QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2017年9月

2017年9月30日 02:47

2017年 ネパール滞在記(11): 6,7日目 次、どこにいきましょうか?

神戸ユネスコ協会理事/日本経済大学ユネスコクラブ顧問として、9月1日~9月8日までネパールでボランティア活動に従事してきました。個人的には、ネパール地震後に訪問しており、2回目となりました。今回は、私1人ではなく、学生11名、神戸ユネスコ協会理事2名の合計13名の団体です。学生は日本に学ぶ留学生が中心となっており、国籍別としては日本(2名)、ネパール(4名)、ベトナム(3名)、中国(3名)、モンゴル(1名)の5カ国に跨る多国籍チームでした。

6日目。

最終日、それぞれの経路で日本に帰ります。私は往路同様、バンコク経由でした。中国の雲南省昆明経由が3便に分かれており、例によってバラバラです。

ただ、皆の気持ちは共通で、「帰りたくない」というもので一致していたのではないでしょうか。

ボランティアと言っても、実質、3日間です。目的であった避難訓練の説明もしくは実施ができた学校は、小学校、中・高校合わせて僅か6校です。

もちろん、毎日、楽しかったのですが、「もっとできたのではないか」、「もっとすべきだったのではないか」と考えてしまうのです。

私が神戸で指導するネパール人学生の4人は、後期が始まる月末までネパールに残り、それぞれの実家に帰りました。その1人のスマン君は、自分の母校にパンフレットを持って行き、避難訓練をしたそうです。

小さな試みですが、広がっていけばいいと思いました。

今回、避難訓練のネパール語パンフレットの作成には、約3週間、旅行の準備も1ヵ月と慌ただしいものでしたが、この企画は、短期間だったにもかかわらず、成功だったと信じたいです。

それは何よりも、日本で学ぶ4人のネパール人の学生の協力が大きいです。彼らは、ホテル少しでも問題があれば交渉し、車を準備し、食事をオーダーするなど、ロジスティクスを全て担当してくれました。お金がかかる際は、殆ど値引きすることができたのは、彼らの交渉力のお蔭です。

訪問した学校で、現地の学生が真剣に耳を傾けてくれたのは、彼らが通訳してくれたからであり、そして、彼らが自分の言葉で、日本の経験を語ったからです(彼らは、社会学で言うところの「マージナルマン」としてネパール人と神戸ユネスコ協会青年部・日本経済大学ユネスコクラブのアイデンティティを重ねながら頑張ってくれたのです)。

そこには、バイトで疲れて眠そうにしている大学の教室で観る彼らとは別人のような、頼りがいのある国際人がいました。教員として私は、彼らの母国で彼らを見ることができて良かったと感じました。

私は留学生の多い大学で、留学生に囲まれて過ごしているのですが、ネパールだけではなく、彼らの母国で彼らに会えれば(会うだけではなく、ボランティアのような企画があれば)、また、違った彼らを見つけることができるように思えるのです。

7日目。

台風の中、Lineに関西空港到着のメッセージが相次ぎました。そして、皆、「次、どこに行きましょうか」と続けます。

「ブレーメンの音楽隊」、再結成しなければいけないかもしれません。

2017年9月29日 01:54

2017年 ネパール滞在記(10): 5日目 You're Beautiful

神戸ユネスコ協会理事/日本経済大学ユネスコクラブ顧問として、9月1日~9月8日までネパールでボランティア活動に従事してきました。個人的には、ネパール地震後に訪問しており、2回目となりました。今回は、私1人ではなく、学生11名、神戸ユネスコ協会理事2名の合計13名の団体です。学生は日本に学ぶ留学生が中心となっており、国籍別としては日本(2名)、ネパール(4名)、ベトナム(3名)、中国(3名)、モンゴル(1名)の5カ国に跨る多国籍チームでした。

5日目。

慣れとは怖いもので、毎晩の生演奏カラオケ劇場(宿泊ホテルの最上階)にも慣れてしまい、多少騒がしくとも寝られるようになってきました。朝食時は、女性にとても優しい(従って私には不愛想な)男性ウェイターも、「昨日と同じものを」というと、黙ってイングリッシュ・ブレックファーストを持ってくるようになってきました。

