QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年8月31日 02:56

映画の世界に戻って行ったのは誰だったのか?: 映画『今夜、ロマンス劇場で』と加藤剛

俳優の生死が映画作品に影響を与えることを、どのように理解すべきでしょうか。

映画『今夜、ロマンス劇場で』
制作国 日本
制作年 2018年
監督 武内英樹
出演 綾瀬はるか,坂口健太郎, 加藤剛

あらすじ
【現在、死を前にして入院している老人・健司の懐古シーンから始まる。1950年代、日本映画の黄金期、青年・健司は、映画監督を目指し、現在、助監督としてあらゆる雑用を担当している。同時に、毎日のように映画館「ロマンス劇場」に通い、全ての作品の上映終了後、1人で戦前の白黒映画の『お転婆姫と三獣士』を見続けていた。健司は、同作品の主人公である転婆姫の美雪に恋をしている。何度も、何度も見続けたが、ある日、「ロマンス劇場」の支配人から明日、同映画のフィルムを売ってしまうと言われる。健司が最後の1回を見ていると、突然、映画の中から白黒のお転婆姫が現実の世界に出てきてしまう。行く当てのない姫は、健司の家に転がり込み、2人は次第に惹かれ合うが、姫は人間に触ると消えてしまうため触れ合うことができないという。】

『ローマの休日』、『オズの魔法使い』、『カイロの紫のバラ』、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『ニュー・シネマ・パラダイス』等の様々な名画へのオマージュによって構成されており、映画好きには懐かしいシーンの連続です。

同作品は、馴染みのあるシーンを繋ぎながらも、健司とお転婆姫の物語がオリジナルに展開されます。

健司は、現実の世界に出てきたお転婆姫を受け入れることにします。触れては消えてしまうことを理解しながら、触れないことで彼女との生活を選ぶのです。

映画ですからそれも許されるストーリではあります。しかし、ネタバレですが、最後の最後に姫は訳があって消えてしまうのです。

良い作品なのですが、姫が、年老いた健司の前に昔の姿のまま登場するのことが、何か違和感があります。

若い健司の前でお転婆姫は消えるべきだったのではないでしょうか。年老いた健司に触れなくてはいけない理由と同じようなことが、若い頃にあってもおかしくはないように思えるのです。

そうすると、年老いた健司の懐古シーンがより輝くように感じるのです。

ちなみに老人の健司の役は、今年の6月に亡くなられた加藤剛さんが演じられています。作品には全く罪はないのですが、この映画が加藤さんの遺作であり、消えてしまったのは加藤さんなのです。

もっとも、加藤さんが映画の世界に戻っていったと考えるべきなのかもしれません。ご冥福をお祈りいたします。
プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (21)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (138)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (233)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (14)
日本政治 (127)
日本社会 (305)
映画で観る世界と社会 (340)
欧州事情 (99)
留学生日記 (82)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
2018年モンゴル訪問記(4): ラクダは食べものなのか?
2018年モンゴル訪問記(3): 馬乳酒、羊の解体、180度の星空
2018年モンゴル訪問記(2): 青空トイレを堪能する
2018年モンゴル訪問記(1): ゴビ砂漠を「2回」渡り、暖房を付けて寝たモンゴルの夏の夜
オマージュがオリジナルの良さを確認させる: 映画『みんな元気』の日米比較
最新コメント
This is my first tim...
Posted by America’s leading Corporate Advisory Firm
If y†u would like t...
Posted by How To Encrypt Folders On A Cd
If y†u would like t...
Posted by How To Encrypt Folders On A Cd
If y†u would like t...
Posted by How To Encrypt Folders On A Cd
If y†u would like t...
Posted by How To Encrypt Folders On A Cd
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草