QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年8月 1日 19:33

誰もが変わってしまう可能性はある: 映画『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』の見方を変えてしまう主人公の描かれない半生

半生を描いた映画は、残りの半生次第で様々に解釈されてしまいます。

映画『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』(原題 The Lady)
制作国 英国, フランス
制作年 2011年
監督 リュック・ベッソン
出演 ミシェール・ヨー, デヴィッド・シューリス

あらすじ
【英国オックスフォードで主婦をしていたアウンサンスーチーは、1988年、母の看病で母国のビルマに帰国すると、同国の軍事政権が若者たちの民主主義運動を弾圧する光景を目の当たりにする。そして、父親が「ビルマ建国の父」ことアウンサン将軍であったことから、スーチーは民主化運動のシンボルに担ぎ上げられる。1990年5月27日に選挙が行われ、スー・チー率いる国民民主連盟 (NLD) は81%の得票率によって392議席を獲得した。しかしながら、軍事政権はNLD幹部を逮捕し、スーチーを自宅軟禁にする。そんな中、1991年10月、ノーベル財団はスーチーにノーベル平和賞を授与することを決定する。スーチーの夫マイケルと2人の息子は、何度かビルマを訪問してスーチーに会ったが、スーチーは二度と入国できなくなることを恐れてビルマを離れようとはしなかった。マイケルは、1997年前立腺がんと診断され、ビルマ行きが不可能となり、1999年英国で死去する。】

アウンサンスーチー氏の自伝的映画です。度重なる民主化運動への弾圧を繰り返し、スーチー氏は2010年11月に軟禁を解かれ、2012年4月1日のミャンマー連邦議会補欠選挙にNLDから立候補し、当選することで政界に復帰します。

その後は周知の通り、2015年11月8日に実施された総選挙において、NLDが圧倒的な勝利を収め、実質上の「スーチー政権」が樹立されます。

そして、現在、「スーチー政権」は、ミャンマーのイスラム系少数民族のロヒンギャへの弾圧で国際的に批判されています。

ロヒンギャへの弾圧を「スーチー政権」は否定しており、「事実」はどこにあるのか分かりませんが、少なくても、民主化のシンボルだったスーチー氏の国際的評価が落ちているのは確かでしょう。

実際、スーチー氏に与えられたノーベル平和賞を取り消す運動が起こっており、オックスフォード市は1997年にスーチー氏に授与した「市民の自由」称号を、ロヒンギャ問題への対応不足を理由に2017年に剥奪しています(AFP, 2017年11月28日)。

その上で、今、スーチー氏の半生を描いたこの映画を観ると複雑です。スーチー氏がかつての軍事政権と同じことをしているとは言えないまでも、映画で描かれる少数民族を大切にするスーチー氏は、今の政権を握ったスーチー氏とは大きく異なってしいるのです。

私は当ブログで、社会条件次第で、誰もが独裁者になる可能性がると書いてきました。スーチー氏を独裁者であるとは言いませんが(権力を握れば変質する可能性があります)、ノーベル平和賞受賞者だって例外ではないのです。
プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (34)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (139)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (234)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (14)
日本政治 (127)
日本社会 (305)
映画で観る世界と社会 (344)
欧州事情 (99)
留学生日記 (94)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
「改革者」は、なぜ「独裁者」になってしまったのか?
政治的アイデンティティと服の色
私が甲子園の最終戦を観に行かなかった理由
映画が社会の固定観念を変える: 映画『おくりびと』の社会的インパクト
2018年モンゴル訪問記(番外編): 余り物には福がある
最新コメント
Thanks for sharing y...
Posted by Most Accurate Spirit Level In Australia
Thanks for sharing y...
Posted by Most Accurate Spirit Level In Australia
Thanks for sharing y...
Posted by Most Accurate Spirit Level In Australia
Thanks for sharing y...
Posted by Most Accurate Spirit Level In Australia
武蔵は春田に言います...
Posted by S
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草