5日目は、今回のボランティアで最も重要な1日でした。カトマンズ市内にあるユネスコに認定された「ユネスコ・スクール」の中高校(セカンダリースクール)を4校回り、避難訓練の説明をするというミッションです。

最初の学校はカトマンズ中心にある公立のA校。比較的大きな教室に、学生50人、教職員スタッフ10人ぐらい集まってくれました。公立なので決して豊かではないのですが、学生もしっかり勉強しているような雰囲気がありました。

避難訓練の説明を終え、質疑応答のところでは、日本に留学したいという声が相次ぎました。

2校目は半分私立ながら、公益団体から援助を得ているB校です。ここでは、30人教室で避難訓練の説明をしました。英語力は、先の公立よりも上ですが、活発さに欠けているように観られました。

3校目は完全私立の名門校を訪問しました。教職員の英語は完璧で、コンピューターも比較的新しいものが何台も入っていました。先進国の公立学校と遜色がない程でした。次の訪問校まで、スクールバスを出して下さり、大変助かりました。

夕方から訪れた4校目は衝撃的でした。夜間中・高校で、働きながら通ってくる学生たちばかりでした。校舎は薄暗いし、お金もなさそうでした。しかし、全教員が私たちを出迎えて下さり、避難訓練を説明した後、働きながら学ぶということをテーマに議論しました。

私の神戸の学生たちも皆、アルバイトをしています。私費留学生は、日本でアルバイトなしでは生活できないのです。勉強もしたいけど、バイトもしなければならないという苦しさを知っているので、私の学生たち(留学生たち)も真剣に話をしていました。

私は帰り道、私の学生たちに「訪問した4つのうち、どこの学校が一番よかったですか」と尋ねたところ、全員が最後の貧しい夜間学校だったと答えました。自分の学生ですが、私は彼らがちょっと誇らしく感じました。

学生たちとホテルに帰ると、最上階の生演奏カラオケ劇場からJames BluntのYou're Beautiful (2004年)が流れていました。

微妙に古い曲ですけど、何かカトマンズの夜のその瞬間に合っていると思わずにはいられませんでした。

2017年9月28日 22:39

2017年 ネパール滞在記(9): 4日目 「生き神様」クマリの最後の仕事

神戸ユネスコ協会理事/日本経済大学ユネスコクラブ顧問として、9月1日~9月8日までネパールでボランティア活動に従事してきました。個人的には、ネパール地震後に訪問しており、2回目となりました。今回は、私1人ではなく、学生11名、神戸ユネスコ協会理事2名の合計13名の団体です。学生は日本に学ぶ留学生が中心となっており、国籍別としては日本(2名)、ネパール(4名)、ベトナム(3名)、中国(3名)、モンゴル(1名)の5カ国に跨る多国籍チームでした。

4日目は、インドラ・ジャートラーというお祭りと重なり、ネパール全体が休日のため観光となりました。

午後、学生たちとカトマンズ市内のダルバール広場に出かけました。広場では、同国初の女性大統領であるビドヤ・デビ・バンダリ大統領も参列し、式典が行われるということでした。

このインドラ・ジャートラーというお祭りは、(農業に必要な)雨を降らせる神「王インドラ神」を祀るイベントであり、お祭り開催中に雨が降ることが良いとされています。

するとどうでしょう。ダルバール広場に隣接するカフェでコーヒーを飲みながら、広場で開催されているお祭りを見下ろしていると、本当ににわか雨が降りだしてきました。おそらく、式典の音楽隊も、警備隊も、びしょびしょなのですが、皆、嬉しそうです。

IMG_3083.JPG
雨が降り撤退する音楽隊

そして、インドラ・ジャートラーの最大のハイライトは、(「クマリ」と呼ばれ)生き神様として人々から崇められる「少女」が山車に乗って登場した時にやってきました(クマリは1人ではなく、全国各地にいますが、カトマンズの「ロイヤル・クマリ」が最も有名であり、他はローカル・クマリと言われ、区別されています)。

