QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2017年11月 5日 17:36

日本男子は、気持ちを言葉にしない!?

私が勤務する大学に学ぶ中国人の留学生が、「日本人の男性は変です」と言ってきました。

彼女の知人の中国人女性と日本人男性の3組のカップル(学生、独身同士)がいて、共に日本人男性から言葉が足りないことを不満に思っているというのです。

中国では恋人同士は、毎日、「愛している」とか「大好きだよ」とか、SNSでやり取りするのが普通だそうですが、日本人の「彼」はあまり、気持ちを言葉(文字)にしないというのです。

私は、第一に、若者が恋愛を避ける傾向がある今日、外国人女性と(というか女性と)、お付き合いしているだけで十分立派だと思うのですが、それでも、言葉が足りないという「伝統的?」な日本男子の系譜に今の若者(少なくとも何人か)がいることにも興味を抱きました。

まず、私は、言葉は補完的なものに過ぎないと認識します。

毎日、会っているカップルが、毎日、「好きだよ」「愛している」と書いて、愛を確認する必要はないのではないでしょうか(もちろん、そうしても問題はないのですが、そのことで日本男子が責められる必要は無いと感じます)。

ただ、何らかの理由があって、長距離恋愛をしており、週に1回、数週間に1回しか会えないならば、文字化することも求められるかもしれません。

ビートルズの「All My Loving」(1963年)という名曲は、離れている恋人に「僕は、君に手紙を毎日、毎日書くよ」と約束する(正確には、一方的に宣言する)曲です。離れているからこそ、文字化するのです。

【今なら、LineやFacebook, Skypeで気持ちの文字化も簡単ですし、会話することもできますから、もう、この曲も成立しないかもしれません。ただ、「All My Loving」のポールの歌声を聞いていると、手紙のほうが、距離が感じられて趣があります。】

反対に、一緒にいるなら、歯の浮くような(嘘臭い)言葉は要らないのではないでしょうか。時間を共有していることによって、互いの存在が甘い言葉よりも上回るような気がします。逆に遠距離ならば、言葉の嘘臭さを距離が消してくれ、「純粋さ」だけが伝わるのかもしれません。

そんなことを考えて、冒頭の3組カップルは遠距離恋愛なのですか?と尋ねたところ、「はい、そうです。国を跨いだ遠距離です」と答えが返ってきました。

それじゃ、あかん。日本男子。気持ち(All your loving) を言葉にして贈らなくちゃ。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (26)
スポーツと社会 (115)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (225)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (13)
日本政治 (124)
日本社会 (263)
映画で観る世界と社会 (291)
欧州事情 (93)
留学生日記 (70)
英国 (96)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
相席屋は社会の何を象徴しているのか?
傷付け合うことが不可避ならば、答えはこれしかない?: 映画『3月のライオン 前半』の疑似性の温かさ
どれ程、国が儲かっていても、格差がある限り政治は急進化する
甲子園で行われる試合は、多かれ少なかれ、自然から影響を受けることを前提としている
子供の頃の思い出も、大人になれば美化される: 映画『やかまし村の春・夏・秋・冬』におけるステレオタイプ
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草