QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2017年7月31日 23:46

稲田大臣と蓮舫代表の辞任を考える

前々回の当ブログにて記しました通り、北朝鮮が弾道ミサイルを日本の排他的経済水域内(EEZ)に発射した7月28日、稲田朋美防衛大臣が辞任致しました。

辞めたのは稲田大臣だけではなく、その前日、野党第1党の民進党の蓮舫代表も辞任しています。

蓮舫代表は野党ですが、安倍政権は「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げており(「すべての女性が輝く社会づくり本部」『首相官邸HP』)、防衛大臣や野党第一党の代表が女性であったことは女性が輝く社会建設にとっては肯定的すべき状況と言えたでしょう。

しかしながら、稲田大臣が辞任し、現安倍内閣では閣僚18人(防衛大臣は岸田文雄・外務大臣が兼任)のうち女性は丸川珠代・東京オリンピック・ パラリンピック競技大会担当と高市早苗・総務大臣の2人となりました。

女性の社会進出こそが少子化対策の重要な政策の一つであるとされて久しく、日本の深刻な少子化の要因の一つは、女性の社会進出の遅れであると指摘されています。先進国では、女性が社会に進出している率が高いほど、出生率が高いのです。

国会議員の政治家は、日本国民の代表であり、ここから女性の社会進出を促すのは当然です。

それでは、稲田大臣と蓮舫代表はどうして挫折してしまったのでしょうか。それは、お二方が女性だからと考えるべきではないでしょう。また、単純に政治家としての資質論にもすべきではないでしょう。

しかしながら、それでも、衆議院当選4回の稲田氏と参議院当選3回の蓮舫氏が「リーダー」的役職に就いたのは女性であったことが、周囲にとって重要なポイントであったことは否定できないのではないでしょうか。

ちなみに稲田氏は、防衛分野は「専門外」であり、この分野の政策には通じておらず、首相から役職を告げられた際、思わず「自信がない」と口走ったと報じられています(朝日新聞、7月31日)。

専門性を活かすのではなく、シンボリックに「置かれてしまった」とすれば、任命責任のほうが大きいことになります。

女性の社会進出を重視するならば、女性だからという理由を優先して登用するのではなく、まずは、それぞれのエクスパートを育成することを優先すべきであるように思えます。まず、第一に女性だからではなく、各分野の専門家を女性の割合を増やしていく、結果的に専門職に女性が増えていくということが重要です。

最終的には女性か男性かという見方ではなく、専門性から「その人」を選んでも、半数が女性になっていくのが理想です。

結果ではなく専門家を養成するという観点から考えれば、大学、大学院の(女性の)教育は重視されるべきなのではないかと考えます。

2人の辞任を「女性だからダメだった」と単純化せずに考える必要があります。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (25)
スポーツと社会 (113)
ネパール (15)
国際事情(欧州を除く) (223)
大震災/原発事故と日本 (28)
御挨拶 (13)
日本政治 (121)
日本社会 (257)
映画で観る世界と社会 (278)
欧州事情 (92)
留学生日記 (61)
英国 (95)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
構造的暴力としての人種差別
21世紀でも(だから)魔女はつらいよ: 映画 『塔の上のラプンツェル』にて絶対悪となった魔女
終戦記念日に「消極的平和」のみならず、「積極的平和」を願う
欧州における世間とは何か: 映画『マグダレンの祈り』が見せつける世間体の壁
課題は、東京の大学の「関東ローカル化」なのでは?
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草