IMG_3090.JPG
カトマンズの「ロイヤル・クマリ」の登場

このクマリについては、当ブログ2015年9月24日 ネパール滞在記(13):5日目「自分の娘が神様になったら嬉しいか?」にて記しましたが、クマリは密教女神ヴァジラ・デーヴィー、とヒンドゥー教の女神ドゥルガーが宿るとされる「生き神」なのです。ネーワール人という少数民族のなぜか仏教徒の女の子(3歳ぐらい)からしか選ばれないことになっており、初潮を迎えるまで神の務めを果たさなくてはなりません。

2年前にも(2015年9月24日付)書いた通り、親元から離され、「神」として生きる少女クマリは、本来、子供が持つべき権利が否定されていると内外から批判の声があります(地域によっては親と同居するケースもあるようです)。

しかしながら、私の大学のネパール人学生も含めて、多くの人々がカトマンズのクマリであるMatina Shakyaさんが登場すると夢中になって凝視し始めました。

カトマンズのクマリは、単なるクマリではなく、国の運命を占う予言者でもあり、大統領もひれ伏すような権威を持っています。国家的なシンボル故に、人権と言って、そう簡単に国もクマリを辞めさせるわけにはいかないのでしょう。

私は前回も偶然拝見しており、2回目でありましたが、やはり、感情的には前回同様、伝統的社会システムと一少女の人生の両方を考えると(彼女は神様になって嬉しいかもしれませんが)複雑な思いになりました。

帰国すると、Matina Shakyaに代わって新しいカトマンズのクマリに3歳のTrishna Shakyaさんが選出されたというニュースが入ってきました。

2回も拝見させて頂いた前クマリ・Matina Shakyaさんのご多幸をお祈りしたいと思います。

2017年9月27日 22:25

ジュリエットを「私」に返す旅: 映画『ジュリエットからの手紙』の逆説

結局は、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』が今日にも影響を及ぼす程、名作だったということかもしれませんが、同作成立前のヨーロッパと今日の繋がりを暗示しているようにも思えます。

『ジュリエットからの手紙』(原題  Letters to Juliet)
制作国  米国
制作年  2010年
監督  ゲイリー・ウィニック
出演  アマンダ・セイフライド, クリストファー・イーガン

あらすじ
【米国の雑誌の調査員ソフィは作家になりたいと夢見ている。そんな中、ソフィは婚約者ヴィクターと共にイタリアのヴェローナを訪れる。ヴィクターがイタリアでも仕事で忙しい中、ソフィはヴェローナの『ロミオとジュリエット』のジュリエットの生家と言われる場所に1人で出かけると、恋の悩みを綴ったジュリエット宛ての手紙が、世界中から毎日何十通も届いていた。ソフィは、その手紙に対し「ジュリエットの秘書」と呼ばれる女性たちが集めた手紙に返事を書いていることを知り、彼女も英語版そのスタッフとして短期間手伝うことになる。そして、そこで偶然、ソフィは50年前の手紙を発見する。その手紙は、イタリア人の青年ロレンツォと恋をした10代後半の英国人の女性が、両親からの反対に悩み「ジュリエット」に相談をしたものであった。ソフィが、その手紙に返事を書き、英国に送ると、英国から「50年経った」本人が孫の青年チャーリーと共にヴェローナに現れた。そして、ソフィは2人とロレンツォを探す旅に出る。】

当ブログ2016年3月5日付で言及しました映画『トスカーナの休日』(2003年米国)同様、この映画作品の中のイタリアは、米国人(英国人)の理想に満ちています。

米国人(英国人)が、母国で色々な問題があっても、アモーレの国・イタリアが問題を解決してくれるのです。

ただ、この作品は英国の作家シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』を題材にしており、単純ではありません。

そもそも、ヨーロッパ各地の民間伝承やギリシアの古典物語には、『ロミオとジュリエット』的なストーリーが多く、シェイクスピアは16世紀のイタリアのヴェローナに所縁がありものをモチーフに『ロミオとジュリエット』を書き直しているのです。

各地でそれぞれのローカルな「私」の物語として繰り返し語られ、書き直されたこの物語は、シェイクスピアによって名作になり、また、その名作は、21世紀において、多くの「私」の心を掴んでいるのです。

その『ロミオとジュリエット』を「私」の物語に戻す旅が、この映画作品になっています。

映画作品の方は、悲劇ではなく、コメディであり、ハッピーエンドです。でも、映画は、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』と張り合っている訳ではないのです。それぞれの「私」の物語は、それでいいようにも思えます。

