QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年5月23日 11:40

ウォシュレット:「トイレ革命」は世界に起こるのか?

前回(5月22日付)、当ブログで記しました通り、タイのバンコクに2泊3日で行ってきました。

ホテルの予約サイトでバンコクの市内の5つ星ホテルが1泊約1万円で特別オファーをしており、そちらに宿泊することになりました。

しかしながら、トイレが日本製ではありませんでした。ウォシュレットがなく残念に思いました。良いホテルなのに、良いホテルだからこそ残念なのです。

昨年末に中国の広州に学会で訪れた際も、トイレ問題がありました(当ブログ, 2017年12月27日付)。

こちらはウォシュレットどころか、トイレにトイレットペーパーがないのです。GDP世界第二の経済大国になった中国で、しかも先進地域の広東省なのに公共トイレに紙がありません(これについては、中国出身の同僚からティッシュを持ち歩くのが社会習慣となっており、経済発展とは無関係という意見を頂いていますが)。

「紙なし社会論」は別として、私は、ヨーロッパを行き来する生活をしており、欧州各国の公共トイレを利用することが少なくないのですが、ウォシュレットがあるところは殆どありません。

そもそも、ウォシュレットというのはTOTO社のブランドです。2015 年 7 月の段階で同社だけで国内外合わせて累計出荷台数が 4000 万台を突破しています(「ウォシュレット※累計出荷台数4000万台突破」TOTO, 2015年9月1日)。そして、日本におけるウォシュレット型の温水洗浄便座の一般世帯普及率は、何と77.5%(2015 年3 月、内閣府調べ)となっているのです。

中国の一部や欧米でもウォシュレットは徐々に広がっているようですが、これ程、日本で一般化しながら海外とのギャップはありそうです。

しかしながら、外国人が文化的にウォシュレットを受け入れないという訳でもなさそうです。米国の歌手マドンナさんが2005年に来日した時、「日本の温かいトイレシートが恋しかった」と言葉を残していったように(Excite Bit, 2005年12月16日)、日本のトイレの国際競争力はありそうです。

それでも、欧米でウォシュレットが広がらない一つの理由として、トイレとバスタブ(風呂)が一緒になっているため、電源が取れないという構造上の問題も指摘されています。いわば、お風呂にトイレがあるような形のため、日本のように便器の隣にコンセントがないのです。

つまり、家の建築構造を変えない限り、ウォシュレットは欧米社会では広がっていかないことになります。これをどう打破するのか、TOTOさんなどのメーカーは、日々、研究を続けておられると思われますが、ホテル等から攻めて、マドンナのようなトイレ「ファン」を増やしていくしかないのかもしれません。

自分が、トイレ・(和式主義者ではないので)モダン・ナショナリストであることを気付かされた旅になりました。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (14)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (132)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (233)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (14)
日本政治 (124)
日本社会 (296)
映画で観る世界と社会 (326)
欧州事情 (98)
留学生日記 (74)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
壁の崩壊から見えたこと: 分からなければ手を抜くのか?
VAR:全てが可視化され、スポーツは変わる
ばかばかしさの中に生きる意味を見出す: 映画『世界中がアイ・ラヴ・ユー』に示されるアレン哲学
「譲歩」「敗北」であったとしても問題視しない2人とは?
グローバル化する地震体験
最新コメント
Wonderful blog! I fo...
Posted by dents located
Aѕking questions ar...
Posted by Folder Lock For Windows By Newsoftwares.Net
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草