QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2018年1月 8日 01:13

学会は、研究者が自由意思で発表するもの

先日、中国での国際シンポジウムに参加したことは、ご報告しました(当ブログ2017年12月25日付)。

その国際シンポジウムは、学会形式で、共通論題の他に8つの分科会が開催され、私はその一つの座長を務めさせて頂くことになりました。

私が担当した分科会は11人の発表が予定されていましたが、何と3人の中国人研究者が当日現れず、8人のみで発表が行われました。そして、座長の私がだらしないこともあり、1人の発表が数分ずつオーバーして進んだのですが(皆様、素晴らしい発表をして頂きました)、結果として不思議なことに予定された時刻に終わりました。

後に、他の分科会の状況を伺ったのですが、やはり1人、2人が来られないケースがあったそうです。しかし、どこも欠席者を計算していたかのように、予定通りに終わったそうです。

その国際シンポジウムの名誉のために申し上げれば、参加されておられた中国の研究者に伺ったところ、中国で開催される学会では、発表者が「お休み」になられることが、少なからず見られるそうで、今回が特別な状況ではないそうです(このシンポジウムに関しても、殆ど全ての発表者は参加されておられますので、その点は誤解されないでください)。

帰国後、私は、日本の経営系の学会の会長をされたある先生に、年末のご挨拶をする機会がありました。その際、私は中国での国際シンポジウムの成果を報告することになり、その流れで「こちらは日本から足を運んでいるのに、中国の研究者が来られないのはどうしてなのか」と、その先生に愚痴ってしまいました。

すると、私よりも二回りも年上のその先生から「そんなことで、怒ってはいけません」、「あなたはいい経験をしたんですよ」と逆に、私が窘められてしまいました。

「どうしてですか?」と私がお伺いすると、先生は「中国は広しい、日本から来るよりも不便なところもあるだろうしね」、「しかしですね。それでも、本当に発表したい内容があるならば、這ってでも来ますよ」、「結果的に、素晴らしい発表だけ、聞けたってことですよ」と諭されたのです。

考えてみますと、そもそも、学会とは英語でAssociationの翻訳であることが多く(Society for ○○の場合もありますが)。Associationとは、研究者の自由意思の「結社」を意味します。そして学会発表とは、研究者が自由意思で集い、自らの研究を発表するのが本来の姿ではあります。

そういう意味では、中国の学会にある(エントリーしながら来ないことを100%納得した訳ではありませんが)来たくなければ来なくても良いという大きな心構えは、結構、学会の原点であるようにも思えてきました。

何よりも、中国での経験と、日本で私がお世話になっている経営学者(上記の先生)との会話によって、学会とは「自分の研究成果を聞いて欲しい」という強い気持ちで臨むという基本を、改めて認識することになりました。

まずは、皆さんに聞いて頂けるような研究をしなければいけませんが。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (3)
カンボジア (27)
スイス (26)
スポーツと社会 (117)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (230)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (14)
日本政治 (124)
日本社会 (279)
映画で観る世界と社会 (299)
欧州事情 (96)
留学生日記 (71)
英国 (98)

ページトップへ

カレンダー
<< 2018年01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
「絶対悪」と闘うための「絶対善」: 映画『マイネーム・イズ・ハーン』が描く英雄
NHK紅白歌合戦は、そのマンネリ性を維持するためにプチ変化している
スコットランドとバルセロナと「アヴェ・マリア」
窓からの「まなざし」から観客の「まなざし」へ: 映画『裏窓』における「日常」の観察
学会は、研究者が自由意思で発表するもの
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草