QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年2月21日

2018年2月21日 23:38

小平奈緒選手と李相花選手の友情: クロスするアイデンティティ

平昌五輪、スピードスケート女子500メートル(2月18日)にて、小平奈緒選手が36秒94で金メダルを獲得しました。

小平選手は、自分の五輪新記録に沸き立つ観客席に向け人さし指を口に当てて見せ、次の組で滑る李相花選手らへ配慮したこと、また金メダル獲得後、ライバルで五輪2連覇中だった李相花(韓国)選手に駆け寄り、2人でウィニングランをしたことが、日本、韓国両国において絶賛されています。

その理由を小平選手は、過去のレースで、小平選手が上手く滑ることができずに、小平選手が滑走後のクーリングダウンで泣いていると、李選手が近寄ってきて、一緒に泣いてくれたことがあったからと説明しています(朝日Digital, 2月19日)。

小平選手と李選手は、一緒に記者会見に臨みましたが、小平選手が初めて李選手に勝った2014年11月、敵地ソウルで開かれたワールドカップの後、急いで空港に向かう小平選手のために、李選手がタクシーを手配し、料金まで払ってくれたことがあり、小平選手は「悔しいはずなのに助けてくれた。人としても選手としても尊敬できる」と語っています(産経ニュース,2月19日)。

この素晴らしい話を聞いて、私は、浅田真央選手とキム・ヨナ選手の関係を思い出しました。

ソチ五輪の際、浅田真央選手の成績が振るわなかったことについて、キム・ヨナ選手は「浅田は日本で、私は韓国で最も注目を浴びたフィギュア選手という共通点がある。その選手の心情を私も理解できると思う。浅田が泣きそうなときは、私もこみ上げてくる」(聯合ニュース、2014年2月21日)と語っています。

当ブログ2014年3月 2日付でも記しましたが、定期的に世界各地で闘っている一流のスポーツ選手たちは、国境を越えた友情があるほうが自然であるでしょう。むしろ、友情というよりも競技者としてのアイデンティティかもしれません。

五輪は、超一流アスリートの祭典です。彼らだけしか分からないアイデンティティを共有しながら国対抗で戦っているのです。

トロント大学のリチャード・フロリダ教授は世界にはクリエイティブな職業に就いている1億から1億5千万人が「クリエイティブ・クラス」を形成していると主張しています(『クリエイティブ資本論―新たな経済階級の台頭』,ダイヤモンド社, 2008年)。

言い換えれば、同じ一流アスリートの「クラス」の仲間が、国を背負って戦う4年に1度の祭典が、五輪なのかもしれません。

いずれにしましても、アイデンティティがクロスする瞬間は、見応えがあります。
プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (21)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (138)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (233)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (14)
日本政治 (127)
日本社会 (305)
映画で観る世界と社会 (340)
欧州事情 (99)
留学生日記 (82)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年03月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
2018年モンゴル訪問記(4): ラクダは食べものなのか?
2018年モンゴル訪問記(3): 馬乳酒、羊の解体、180度の星空
2018年モンゴル訪問記(2): 青空トイレを堪能する
2018年モンゴル訪問記(1): ゴビ砂漠を「2回」渡り、暖房を付けて寝たモンゴルの夏の夜
オマージュがオリジナルの良さを確認させる: 映画『みんな元気』の日米比較
最新コメント
This is my first tim...
Posted by America’s leading Corporate Advisory Firm
If y†u would like t...
Posted by How To Encrypt Folders On A Cd
If y†u would like t...
Posted by How To Encrypt Folders On A Cd
If y†u would like t...
Posted by How To Encrypt Folders On A Cd
If y†u would like t...
Posted by How To Encrypt Folders On A Cd
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草