QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2017年12月 3日 00:51

ドラマ『カルテット』に思う(2): 白黒付けない「疑似家族」の一員として精一杯、今を生きること

前回、ドラマ『カルテット』について、「こぼれる」というキーワードで考えてみました。今回は、白黒付けない「グレーな結末」という観点から見てきたいと思います。

ドラマ『カルテット』
制作国 日本
制作年 2017年
脚本 坂元裕二
出演 松たか子, 満島ひかり, 高橋一生, 松田龍平

あらすじ
【ある日、カラオケボックスで、30代のアマチュア弦楽器演奏家・男女4人が「運命的」に出会う。専業主婦のヴァイオリニスト巻真紀、祖父が有名な音楽家ながらサラリーマンをしているヴァイオリニスト・別府司、街中で演奏して小銭を稼ぐチェリストの世吹すずめ、フリーターでバツイチのヴィオラ演奏者・家森諭高の4人は、弦楽四重奏のカルテット「ドーナツホール」を結成する。彼らは、別府の祖父が所有する軽井沢の別荘に住み込み、4人で共同生活をしながら、どこでも演奏に出かけることになる。縁があって、レストラン「ノクターン」と契約し、専属に近い形となりながら、より大きな夢を抱き、ミステリアスな問題に直面しながら面白可笑しく暮らしている。】

高い評価を受けた本作に関しては、多くの評論がありますが、佐藤結衣「『カルテット』最終話で真紀が"こぼした"ものとは? どこまでもグレーな結末を読む」(Real Sound, 2017年3月23日)が一番しっくりきました。

「白黒つけたがるときは、往々にして相手を糾弾したいときだ。味方でいる分には、白でも黒でもそばにいることには変わらない。内緒にしたい秘密があっても「信じてほしい」と言われたら信じる、それだけだ。」(同上)

「だから、カルテットドーナツホールの4人は、おたがいの秘密を探らない。きっと気持ちと同様に、秘密はときどきこぼれてしまうものだ。仮に、その片鱗が見えたとしても「いいよ、いいよ」と隠すのを手伝うほど、圧倒的な味方。」(同上)

上記の通り、このドラマの人間関係が劇的に変化することはありません。4人の恋愛感情はいずれも成就せずに、カルテットの「夢」である音楽での実力を持っての成功も、ありません。真紀が、悪いことをしたのかどうかも分かりません。グレーなのです。

それは、佐藤氏が指摘するように、4人が互いに「信じる」故、絶対的な味方になったからなのでしょう。

このような白黒付けないグレーで曖昧な人間関係は、非常に「日本的」であるようにも感じます。和を重んじるならば、それでもいいのですが、違和感もあります。

実は、欧米人(欧米先進国人)のように、白黒付けても味方になることはできるのです。言い換えれば、愛する者のマイナス部分(黒)をも包み込むことは可能なのです。

むしろ、家族ならば、マイナス部分を直視したいと思うのではないでしょうか。そうすると、カルテットの4人は「疑似家族」故に、グレーに包み込んでいくのではないでしょうか。そして、それは、「甘えの構造」的な匂いがしないとも言えません(もちろん、彼らも分かっているので、第10話で、厳しい社会からの批判を、ある人からのカルテットへの手紙という形で表現しています)。

それがいけないとも思いません。

【例えば、2015年1月、パリで風刺新聞社「シャルリー・エブド」を移民系2世のホームグローンテロリストが襲撃したシャルリー・エブド襲撃事件の後、フランスが「私がシェルリー」とプレートを掲げて白黒を付けたような現象に、私自身、非常に違和感がありました。】

白黒付けて、「黒」を自分たちの社会(もし、社会が、拡大した「疑似家族」であるならば)に受け入れられないならば、白黒付けないほうがいいかもしれないのです。

いずれにしても、カルテットは白黒付けない「疑似家族」として存在していきます。彼らの未来がどうなるかは分かりません。

それを考える必要があるのかどうかといえば、ないのでしょう。真紀が「死ぬなら今かなってくらい、今が好きです」と語るように、このドラマは、「今」を「いかに生きるか」がテーマなのですから。

白黒を付けずに、精一杯、今を生きる。それだけで、十分なメッセージです。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (26)
スポーツと社会 (116)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (228)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (13)
日本政治 (124)
日本社会 (271)
映画で観る世界と社会 (294)
欧州事情 (94)
留学生日記 (70)
英国 (96)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
パートナーは匂いで見つけるべきなのか? (3)
パートナーは匂いで見つけるべきなのか? (2)
パートナーは匂いで見つけるべきなのか? (1)
ドラマ『カルテット』に思う(2): 白黒付けない「疑似家族」の一員として精一杯、今を生きること
ドラマ『カルテット』に思う(1):「こぼれる」瞬間を掴むこと
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草