QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年7月 5日

2018年7月 5日 09:45

母になること、母を認識すること: 映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』の時間と成長

主題は、母性と時間(成長)です。

『さよならの朝に約束の花をかざろう』(英題 MAQUIA: When the Promised Flower Blooms)
制作国 日本
制作年 2018年
監督 岡田麿里

あらすじ
【「ヒビオル」とよばれる布を織って暮らす一族「イオルフ」は、成長が十代で止まり、若い姿の状態で何百年生きる。彼らは人里離れた地域にひっそりと暮らしていたが、国王メザーテは長寿の血を王家に引き入れたいと考え、「イオルフ」を襲撃し、イオルフの少女レイリアはメザーテ軍に捕らえられてしまう。レイリアの親友である少女マキアは何とか逃れたが、故郷を遠く離れて彷徨うことになる。途中、マキアはある村で盗賊に襲われ、殺された母親に抱かれて泣く、男の子の赤ちゃんを見つける。マキアは運命を感じ、その子をエリアルと名付け、「母親」になることを決意する。近くの集落で、農場を経営する女主人ミドの世話になりながら、マキアの新しい生活が始まる。長寿のマキアは少女の姿ながら、エリアルはすくすくと育っていくが、ある時、マキアは、捕らえられていた親友レイリアがメザーテ王国の王子に嫁ぐことを知る。】

長寿の一族「イオルフ」の生涯が数百年単位であり、通常の人間の十代が長期に続きます。

主人公マキアは、メザーテ軍の襲撃という外的な要因によって、エリアルと出会い「母」になってしまいます。

子供が「母」になり、子供エリアルは見た目において母を越えていくのです。エリアルは、少女の「母」を「母」と認められなくなり、葛藤します。

そして、ネタバレですが、彼女と決別し、普通の時間を歩もうとします。普通の女性と普通の時間を過ごすのです。そのことによって、大人になったエリアルは(一緒にいる時は分からなかった)「母」としてのマキアを再確認していきます。

それではなぜエリアルはマキアと一緒にいる時には分からなくなってしまったのでしょうか。一つの原因は、社会(世間)が彼らを親子として認めなかったこともあるでしょう。2人はマキアが逃亡の身でもあり、住居を転々としていたのですが、エリアルが青年になると「カップル」のように見なされていくのです。

何も知らない他人は見た目で判断することがあります。2人は親子であっても、エリアルが社会的に成長していくと、その目に影響を受けるようになっていくのです。

自分の家庭を築き、完全に大人になったエリアルはまた「個」に帰っていきます。

自己中心的な「母」であったマキアもまた、時を経て、(見た目は変化なくても)社会を受け入れ成長していくのです。
プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (15)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (137)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (233)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (14)
日本政治 (125)
日本社会 (298)
映画で観る世界と社会 (331)
欧州事情 (98)
留学生日記 (74)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
FIFA:試合中に「魅力的な女性」を接写するのはいけない
「みんなの物語」が運ぶ思い出: 映画『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』の広がり
巷におけるW杯GK論は、高次元のサッカーの国民化に繋がるか?
誇るべき「クリーン・ナショナリズム」とその国際的背景
家族の崩壊によって描く「家族愛」: 映画『万引き家族』の疑似家族性
最新コメント
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草