QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2017年10月31日 20:25

北朝鮮に行っていなければ、北朝鮮を語れないのか?

私は、勤務校(大学)で「社会学」及び「国際関係論」を担当しており、早稲田大学エクステンションセンターでは「国際時事問題」や「映画からみるヨーロッパ社会」等を担当しています。

色々な国や地域の話をします。私は、ヨーロッパの4カ国に長期滞在し、旅行ではヨーロッパ各地に足を運びました。

しかし、それでも行ったことのない国や地域、街があります。会っていない人(々)がいます。

先日、北朝鮮の問題を取り上げたところ、ある留学生から「先生は、北朝鮮に行ったことがあるのですか?」と問われました(「行ったことがないのならば分からないだろう」というニュアンスでした)。

私は、北朝鮮に行ったことはありません。しかしながら、20代前半、ルーマニアという北朝鮮と共通性のある国家を滞在にし、短期間ながら研究対象にしていたことがあります。それ故に、想像力を働かせることはできます。

もちろん、ルーマニアと北朝鮮が同じではあるとは言いませんが、共通性があることも事実です。その共通性がある限り、何かを分析することはできるような気がするのです。

仮に、ルーマニアに行ったことがなかったとしても、それでも、何かを考えることはできると思います。

経験論については、当ブログ2012年3月 3日付でスイスを例に言及していますが(「経験主義を超えて(1):何年スイスに住んだらスイスを理解できるのか?」)、経験をしないと語れないという主張は、思考を失わせてしまうのです。

世界の人口は、約76億人(国連経済社会局)であり、それぞれの経験があります。会ってみなければ、人を語れないとすれば(私たちは一生の間、数千人かせいぜい数万人しか会いえないのですから)何も言えなくなってしまいます。しかし、私たちは自らの経験を持って、人の痛みや喜びを理解することができるのではないでしょうか。

国家についても、世界中の国に行くことはできません。行ったことないから、〇〇国は分からないと言い切ることはできるかもしれません。ただ、私は、人は経験を基に想像することが重要であると思うのです。

もちろん、私は経験を軽視するつもりはありません。行かなければ分からないことは、当然、あります。行ってもいないのに、決めつけてはいけないのです。

経験豊かな(北朝鮮等の)特定地域の専門家は、専門家の見地から社会的な発言をすることを求められるでしょう。

素人はプロではありません。だから、専門家の言葉は、敬意を持って拝聴しなければいけないでしょう。しかし、それでも自分の経験を基に、他国、他者を想像することは無意味ではないと考えます。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (26)
スポーツと社会 (115)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (225)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (13)
日本政治 (124)
日本社会 (263)
映画で観る世界と社会 (291)
欧州事情 (93)
留学生日記 (70)
英国 (96)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
相席屋は社会の何を象徴しているのか?
傷付け合うことが不可避ならば、答えはこれしかない?: 映画『3月のライオン 前半』の疑似性の温かさ
どれ程、国が儲かっていても、格差がある限り政治は急進化する
甲子園で行われる試合は、多かれ少なかれ、自然から影響を受けることを前提としている
子供の頃の思い出も、大人になれば美化される: 映画『やかまし村の春・夏・秋・冬』におけるステレオタイプ
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草