QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年6月14日

2018年6月14日 23:59

連続出場が終わった後で見る夢

私は阪神タイガースファンであり、年に何回かタイガースの話題を書かせて頂いております。

プロ野球、セ・パ公式戦の初戦に当たる5月29日の阪神対ソフトバンクの第一回戦に、連続試合出場を続けていた阪神タイガースの鳥谷敬選手がグランドに立つことはありませんでした。

この試合が0-1で阪神の敗北で終わった時、鳥谷選手の連続試合出場の記録も、歴代2位の公式戦1939試合で終わったのです(鳥谷選手は、2016年7月に連続全イニング出場が歴代4位の667試合で途切れた後も、連続試合出場は継続していました)。

鳥谷選手は「いつかは止まるものだし、いいときも悪いときも、けがをしたときも使ってくれた監督たちに感謝しています」(スポニチ, 2018年5月29日)とコメントし、冷静に受け入れているように感じました。本人でもないのに、勝手に決めつけてはいけませんが、誰よりも鳥谷選手は、点差の離れた試合での代打や守備固めでの記録更新を望んでいなかったと思うのです。

私は、この日、阪神タイガースの金本知憲監督が、現役時代、2011年4月15日に連続試合出場が終わったナゴヤドームの中日戦を思い出しました。

厳密には、金本選手は(1767試合目となるはずでありました)ナゴヤドームの中日戦に、「登場」していたのです。8回表2死一塁の場面で、金本選手はピンチヒッターとして打席に入ったのですが、1ボールの後、一塁走者の藤川俊介選手が二塁への盗塁に失敗してスリーアウトとなり、8回表の阪神の攻撃が終了してしまいました。

金本選手の打席は完了せず、また、その後の守備に就かず、そのまま交代したために、野球規則10・23「連続記録の規定」により連続出場とはならず、記録が途切れることになったのです。

それでも、翌日(4月16日)のスポーツ新聞には金本選手の(記録が止まって)「笑えたくらい」というコメントが載っています(日刊スポーツ, 2011年4月16日)。

そして、翌日(1768試合になるべきであった4月16日)の試合、金本選手は何もなかったかのように先発出場しました。2011年は結局、122試合に出るのです。

さて、鳥谷選手はどうでしょうか。

記録が途切れて、6月に入ってからは好調を維持しています。6月は10試合に出場して31打数で10安打、打率は323という活躍ぶりです。特にサードの守備に就いた時のはつらつとしたプレーは嬉しくなってきます。

いままでは継続が重要でした。鳥谷選手は、偉大な記録を残されましたが、これからは出続けることに拘らず別の形で夢を見させて頂きたいです。

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (34)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (139)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (233)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (14)
日本政治 (127)
日本社会 (305)
映画で観る世界と社会 (344)
欧州事情 (99)
留学生日記 (94)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
政治的アイデンティティと服の色
私が甲子園の最終戦を観に行かなかった理由
映画が社会の固定観念を変える: 映画『おくりびと』の社会的インパクト
2018年モンゴル訪問記(番外編): 余り物には福がある
2018年モンゴル訪問記(15): モンゴル版「国家改造計画」?
最新コメント
Thanks for sharing y...
Posted by Most Accurate Spirit Level In Australia
Thanks for sharing y...
Posted by Most Accurate Spirit Level In Australia
Thanks for sharing y...
Posted by Most Accurate Spirit Level In Australia
Thanks for sharing y...
Posted by Most Accurate Spirit Level In Australia
武蔵は春田に言います...
Posted by S
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草