QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2017年5月13日 23:10

北朝鮮問題において危機感がないのは誰なのか?

周知の通り、5月9日に韓国で大統領選挙が行われまして、大方の予想通り、共に民主党の文在寅氏が1342万3800票(得票率41.08%)を獲得し、韓国の第19代大統領に選ばれました。投票率は77.2%でした。

今回の大統領選は、米国と北朝鮮の関係が悪化しており緊迫する状況で展開されていたにもかかわらず、韓国の有権者は安全保障より国内問題により関心があったようです。

韓国の正論調査会社・リアルメーターの「選挙の争点は何か」という調査において、「根深い汚職問題の解決と改革に取り組む候補者の意思」と答えた人が27.5%で最も多く、次に「国民生活と経済を回復させる能力」が24.5%でした(CNN, 5月8日)。北朝鮮問題に関連する「国家の安全とリベラルな民主主義を守ること」との回答は18.5%であり、少なくはないのですが、最大関心事ではありません(同上)。

北朝鮮問題と軍事衝突になれば、「根深い汚職問題の解決と改革」どころではないのではないかと思うのですが、国内問題が争点だったのです。

そもそも、「韓国では北朝鮮に対する危機意識は感じられない」と指摘されています(「異例尽くしの韓国大統領選ソウルの街角は」『ホウドウキョク』フジテレビ)。

例えば、4月29日の早朝に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した直後、日本の各マスコミがその紛争の危機を報じたのに対し、韓国は、朝のテレビニュースの最後、天気予報の直前に20秒程度の原稿をキャスターが読んだだけだったとされています(同上)。

その理由を考えれば、北朝鮮の軍事問題は韓国の有権者がどうすることもできなく、選挙とは別物であるのかもしれません。もし、北朝鮮問題を国内問題よりも深刻に捉えていれば、この時期の大統領選挙は適切ではないと捉えていたでしょう。

もっとも、これは見方次第でもあります。ヨーロッパから見れば、日本も報道されているほど、人々に危機感があるとは見えません。

スイスに住む知人が、北朝鮮が在日米軍と軍事衝突することになれば、日本も危ないのではないかと言ってきました。私が、危機の最中、ゴールデンウィークに約10万人の日本人が韓国を訪れたと言うと、「日本人は危機感がない」という話になりました。

韓国に旅行に行くことは別にして、(韓国人よりは危機を認識しているとされる)日本人も日常生活を大きく変えてはいないでしょう。北朝鮮の出方を予想することも難しいこともあり、警戒はしたとしても、日常を過ごしていくしかないのです。

結局、「危機感があるとか、ないとか」の判断は、どこから見るか次第なのではないでしょうか。

この記事へコメントする

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (25)
スポーツと社会 (111)
ネパール (15)
国際事情(欧州を除く) (217)
大震災/原発事故と日本 (28)
御挨拶 (13)
日本政治 (116)
日本社会 (252)
映画で観る世界と社会 (266)
欧州事情 (89)
留学生日記 (59)
英国 (94)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
2017英国総選挙(4): 「ニュー」の後の「オールド」の復活
「もしも」ではない今日性: 映画『If もしも....』の反抗とテロ
2017英国総選挙(3): メイ政権のDUP閣外協力が北アイルランドの更なる政治危機を招くのか?
「正しくない」教師の魅力: 映画『ミス・ブロディの青春』が描く、信念と情熱の暴走
2017英国総選挙(2): EU離脱問題は争点ではなくなり、故にスコットランドの独立問題も曖昧に
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草