QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年7月30日 00:28

英国がTPPへ参加する(参加を検討する)意味

2018年7月12日、英国政府が、欧州連合(EU)離脱方針の詳細をまとめた「白書」を公表しました。

EU離脱後もEUと「モノの自由貿易圏」を創設し、同時に他国と自由貿易を拡大する環太平洋経済連携協定(TPP)への参加検討しているというのです(日本経済新聞, 2018年7月12日)。

報道されている通り、英国の保守党政権はEU離脱に対するスタンスの違いにより、7月にはいてからデイヴィッド・デービス離脱担当相やボリス・ジョンソン外相が辞任していました(「主要閣僚が続々辞任...イギリス政界にいま何が起きているのか」『現代ビジネス』, 2018年7月11日)。

英国政府のTPPへの関心の表明は、今回が初めてではなく、既に今年の1月にも行われていますが、その時はそれ程大きくは取り上げられませんでした("UK looks to join Pacific trade group after Brexit", 3 January 2018, The Financial Time)。

今回は、デービス離脱担当相やジョンソン外相が辞任し、与党保守党が分裂状態であるからこそ、このニュースも大きくなったのかもしれません。

いずれにしても、メイ政権は、EU離脱後も、何らかの形で自由貿易を推進する方向であることは分かります(それが、保守党内の亀裂の根本原因なのでしょうが)。

TPP加盟国にとってはどうかと言えば、周知の通り、2017年1月に米国のドナルド・トランプ大統領が、「TPPから永久に離脱する」とした大統領令に署名し、TPPを離脱しまいました。現在、残された11カ国での協定発効に向けた協議が行われているのですが、まだ現段階では発効されていません。

世界のGDPの約15%(IMF)を叩き出す米国の離脱は、TPP構想の根本を揺るがすものであったと言えるでしょう。

英国経済の世界のGDPシャアは3%にも満たなく、仮に英国がTPPに参加しても、米国の代りには到底なり得ません。しかしながら、政治的インパクトは小さくはなく、将来の米国の復帰も見据えて、TPP側にとっては英国のTPPへの興味はマイナスになることは何もないでしょう。

11カ国のTPPにおいて、特に日本は最大の経済力を保っており、英国との歴史的関係も深いこともあり、ここは日本の外交力の見せ所かもしれません(もっとも、日本においてもTPPに反対する反グローバリゼーションの急進勢力が、今後、政治力を強めていかないという保証はありませんが、差し当たってはTPPは日本のナショナリズムと矛盾しないのでしょう)。

しかしながら、TPPとはTrans-Pacific Partnership Agreement(環太平洋経済連携協定)なのですが、もし、英国が入ると名称も変えなくてはいけないのでしょうか。もちろん、名より実であり、名称などは二次的なことではありますが。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (34)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (142)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (237)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (15)
日本政治 (129)
日本社会 (310)
映画で観る世界と社会 (353)
欧州事情 (100)
留学生日記 (95)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
交わらない2つの社会(世界):映画『海は燃えている』が描き出す人々のエゴと欲
私たちは、なぜ、グローバル企業の経営者の報酬を「巨額」と感じるようになったのか?
もう一度、落合博満監督の現場主義に基づく野球を観てみたい
誰がハーヴィー・ミルクを殺したのか?: 映画『ミルク』が描く1970年代の米国社会
北方領土2島返還は「国のかたち」を大きく変化させるのでは?
最新コメント
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草