QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2017年5月10日 06:49

魔法界とスコットランド:映画 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のケルト性

たとえ、ファンタジー小説であっても、現存する特定の社会の歴史や文化から影響を受けている可能性があります。

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
(原題 Harry Potter And The Prisoner Of Azkaban)
制作国  米国
制作年  2004年
監督  アルフォンソ・キュアロン
出演  ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン

あらすじ
【夏休みも終わり、ホグワーツ魔法魔術学校の新学期を楽しみにしているハリーは、魔法界の刑務所アズカバンを脱獄したシリウス・ブラックという人物が、自分の命を狙っていることを知らされる。新学期が始まりホグワーツ魔法魔術学校に戻ると、ハリーはブラックと自分の父が親友であったこと、ブラックがハリーの名付け親であったことを知る。にもかかわらず、教師たちの話によれば、ブラックがハリーの両親を裏切って2人を死に追いやったとされ、ハリーはブラックに恨みを抱く。しかしながら、実際にブラックに会ってみるとハリーの味方であり、裏切ったのは別の男ピーター・ペティグリューであることが分かる。ブラックはハリーに将来、一緒に住もうと誘い、ハリーも喜ぶが、ブラックの無実の証明ができずにシリウスは再び監禁される。その後、ダンブルドア校長からその事実を聞かされたハリーとハーマイオニーは、逆転時計を使って時間を遡り、ブラックを救おうとする。】

映画化されたハリー・ポッター作品の第三弾です。

前回、ハリー・ポッターの作品の重要なテーマの一つが、ハリーの「マージナル性」(マージナル・マン)であると記しました。

本作品では、ハリーだけではなく、登場人物の多くが「二面性」や「マージナル性」を抱えています。

アズカバン刑務所を脱獄したシリウス・ブラックは、悪人とされながら、実は、ハリーの保護者的な存在であり、善い人でもあります。「闇の魔術に対する防衛術」教授のリーマス・ルーピンは、満月の夜は狼に変身してしまいます。ハリーの両親を裏切った本当の犯人であるピーター・ペティグリューは、(ネタバレですが)ハリーの親友ロン・ウィーズリーのペット「スキャバーズ」(ネズミ)として長年、身を隠していました。

まるで、『ジキル博士とハイド氏』の世界です。『ジキル博士とハイド氏』は19世紀後半にスコットランドのエジンバラでロバート・ルイス・スティーヴンソンによって書かれたものですが、『ハリー・ポッター』シリーズも約100年後のエジンバラで生み出されています。

それ故に、スコットランドの歴史・文化やケルト神話などの影響が大きいように見えます。

映画の俳優陣も1作目、2作目の校長:リチャード・ハリス(アイルランド人)、3作目の校長:マイケル・ガンボン(アイルランド人)、教授:アラン・リックマン(アイルランド系英国人)、教授:イアン・ハート(アイルランド系英国人)ハグリット:ロビー・コルトレーン(スコットランド人)など、ケルト系の大物が多くみられます。

もちろん、ケルトとスコットランドを単純に同一視はできませんが、原作者のJ・K・ローリングは、イングランド人であり、外から見たある種のステレオタイプ的な「ケルト性」なのかもしれません。

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (26)
スポーツと社会 (116)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (228)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (13)
日本政治 (124)
日本社会 (271)
映画で観る世界と社会 (294)
欧州事情 (94)
留学生日記 (70)
英国 (96)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
パートナーは匂いで見つけるべきなのか? (3)
パートナーは匂いで見つけるべきなのか? (2)
パートナーは匂いで見つけるべきなのか? (1)
ドラマ『カルテット』に思う(2): 白黒付けない「疑似家族」の一員として精一杯、今を生きること
ドラマ『カルテット』に思う(1):「こぼれる」瞬間を掴むこと
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草