。この学校は、遊牧民の子供たちの教育を目的としており、現在、50人程の学生が学んでいます。

小学部の算数の授業に参加させて頂きましたが、子供たちはみな一生懸命勉強していました。昨日、「馬の刻印祭」で会った子供たちもいました。

Image_e8a5cd0.jpg

教室.jpg

さて、子供たちの家庭は遊牧民ですから通学が大変なのではないかと、早速、先生方に質問をしたところ、待ってましたとばかり「寮があります」と説明を受けました。そして、是非、「寮を見てください」と言われ、見学することになりました。

小学校に隣接している寮は、4人部屋でベットで机がありました。遊牧地から通学できない子供たちはこの寮で滞在して、勉強するそうです。

寮.jpg
学校に隣接している寮

寮のベット.jpg
寮は4人部屋で両サイドに二段ベットが2つある

温度計.JPG
寮の温度計は日本製でマイナス30度まで測れるものであった

校長先生に「子供たちの両親はそこまでして勉強することをどう思っているのでしょうか」「働き手がいないくなることを嫌がる親はいないのですか」と伺たところ、「そういう親は、この学校にはいないですね」と即答されました。一昨年訪れたカンボジアの貧困地域では、親が子供を働き手と考えていることが、小中学校の就学率の向上を妨害する最大の問題だったのです。しかし、モンゴルの遊牧民の親は、概して、子供の教育に熱心だそうです。

そして、政府も遊牧地域の教育に力を入れており、2021年までにキリル文字のモンゴル語のみならず、伝統的な縦書きのモンゴル文字を全児童が読めるようにすることを目標にしているとのことでした。

その上で、何よりも、この学校で校長先生が自慢されたのはトイレでした。是非、水洗トイレを見て欲しいと言われ、全員で見学させて頂きました。

S_8625440304011.jpg
校長先生自慢の水洗トイレ

校長先生が言われるには、最もこの学校で重要なのは「水洗トイレ」と「シャワー」だそうです。現在、トイレは完備されたので、シャワールームを作りたいと言われていました。

実は、その学校に隣接する土地に昨日、ゲルに泊めて頂いたバトジャルカルさんの「自宅」があり、学校の後、お茶に寄られて頂きました。バトジャルカルさんは、遊牧生活をしながら、この学校がある村の中心部にトイレもお風呂も完備した「自宅」を持っているのです。

【そもそも、バトジャルカルさんは、お子さんを米国に2人、日本に1人留学させている大成功した遊牧民です。日本に留学していた息子さんは、現在、日本の日本語学校に留学しており、大学進学を目指しています。私たちは「ご自宅」でSNSを通じて息子さんと会話しました。】

学校を後にして、私たちはまたチャーターしたミニバスで6時間近くをかけてウランバートルに戻りました。当然、途中は、草原の青空トイレしかありません。随分慣れてはきましたが、毎回、道路沿いの岩場を探しながら、校長先生が言われた「まずは、水洗トイレを作りたかった」という言葉が頭を巡りました。

青空トイレも慣れてくれば気持ちが良いものですが、誰も汲み取りはしません。紙は持ち帰られなければなりません。そのようなことを考えれば、衛生面においても限界はあると思います。水洗トイレは、今後、モンゴルの遊牧地においても求められていくのでしょうか。

近代化の波がモンゴルの遊牧地も包み込んでいます。そして、その近代化を巡る問題は、その時、私達が理解していたよりも肯定的なファクターばかりではないことを後に学びます。

更にこの夜、ウランバートルのホテルに戻りますと、WiFiが復活し、日本で台風21号が近畿や北陸地方を縦断し、各地に大きな被害を与え、関西空港が閉鎖されているというニュースが飛び込んできました。帰国は9日の予定でしたので、その時は、自分たちの旅程にも影響を及ぼす程の問題になるとは想像できませんでした。


2018年9月26日 00:00

ラクダの親子を本当の親子にする馬頭琴の音色: 映画『ラクダの涙』が描く伝統と近代

ある国(地域)を理解する方法として、その国(地域)をテーマとした映画を何本か(何十本か)観ることも良いのではないかと考えています。

映画『ラクダの涙』(英題: The Story of the Weeping Camel)
制作国 ドイツ
制作年 2003年
監督 ビヤンバスレン・ダバー , ルイジ・ファロルニ

あらすじ
【モンゴル、ゴビ砂漠。4世代9人の遊牧民の家族が何十頭のラクダと共に暮らしている。今年も、ラクダの出産の季節になったが、最後に生まれた1頭が難産で2日もかかった。出産後、なぜか母ラクダは生んだばかり子ラクダを育てることを拒否してしまう。遊牧民一家は、とりあえず、乳を搾って、子ラクダに与える。しかしながら、抜本的な解決にならず、曾祖父さんと御祖父さんは、「フースの儀式」という馬頭琴を用いた治療を決断する。一家は都市に子供2人を行かせ、馬頭琴を弾ける伝統音楽家を連れてこさせる。子供たちは町のテレビやゲームに惹きつけられながらも、役目を果たす。翌日、親子のラクダの前で、音楽家が馬頭琴を演奏し、それに合わせて女性(お母さん)が歌を歌い出すと、徐々に親子ラクダは「親子」の絆を感じ始め、母ラクダは、涙を流しながら子ラクダに乳をあげるようになっていく。】

ドイツのミュンヘン映画・テレビ大学に留学していたモンゴル人とイタリア人学生の卒業作品なのですが、同作品は2004年の米国アカデミー賞最優秀ドキュメンタリー部門にノミネートされるほど、国際的に高い評価を得ました。

監督の1人はモンゴル人でありますが、ドイツ映画であり、前提として「外からの目」でモンゴルの遊牧民の生活を撮っていることは事実です。しかしながら、「外からの目」は全く、作品の質を落とさず、むしろ、モンゴル人の監督が「外」から遊牧民の生活をフェアに観ていることがわかります。

上記の通り、この作品では、馬頭琴の音色によって2頭のラクダが「親子」になることがクライマックスなのですが、同時に遊牧民の環境が近代化されていく過程も映し出しています。

都会に使いに行った遊牧民の2人の子供たちはテレビやゲームに夢中になってしまい、祖父や曽祖父にテレビを買ってくれとせがみます。最初は断っていた大人たちも最後は根負けして、大きな衛星放送用のアンテナとテレビを購入します。

このような遊牧民の生活までも変えてしまう近代化のプロセスを映し出しているからこそ、ラクダの「親子」を「親子」にする馬頭琴の音色がより心に沁みるのでしょう。

伝統(保守)と近代(革新)は二項対立ではなく、むしろ補完的な関係になるのかもしれません。

 1  |  2  |  3  | All 次へ >>

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (34)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (139)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (234)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (14)
日本政治 (127)
日本社会 (305)
映画で観る世界と社会 (344)
欧州事情 (99)
留学生日記 (94)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
「改革者」は、なぜ「独裁者」になってしまったのか?
政治的アイデンティティと服の色
私が甲子園の最終戦を観に行かなかった理由
映画が社会の固定観念を変える: 映画『おくりびと』の社会的インパクト
2018年モンゴル訪問記(番外編): 余り物には福がある
最新コメント
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草