QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2017年8月29日 02:23

山口投手の処分は甘過ぎるのか厳し過ぎるのか?

8月28日、プロ野球の選手会が、男性警備員に怪我を負わせた巨人の山口俊投手へ処分が厳し過ぎるとして、巨人に抗議しました(朝日新聞デジタル, 2017年8月28日)。

まず、事件から振り返ります。

山口投手は30歳の誕生日だった7月11日未明、酒に酔った状態で東京都目黒区の病院を訪れ、男性警備員の胸を押して机に腰などをぶつけさせて全治2週間の打撲を負わせ、同時に病院内のドアを蹴って壊したとして書類送検されています(産経ニュース, 8月23日)。

事件としては被害者と示談が成立しており、東京地検も8月23日、不起訴処分としています(同上)。

不起訴処分が出る前の8月18日、巨人の球団事務所で山口投手の謝罪会見が行われています。

そこで、8月18日から今季終了までの出場停止と、事案の起きた7月11日から出場停止期間前日の8月17日までの間、1日につき参稼報酬の300分の1に相当する金額を罰金として支払うこと、更に出場停止期間中の参稼報酬について、1日につき参稼報酬の300分の1に相当する金額が減額されることが公表され、合計で1億円以上の減額となると報じられました(日刊スポーツ, 8月18日)。

この処分に対して、選手会が批判しているのです。

その理由は、来季以降の複数年契約についても、解雇をちらつかせて契約見直しを迫られており、1億以上の罰金だけではなく、更に数億円のペナルティーを科せられているとされています(スポニチ, 8月28日; サンケイスポーツ, 8月28日; NHK News Web, 8月28日)。これらの処分は、今回、逮捕事案でなかったことや、すでに示談が成立していることなどから、前例からみても処分が重過ぎるというのです(同上)。

この選手会の報道を読むと確かにその通りであるようにも思えますが、選手会が異議を唱えるまでは、どちらかというと「甘い処分」という声が大きかったように思えます(事実、会見後、スポーツ報知の『Twitter』には、処分が「甘い」と批判が殺到していたそうです(ガジェット通信, 8月18日))。

巨人の老川祥一オーナーも、処分発表後、処分が甘いとの苦情が寄せられていると述べており、「もっと重い処分も考えた。いろんな角度から慎重に検討した結果、下した判断」と説明しています(サンケイスポーツ, 8月19日)。

このように会見後、10日間は、むしろ、巨人サイドは「処分が甘い」という批判に答えてきたのです。今度は、一転、選手会から処分見直しを求められ、「厳し過ぎる」という批判に対して「妥当である」と反論しなければならなくなりました(NHK News Web, 8月28日)。

山口選手への処分は「甘過ぎる」のでしょうか、それとも、「厳し過ぎる」のでしょうか。

スポーツジャーナリストの鷲田康氏は、前例から見れば確かに厳しい処分であるとした上で、巨人のエース級の3年総額7億5000万円とも言われる大型契約を結んでいることが1億円以上のペナルティーを「甘く」見させているとしています(鷲田康「なぜ「断酒宣言」は無かったのか?」Number Web, 8月25日)。

そして、それ以上に処分を「甘く」見させてしまった理由として、鷲田氏は、山口投手が記者会見で飲酒について、これからどうするのか、と聞かれた際、「しっかり自分で自粛して、またこのような軽率な行動、社会人としてあるまじき行動をとらぬように、お酒との付き合いを考えて向き合っていきます」と答え、断酒宣言をしなかったことを挙げています(同上)。

山口投手の処分は、法的(前例主義的)には「厳し過ぎる」とされ、世間的には「甘過ぎる」と考えられているのです。

「解雇をちらつかせて契約見直された」ことが事実であるとすれば、鷲田氏が指摘した最初のお金に対する批判はなくなるでしょうから(選手会側は、それを問題視しているのですが)、残すは断酒だけになります。

鷲田氏は、かつて、元サッカー日本代表の前園真聖氏が、同じように飲酒トラブルを起こした際、きっぱりと断酒宣言をして、それ以降は「一切、お酒は口にしていない」と公言することで復帰に成功していると進言しています(同上)。

断酒宣言するかどうかは、巨人軍にとっても選手会にとっても、それ程重要なことではないのでしょうが、「野球で頑張る」以外に(むしろ、頑張るためにも)法的な罪ではなく、期待を裏切った分だけの「罪」を受けて何か意思表示をしなければ、少なくても日本の野球界(を支えるファンの世間)では許されない可能性があります。

大切なことは、もしかしたら法律でもお金でもないのかもしれません。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (26)
スポーツと社会 (115)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (225)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (13)
日本政治 (124)
日本社会 (262)
映画で観る世界と社会 (290)
欧州事情 (92)
留学生日記 (70)
英国 (96)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
甲子園で行われる試合は、多かれ少なかれ、自然から影響を受けることを前提としている
子供の頃の思い出も、大人になれば美化される: 映画『やかまし村の春・夏・秋・冬』におけるステレオタイプ
日本男子は、気持ちを言葉にしない!?
君とお金のために結婚するのではない: 映画『静かなる男』における持参金というプライド
そうか、君はピアノを捨てて、愛の言葉を信じるのか
最新コメント
Αnd is available bo...
Posted by https://malikich.tumblr.com
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草