QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2017年12月 1日 09:22

日本人のサービスとは?:「神様」に仕え、「神様」になること

かつて衣服の販売店でアルバイトをしていた中国からの女子留学生が、「日本人って時々、分からないところがあります」というのです。

当ブログでは何度となく言及していますが、私は、留学生が多い大学に勤務しており、このような話題に事欠かないのですが、今回は非常に興味深く耳を傾けました。

彼女が言うには、勤務前後に私服で自分が店に出入りする際、日本人のお客さんと間違ってぶつかったりすると、お客さんはとても丁寧に「すみません」と謝ってくれるそうです。

しかしながら、一旦、彼女が店の中に入り、「バッジ」(社員証)をしてしまうと、お客さんが間違ってぶつかった時も、お客さん側が謝ることは滅多になく、一方的に社員として謝罪しなければいけないというのです。

彼女は、「仕事中でも仕事外でも私は、同じ人間なのに何か変です」と語っていました。

私は、彼女の言っていることは非常に分かります。ただ、日本のサービス業には(良いお店程)「お客様は神様です」という鉄則があり、お店では、お客は「神様」のような存在として認識されます。そして、それは従業員が、お客様=「神様」に仕えることを意味します。

「おもてなし」という観点から申し上げれば、このサービス精神が日本の「強さ」でもあります。外国人観光客は、概して日本のサービスの素晴らしさに感動して、帰国していきます。

しかし、労働条件として考えれば、非常に厳しいと言わざるを得ません。日本人は、日々、労働者(アルバイトも含め)としてはお客さん(「神様」)に仕え、同時に消費者(「神様」)としては仕えられる存在なのです。

問題は、この「是非」が、コインの「裏表」になっていることです。日本のサービス業の強さ、素晴らしさの裏側が、働く人への厳しい接客ルールとなっているのです。どちらかだけを、褒めたり、批判しても意味がありません。労働慣習を否定してしまえば、「おもてなし」の美学もなくなってしまうのです。

逆に、欧米社会は、一般にサービス業の接客態度は良くなく、閉口することが少なくありません。しかし、働く側がお客に仕える必要もないのです。そこでは、客としても労働者としても、良くも悪くも「人間」であり、「神」の存在はないのです。

それぞれ、日本型のサービスも、欧米型のサービスも一長一短なのですが、残念なことに人は生活環境を選択することができません。日本にいれば日本社会、ヨーロッパにいればヨーロッパ社会の中で生きていかなければいけないのです。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (26)
スポーツと社会 (116)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (228)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (13)
日本政治 (124)
日本社会 (271)
映画で観る世界と社会 (294)
欧州事情 (94)
留学生日記 (70)
英国 (96)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
パートナーは匂いで見つけるべきなのか? (3)
パートナーは匂いで見つけるべきなのか? (2)
パートナーは匂いで見つけるべきなのか? (1)
ドラマ『カルテット』に思う(2): 白黒付けない「疑似家族」の一員として精一杯、今を生きること
ドラマ『カルテット』に思う(1):「こぼれる」瞬間を掴むこと
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草