QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2017年6月 2日

2017年6月 2日 02:14

無理にどこかの国に結び付ける必要はないのでは?

関脇・高安関の大関昇進が5月31日に正式に決まりました。今場所、高安関は11勝4敗で終え、大関昇進直近3場所の成績が目安となる33勝を超え、34勝となり大関昇進を決定付けました。

夏場所自体は、横綱・白鵬関が38度目の優勝を成し遂げました。

横綱は、優勝インタヴューで、10日目に寄り倒しで倒した高安関との取り組みを尋ねられ、「大きな壁があることこそ、素晴らしく強い力士が誕生しますし、彼のお母さんがフィリピン人でフィリピンの国民のみなさんにおめでとうと言ってあげたい」と答えています(日刊スポーツ、2017年5月28日)。

高安関は茨城県土浦市出身、お父様は日本、お母様はフィリピン出身の方です。ですから、もちろん、フィリピンに関係のある方です。

しかしながら、横綱が「フィリピンの国民のみなさんにおめでとう」と言われるのはどうなのでしょうか。

高安関は、茨城県土浦市育ちで日本国籍者です。外国籍で外国育ちの方とは異なるように思えます。

私は、高安関がフィリピン育ちはないことを指摘して、日本国籍者であることを強調するつもりはありません。

仮にフィリピン出身の力士が、大関、横綱になられるとすれば、大相撲の更なる多様化、国際化の観点からも喜ばしいことです。そして、フィリピンでも相撲人気が広がれば最高です。

しかしながら、茨城県出身の高安関の「コミュニティ」は、(日本というか)茨城にあるように思えるのです。

高安関の大関出身決定に際して、地元の土浦市役所では「祝 新大関昇進 高安関」と書かれた高さ10メートルの垂れ幕がつり下げられたそうです(毎日新聞、2017年6月1日)。JR常磐線土浦駅周辺では2カ所に横断幕が飾られ(同上)、高安関の母校・市立土浦第一中学校も祝賀ムード一色であったようです(朝日新聞、2017年6月1日)。

事実上の「国技」とされる大相撲は、何かと「国」が意識されます。それが日本的であれば、ある程、外国人力士も母国を意識せざるを得ないのでしょう。38回の優勝を誇る大横綱の白鵬関さえ同様かもしれません。

それはそれで仕方ないことですが。無理にどこかの国に結び付ける必要はないように感じます。

もちろん、高安関の活躍によって茨城とフィリピンが結びつくことになれば、それは素晴らしいことですが。

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
アジア事情 (34)
カンボジア (27)
スイス (27)
スポーツと社会 (142)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (237)
大震災/原発事故と日本 (30)
御挨拶 (15)
日本政治 (129)
日本社会 (310)
映画で観る世界と社会 (353)
欧州事情 (100)
留学生日記 (95)
英国 (100)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
交わらない2つの社会(世界):映画『海は燃えている』が描き出す人々のエゴと欲
私たちは、なぜ、グローバル企業の経営者の報酬を「巨額」と感じるようになったのか?
もう一度、落合博満監督の現場主義に基づく野球を観てみたい
誰がハーヴィー・ミルクを殺したのか?: 映画『ミルク』が描く1970年代の米国社会
北方領土2島返還は「国のかたち」を大きく変化させるのでは?
最新コメント
武蔵は春田に言います...
Posted by S
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草