QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年7月 7日

2018年7月 7日 02:01

悪質タックルをしてまで/裏口入学をしてまで、得ようとしたものは何だったのか?

7月4日、文部科学省科学技術・学術政策局長の佐野太氏が受託収賄容疑で逮捕されました。

同氏が官房長だった昨年5月、東京医科大への支援事業選定(私立大学研究ブランディング事業)で便宜を図った見返りに、今春の同大入試で息子の点数に加算させ合格させてもらったことが容疑とされています(毎日新聞, 7月6日)。

この事件は呆れるしかないのですが、東京医科大の名前が出たことによって学生たちからも怒りと心配の声が挙がっています。

例えば、時事通信は医学部に通う男子学生の声として「ばれないと思ったのだろうが、あまりに軽率。大学のイメージが悪くなる」というコメントを発表しています(時事通信, 7月4日)。

確かに、裏口入学があったとすれば、大きなダメージになると思われます。文科省の各種助成金の獲得も難しくなるでしょう。

しかしながら、西川史子さんが「医学部に裏口があるって思われるのが心外」、「もし裏口で入ったとしても国家試験には受からない」(7月8日, RBB TODAY)と言われるように、個のレベルでは国家試験というハードルがあるため、同大の学生が前途を絶たれるような危機ではないでしょう。

上記の一件は、5月23日に行われた日本大学アメフト部の内田正人前監督と井上奨コーチによる記者会見を思い出させました。

予定の時間を超えても投げかけられる質問に対し、日本大学の広報担当の米倉久邦氏が会見を打ち切ろうとしたため、質問しようと手を挙げた記者から「日大のブランドを失墜させることになる」と批判されます(文春オンライン, 5月29日; 朝日デジタル, 5月23日)。

そして、米倉氏が「(ブランドは)落ちません」「やめてください」と記者に反論したことが、逆に日本大学バッシングの火に油を注ぐことになってしまったのです(同上)。

実際、日本大学の学生さんたちは、この一連の事件と記者会見の後、「就活への影響を懸念している」と報道されています(めざましテレビ, 5月31日)。ただ、実害があったというケースは現段階では出ていないようです(同上)。

2017年5月の段階で、日本で最も在学生数の多く、6万7千人(67,933名)を超える日本大学に属する全学生を(「日本大学」studyplus)、一纏めにするようなことは企業もしないのでしょう。

そもそも、大学名だけで就職できるような時代は終わってしまったのかもしれません。

そう考えますと、裏口入学させてまで息子を医大に入れようとしたり、勝利のために(社会問題化するような)悪質なタックルをさせようとすることは、根本的に世の中の状況を読み違っていたと言わざるを得ません。
プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (19)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (138)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (233)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (14)
日本政治 (127)
日本社会 (305)
映画で観る世界と社会 (340)
欧州事情 (99)
留学生日記 (80)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
2018年モンゴル訪問記(2): 青空トイレを堪能する
2018年モンゴル訪問記(1): ゴビ砂漠を「2回」渡り、暖房を付けて寝たモンゴルの夏の夜
オマージュがオリジナルの良さを確認させる: 映画『みんな元気』の日米比較
社会が「とりあえずビール」ではなくなり、政治が長期政権化するのはなぜか?
講義が始まっても、留学生が母国から戻ってこない!
最新コメント
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草