QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年3月 4日 04:40

1個400円のスイスのチョコを食べれば、スイスの何かが分かる

私は、縁があってよくスイスに行くのですが、このブログの私の担当をして下さっているSさん(QuonNet)が、「スイスと言えば、チョコですよね。スイスのチョコといえば、『レダラッハ』(Läderach)ですね」とメールで書かれてきました。

「レダラッハ」は、1962年、スイス東部のエネンダという村で生まれたチョコレートです。トリュフやバラエティに富んだフレッシュチョコレート(板チョコ)が有名で、今ではスイス国内のみならず、銀座三越にまで進出しています。

気になるお値段は、銀座三越ではフレッシュチョコレートが「100グラムあたり本体価格 1,800円(税込1,944円)」と表示されています(http://www.kataoka.com/laderach/lineup/)。

スイスでは、450グラムで33.75スイスフラン(約3,800円)ですので、日本では2倍以上に跳ね上がっていることになります。高いです。でも、そもそも高い「生もの」を空輸していますから、仕方がない値段かもしれません。

「レダラッハ」は、日本でいえば、地方の発祥の高級和菓子店の高級お煎餅という感じでしょうか。「レダラッハ」が、スイスを代表するチョコ店なのかを検証することができませんが、代表する一つであることに疑いはないように思えます。

当ブログ2016年2月14日付で言及しましたが、私はかつて、私が勤務する大学の職員から、スイスに行ったら「シュプリュングリ」(Sprüngli)のチョコを是非、買ってきて欲しいと言われました。

「シュプリュングリ」は1836年創業で、「ヨーロッパにおける最も著名なチョコ専門店のひとつ」(Cool Swissスイス観光情報)とされています。

代表的な24個(285 g)の缶入りの「Sprüngli House Tin」は43スイスフラン(約4900円)。1g=17.2円。1個=204円で、こちらも負けずに高級です。もし、空輸すれば、「レダラッハ」同様の値段設定になってしまうでしょう(以下、写真は、同社HPから)。

spruengli-haus-dose-gross_5.png

実のところ、私がかつて住んでいたところは、スイスのフランス語圏のジュネーブであり、上記の2社はドイツ語圏の高級チョコでして(ジュネーブでも購入できますが)、ジュネーブを代表するチョコとは言えません。

ジュネーブで(特に日本人の間で)有名なのは、「ステットラー」(Stettler)です。雅子様が皇太子殿下にプレゼントしたことで知られる同店は、「ジュネーブの石畳」と名付けられているチョコ(以下、写真は同社HPから)が代名詞となっています。こちらは日本では1粒400円程で空輸販売されています。


欧州でチョコといえば、ベルギーかスイスですが、ベルギーチョコといえば、「ゴディバ」(Godiva)という圧倒的なジャイアンツがいる一方、スイスのチョコ界は王様がいません。

雅子様チョコとして知られる「ステットラー」も、「ゴディバ」が大企業ならば、家内制手工業的な中小企業なのです。その小さな会社が、極めて付加価値の高く、競争力のある芸術品のようなチョコを世界に送り出しているのです。

1個400円。時計産業も同様ですが、スイスの中小企業の力強さを見せつけられます。

「スイス・チョコを食べれば、スイスの何かが分かる」と言えば、言い過ぎでしょうか。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (34)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (139)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (234)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (14)
日本政治 (127)
日本社会 (305)
映画で観る世界と社会 (344)
欧州事情 (99)
留学生日記 (94)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
「改革者」は、なぜ「独裁者」になってしまったのか?
政治的アイデンティティと服の色
私が甲子園の最終戦を観に行かなかった理由
映画が社会の固定観念を変える: 映画『おくりびと』の社会的インパクト
2018年モンゴル訪問記(番外編): 余り物には福がある
最新コメント
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草