2017年9月26日 00:53

2017年 ネパール滞在記(8): 4日目 バイクがなければデートができない

神戸ユネスコ協会理事/日本経済大学ユネスコクラブ顧問として、9月1日~9月8日までネパールでボランティア活動に従事してきました。個人的には、ネパール地震後に訪問しており、2回目となりました。今回は、私1人ではなく、学生11名、神戸ユネスコ協会理事2名の合計13名の団体です。学生は日本に学ぶ留学生が中心となっており、国籍別としては日本(2名)、ネパール(4名)、ベトナム(3名)、中国(3名)、モンゴル(1名)の5カ国に跨る多国籍チームでした。

4日目。朝食も3回目となりましたので、今日こそはと「昨日と同じものをお願いします」と言ってみたところ、女性に優しいウェイターがYESと二つ(三つ)返事をしてくれました。出てきたものは、ちょっと違ったのですが、OKとしました。

4日目は、ネパール中が祝日となっており、ボランティアもお休みです。市内ではお祭りが行われるということで、観光に出かけました。

私たちが宿泊しているホテルは、カトマンズのタメル地区というところです。お祭り行事のあるダルバール広場までも徒歩圏内であり、皆で歩いていきました。

タメルはカトマンズ一の繁華街にもかかわらず、舗装されておらず、そこにバイクや人力車がひっきりなしに通っていきます。バイクは殆どが2人乗りで、カップルが多いのです。

私は、私の学生のダルマ・ラズ君に、ネパール人にとってバイクとはどういう意味があるのか尋ねたところ、バイクがないと当然デートができなく、逆に良いバイクを持っているということは、彼女を獲得し易いということでした。個人の見解ではありますが、確かに理に適ってはいます。

しかしながら、この埃の街で、2人乗りでバイクを乗れば、2人とも顔が埃に真っ黒になります。別の学生が、「その後でキスはできないのではないか」と本気で語っていましたが、あながち冗談でもないような気もします。

もっとも、2人とも顔が汚れていれば、恥ずかしくもなく、デートを盛り上げることもできるかもしれません。潔癖症の国・日本では、顔が汚れていないにも関わらず、若者の恋愛パワーは弱体化していると言われます。

そういう意味では顔が汚かろうが、綺麗だろうが、そんなこと、恋にはあまり重要なポイントではないのかもしません。

Image_4448aca.jpg
神戸ユネスコ協会青年部のニュレ・スマン君は実家にバイクを2台持っている

恋と言えば、私の学生のネパール人であるダルマ・ラズ君が、買い物をしている時に1,000ルピーの価値について教えてくれました。

ある男性は、雑貨店の女性に恋をしたそうです。男性は、貧乏だったのですが、お金持ちに見せるために毎日、そのお店で買い物をして、必ず1,000ルピー札を彼女に出したそうです。買い物の額は、100ルピーにも至らない安いものにするのですが、支出分だけ足して、銀行で1,000ルピーに変えて、毎日支払うのです。女性定員はこの男性は、お金持ちに違わないと思い始め、ある日、男性が女性に結婚して欲しいとお願いした時、OKを出してしまったというのです。

ちょっと、この話の登場人物である女性の単細胞ぶりが気になりますが、いずれにしても、この1,000ルピーの重さは分かります。感覚的には、日本人の10,000円に相当するのではないでしょうか。

街では至る所でお祭りが始まっていました。

IMG_3094.JPG

 1  |  2  |  3  | All 次へ >>

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (26)
スポーツと社会 (115)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (225)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (13)
日本政治 (124)
日本社会 (263)
映画で観る世界と社会 (291)
欧州事情 (93)
留学生日記 (70)
英国 (96)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
相席屋は社会の何を象徴しているのか?
傷付け合うことが不可避ならば、答えはこれしかない?: 映画『3月のライオン 前半』の疑似性の温かさ
どれ程、国が儲かっていても、格差がある限り政治は急進化する
甲子園で行われる試合は、多かれ少なかれ、自然から影響を受けることを前提としている
子供の頃の思い出も、大人になれば美化される: 映画『やかまし村の春・夏・秋・冬』におけるステレオタイプ
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草