QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2017年11月 4日

2017年11月 4日 17:19

君とお金のために結婚するのではない: 映画『静かなる男』における持参金というプライド

理想の「持参金」とは何かを考えさせられます。

『静かなる男』(原題 The Quiet Man)
制作国 米国
制作年 1952年
監督 ジョン・フォード
出演 ジョン・ウェイン, モーリン・オハラ

あらすじ
【1950年代のアイルランドの田舎村イニスフリー。その村で生まれ、米国で育った青年ショーンは、米国でボクサーをしていたが、引退し、村に帰ってくる。彼は自分の生家を金持ちの後家ティレーンから購入したが、その家を欲しがっていた隣接する地主レッド・ウィル・ダナハーの怒りを買ってしまう。そのような中、ショーンが一目ぼれした女性がレッドの妹メリー・ケイトであることが判明する。ジョーンは、意を決してメリー・ケイトとの交際と結婚を申し込むが、兄レッドに反対されてしまう。村人の協力があって2人は何とか結婚したが、レッドはメリー・ケイトの持参金を払わない。メリー・ケイトはショーンに力づくで、レッドと闘って欲しいが、レッドはボクシングの最後の試合で人を殺してしまい、以降、人を殴れなくなっていた。そんなことも知らないメリー・ケイトは、自分のために戦わないショーンを批判し、家をでる。】

米国を代表する俳優ジョン・ウェインと米国を代表する監督ジョン・フォードのコンビ作品です。2人はアイルランド系米国であり、アイルランドの田舎に帰る米国人ボクサーの物語を描きます。

この作品では、メリー・ケイトの結婚の際の「持参金」が需要な役割を担います。彼女は、ショーンと結婚するのですが、(家具と)「持参金」の支払いを兄が拒絶し、彼女自身も「結婚生活」を送れないと言い出します。

それに対し、米国育ちのショーンは、「君だけで十分だ」、「お金のために、君と結婚したいのではない」と彼の「米国的」価値観を語ります。

しかしながら、メリー・ケイトは、(家具と)「持参金」が自己の証明であり、自分と切り離すことができないと主張します。

そこには、自分にお金を付け足すようなネガティブさはなく、自分が自分の所有物を奪われているというような感覚なのです。

ネタバレですが、ショーンは「持参金」をレッドから奪い、その場で燃やしてしまいます。メリー・ケイトもそれを「勿体ない」と思わず、意気揚々と帰宅していくのです。

彼女にとって「持参金」とは、お金ではなくプライドであったことが分かります。それは、結婚するための不可欠な要素であり、一度、獲得すれば、燃やしてもいいのです。むしろ、兄がなかなかくれなかったことで、燃やしてしまったほうが、ジョーンやメリー・ケイトのプライドが満たされることにもなります。

「持参金」を燃やすことで、本当のプライドを持ち帰る姿に、(実際にアイルランド人がそのような選択をそうするかどうかは別として)米国人が想像する理想としてのアイルランド性があるのかもしれません。
プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (26)
スポーツと社会 (115)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (225)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (13)
日本政治 (124)
日本社会 (263)
映画で観る世界と社会 (291)
欧州事情 (93)
留学生日記 (70)
英国 (96)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
相席屋は社会の何を象徴しているのか?
傷付け合うことが不可避ならば、答えはこれしかない?: 映画『3月のライオン 前半』の疑似性の温かさ
どれ程、国が儲かっていても、格差がある限り政治は急進化する
甲子園で行われる試合は、多かれ少なかれ、自然から影響を受けることを前提としている
子供の頃の思い出も、大人になれば美化される: 映画『やかまし村の春・夏・秋・冬』におけるステレオタイプ
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草