QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年5月31日 23:54

大谷選手の二刀流は分業論を土台とする近代システムを揺るがす?

今月、野球界は、米国・大リーグのエンゼルスの大谷翔平選手の話題で盛り上がりました。

打者として今までの成績は、打率291、本塁打6本、投手としては4勝1敗で防御率3.18です(5月31日現在)。

毎日、スポーツニュースは今日の大谷選手から始まる程であり、大谷選手の活躍は国民的なニュースとなっています。

野茂選手から、イチロー選手、松井選手等、今までも沢山の日本人プレーヤーが海を渡り、大リーグで活躍しました。しかし、何といっても大谷選手が「二刀流」であることが日米の人々に大きなインパクトを与えています。

日本ハム時代から見慣れている日本人よりも、むしろ、この二刀流は米国人を驚かすことになっていることでしょう。

スポーツライターの相沢光一氏は、「大谷がもし栗山監督の下を経ずメジャーに行っていたら」というコラムの中で、2012年のドラフトの際、大谷は高卒から直接メジャーへの挑戦を表明しており、メジャー側も数チームが面談し、入団契約の確約を得ていたと振り返ります(Diamond Online, 5月15日)。

そんな中、日本ハムが強硬に指名しました。大谷選手は指名に困惑していたのですが、日本ハムの栗山英樹監督が「二刀流の選手としてしっかり育てたうえで、こころよくメジャーに送り出す」と確約して獲得に繋げます。

その後の日本での活躍は周知の通りですが、相沢氏は、もし大谷選手が日本ハムに入らず大リーグに直接行っていたらという仮定をすれば、おそらく即一軍ではなく、下部組織の1A→2A→3Aを経験させられてしまうだろうとします。そして、投手か打者かのどちらかを選択させられ、もし、投手となったとして、6年後の現在、20勝する投手になっている可能性があるとします。しかしながら、二刀流になっていることはあり得ないと主張されます。

おそらく、この仮定に多くの方は同意することでしょう。

そうしますと、分業論に則った米国の育成システムの中では、二刀流の大谷選手は誕生しないということになります。

こんなに夢のある選手を生み出せないとすれば、アメリカンドリームを体現する大リーグに制度的な欠陥があることになります。

日米にかかわらず投手は投手で、野手は野手で育成方法が違うでしょう。野手と言っても、捕手と外野ではまた育成方法が大きく異なるでしょう。近代野球というスポーツも、プロになれば細かい分業化が進んでいるのです。

考えてみれば、野球だけではないのかもしれません。芸術の世界も、学問も、企業も、基本は分業化を土台としています。

しかしながら、芸術の世界で(絵画も彫刻も学問もできる)ミケランジェロやレオナルド・ダ・ヴィンチのような天才が、このシステムでは潰れてしまうのです。

大谷ショックは、野球のみならず分業論によって成り立つ(近代)システム全体に影響を及ぼすかもしれません。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (34)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (139)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (234)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (14)
日本政治 (127)
日本社会 (305)
映画で観る世界と社会 (344)
欧州事情 (99)
留学生日記 (94)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
「改革者」は、なぜ「独裁者」になってしまったのか?
政治的アイデンティティと服の色
私が甲子園の最終戦を観に行かなかった理由
映画が社会の固定観念を変える: 映画『おくりびと』の社会的インパクト
2018年モンゴル訪問記(番外編): 余り物には福がある
最新コメント
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草