QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年4月30日 23:37

なぜ、私たちは松坂投手を応援してしまうのか?

今シーズン、中日ドラゴンズに移籍した松坂大輔投手が、30日のDeNA戦で6回までを3打点1失点に抑えて、勝利投手となりました。大リーグ・メッツ時代の2014年6月10日のブルワーズ戦以来、4年ぶりの勝利であり、2015年に日本球界に復帰してからの初勝利です。

この勝利に中日ファンは当然喜んでいます。しかし、中日ファンばかりではなく、他球団のファンも喜んでいるのです。

私自身は、阪神タイガースファンなのですが、正直、松坂投手に頑張って欲しいという気持ちがあります。

そして、どうやらそれは、私だけではないようです。

4月19日、「中日VS阪神」の5回戦では、松坂投手が先発して7回を投げ切りました。7回の表の阪神の攻撃中、2アウト1,2塁で松坂投手は足がつったような仕草を見せると、中日の朝倉投手コーチが駆けようとしますが、松坂投手はそれを制止し、続投を主張します。

その瞬間、中日ファンのみならず、阪神ファンからも、自然発生の拍手と歓声が沸き起こり、球場全体から「がんばれ」「負けるな」という声援が松坂投手に投げかけられたのです(小西斗真「その瞬間、竜も虎も1つになった。「松坂の22球」が起こした奇跡とは。」Number Web, 4月26日)。

その段階で、阪神が2-1でリードしており、阪神ファンにも余裕があったことは確かですが、それでも、普通はあり得ないことです。

それでは、なぜ、皆、松坂投手が投げるのを見たいのでしょうか。なぜ、他球団のファンでさえ(限定性の中で)松坂投手を応援するのでしょうか。

その理由を、小西斗真氏は平成の怪物・松坂投手が実は無理をして勝ってきた事実があり、そして松坂世代の人々がサラリーマンとして靴底を擦り減らし、手当ももらえぬ残業で「無理をする」自分に重ねているのではないかと指摘しています(「なぜ人々は松坂大輔を見に行くのか。別格の"引力"には理由がある。」Number Web, 2月16日)。

私は、もちろん、そのような世代の支持はあると思います。しかしながら、松坂投手は、世代を越えて支持されているのです。それはどのように考えるべきでしょうか。

私は、まず、松坂投手は「松坂世代」の本家として、世代を超越し、プロ野球を代表する存在になっているからであると思います。

2018年に入ってから1月に中日、阪神、楽天で監督を務めた星野仙一氏が亡くなり、また最近、連続試合出場において日本記録保持者であった衣笠祥雄氏が亡くなりました。

どんなに活躍したプロ野球選手も、いつかは引退し、この世を去っていきます。

それは当たり前ですが、野球を観ている時、特に球場では、野球が一つのボールを巡る激しい闘いであるにもかかわらず、なぜか日常の中で時間を止めたいと思うような感覚があるのです。

言い方を変えれば、ずっと野球が続いて欲しいような気持ちです(もちろん、阪神が勝ちながらが、ベストですが)。

しかし、星野監督や衣笠氏の死去は、球界を代表するような選手や監督も、「非日常」の存在ではないことを突き付けてきます。

時間は容赦なく過ぎ去ります。野球界も例外ではないのです。それでも、やっぱり抵抗したい。

平成の怪物・松坂投手は、野球そのものを体現する存在であり、だから皆、彼に投げ続けて欲しいのではないでしょうか。剛速球が投げられるかどうか、コントロールが良いか悪いかとかそんなことはどうでもいいのでしょう。

松坂投手がKOされず、投げ続けているだけで「永遠性」を味わえるのです。しかし、それもいつか終わることを余儀なくされるのですが、それでも、野球ファンは今の「瞬間」が幸せなのです。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (22)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (138)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (233)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (14)
日本政治 (127)
日本社会 (305)
映画で観る世界と社会 (341)
欧州事情 (99)
留学生日記 (83)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
2018年モンゴル訪問記(5):「学校には、まず、水洗トイレが必要です。」
ラクダの親子を本当の親子にする馬頭琴の音色: 映画『ラクダの涙』が描く伝統と近代
2018年モンゴル訪問記(4): ラクダは食べものなのか?
2018年モンゴル訪問記(3): 馬乳酒、羊の解体、180度の星空
2018年モンゴル訪問記(2): 青空トイレを堪能する
最新コメント
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草