QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年1月31日 00:42

肌の色を越えながら、現実味に欠けるのはなぜか?: 映画『最強のふたり』における反転するステレオタイプの弱点

感動する映画なのに、何か違和感が残るケースがあります。

映画『最強のふたり』(原題 Intouchables)
制作国 フランス
制作年 2011年
監督 エリック・トレダノ, オリヴィエ・ナカシュ
出演 フランソワ・クリュゼ, オマール・シー

あらすじ
【フランス、パリ。事故で全身麻痺になってしまった大富豪のフィリップは、金目当てや同情して近付いてくる人物に辟易しており、なかなか良い介護者を見つけられない。そんな中、フィリップは、生活保護の申請に必要な(職探しの形跡としての)不採用通知を得るためだけにやってきた黒人のドリスを採用することにする。貧困地域に育ったドリスは、服役歴もあり、フィリップの友人たちはいかがわしい顔をするが、良くも悪くも「普通」に接してくれるドリスにフィリップは友情を抱くようになる。】

制作国フランスのみならず、世界中でヒットした作品ですが、賛否両論です。

肯定する人たちは、最下層出身の移民系黒人のドリスと、全身麻痺の白人の大富豪のフィリップの正反対の境遇の二人が、友情を温めていくプロセスを評価します。

しかしながら、金持ちのクラシック音楽好きの白人と、貧しいけどとても陽気な黒人という描かれ方が、(プラスであっても)ステレオタイプ過ぎると否定する声もあります(「大ヒット・フランス映画『最強の二人』の背景に人種差別 ? アフリカ系フランス人の感想「黒人差別すぎて大嫌い」」2013年4月4日)。

私も、やや後者に近い観方でした。

まず、この作品は実話なのですが、オリジナルの人物は、黒人ではなく、アルジェリア系(移民系)のイスラム教徒の若者なのです。なぜ、実話がベースなのに、黒人のドリスという役を作らなくてはいけなかったのでしょうか。むしろ、映画もストレートにアルジェリア系のフランス人で良かったのではないかと思えます。

次に、私は観方を変えて、金持ちの非白人と貧しい白人の友情では物語が成り立たないのかどうかを、考えてみたくなりました。

実話の金持ちの全身麻痺の白人男性は、ほぼその通りなのでそれはそれで悪くないのですが、どうもひっかかります(当ブログ2014年2月 9日付で、「映画『箱入り息子の恋』の予定調和性」というタイトルで、同作品の「優しいけどダメ男」と「美しいけど盲目女性」の恋愛という設定を、ステレオタイプとして捉えました。特に、「美しいけど盲目女性」に違和感を覚えたのです)。

最後に、本作品はステレオタイプであっても、富裕層の白人も、貧困層の黒人も逆説的に描かれています。白人でも黒人に理解があり、黒人でも白人と友情を育むことができる。しかし、同時に、『最強のふたり』のような階層や肌の色を越えた友情が、日常において、かなり「非現実的」であることも確かです。

つまり、黒人や白人の負のイメージを反転させ、あり得ないストーリー展開を見せることで感動に繋げているのです。

しかし、感動はするのですが、何となくですが、結局、(実話なのに)映画だからと、思わせてしまうところがどこかにあります。映画的リアリティ(現実味)が欠如しているように感じるのです。

だったら、反対に金持ちの移民系と貧しい白人の友情という「あり得ない」設定から、微かなリアリティを見出すストーリーであってもいいような気がします。

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (12)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (127)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (232)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (14)
日本政治 (124)
日本社会 (291)
映画で観る世界と社会 (319)
欧州事情 (98)
留学生日記 (74)
英国 (99)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新記事
ウォシュレット:「トイレ革命」は世界に起こるのか?
エアアジア(バンコク線)を利用して
マージナル化を恐れるな: 映画『ヒックとドラゴン』におけるバイキングとドラゴンとの友情
様々な境界線(ボーダー)を越えたヘンリー王子の結婚
人を好きになることにストレート/非ストレートは無関係?: ドラマ『おっさんずラブ』が問う恋愛観
最新コメント
Thanks for finally w...
Posted by situs judi online
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草