QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年2月 4日 23:15

なぜ、中国では医学部が人気がないのか?

社会学者は経済が発展すれば、諸社会は、それぞれ異なる文化を基としても次第に類似していく(同様になる)という収斂理論を支持する傾向があります。しかしながら、現実はそう簡単にはいかないようです。

中国では大学で医学を学ぶことは必ずしもエリート証ではないとされます( "China's doctors not part of society's elite", Financial Times, October 6, 2013)。

例えば、2016年の中国の大学入試で、各省の文系と理系それぞれ1位の人の誰もが医学部を志願しなかったとされています(如何评价人民日报发表微博《36 名高考状元竟无一人选择学医》?)。中国では医学部が滑り止めとされ、第一希望の学部に合格せず、医学部に入るというケースもあるそうです(中国網日本語版, 2013年10月8日)。

通常、先進国で医学部は大学でも最難関であり、医師はなりたい職業のトップを争うものです(それが正しいかどうかは別として、ほぼ共通現象でしょう)。

それでは、なぜ中国では医学部が人気がないのか。一つには、医師の収入が高くない、更に社会的地位が相対的に低いということがあるそうです(同上)。収入に関しては、中国において医師の初任給は、大学卒の平均初任給を下回っており、医師になるのが大変な割にはリターンが少ないのです。

更に中国では「治療が悪かった」として、患者の家族が担当医を激しく非難するケースが多く、医師に暴力を振ることさえあり、医師が過度のストレスを感じていることも挙げられています(Searchina, 2016年2月21日)。

私はこのニュースを読んで、英国に留学していた頃の医療サービスの二極化の問題を思い出しました。英国の公共の医療サービス(National Health Service=NHS)は基本無料です。しかし、私立の病院(プライベート医療サービス)もあり、そこは高額な診療費がかかります。

どちらの医者になれば儲かるのかといえば当然、「プライベート」であり、優秀な医者も「プライベート」に流れることが指摘されていました。しかしながら、NHSのお蔭で、お金がない人も、無料で医療が受けられるのも事実です。

中国の場合、この英国の「プライベート医療サービス」がないと考えると分かり易いと思います。全てがNHS型になってしまえば、医学部の人気は残念ながら落ちることでしょう。

そして、中国人富裕層の「プライベート」の役割を担っているのが日本などの外国の医療機関ということになります。実際、私が教える中国からの留学生の中には、親が病気になると日本に呼び寄せて治療を受けさせる人が結構います。

教育についても優秀な中国人留学生は海外の大学の医学部に学ぶこともあるのでしょう(卒業後、帰国する人が少ないことは想像に難くないです)。

今後、中国の医学界や医学部はどうなっていくのでしょうか。日本等の先進国に「プライベート」部門を任せ続けるのでしょうか。

私は遅かれ早かれ、中国の医療も「プライベート」化が進み、「収斂」されていくのではないかと考えます。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (8)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (124)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (232)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (14)
日本政治 (124)
日本社会 (289)
映画で観る世界と社会 (314)
欧州事情 (97)
留学生日記 (74)
英国 (98)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年03月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
観光地はお姫様の物語を求めている?: 映画『ローマの休日』で再プロデュースされたローマ
レスリング女子におけるパワハラ問題を考える
男女(は別)論はどこまで当てはまるのか? : 映画『恋と愛の測り方』の様々な測り方
日本も大学・大学院のパートタイム化を促進すべきなのでは
早稲田大学オープンカレッジを修了されたSさんへ
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草