QuonNet(クオンネット) まなぶ・つながる・はじまる・くおん




グローバル化は足元からやってくる ~国際学で切り取る世界と社会~

2017年4月30日

2017年4月30日 04:06

民主主義は、独裁を生み出すのか?

4月29日、トルコ当局が、オンライン百科事典「ウィキペディア」へのアクセスを遮断したと発表しました( "Turkey blocks Wikipedia over what it calls terror 'smear campaign", CNN, April 29, 2017)。

その理由としては「ウィキペディア」のトルコに関する記事が、トルコがテロ組織と連携しているかのような記事やコメントが掲載されているからと説明されています(Ibid)。

トルコは、4月16日に(大統領の権限を大幅に強化することも含む)憲法改正を問う国民投票が行われたばかりです。そして、51.41 %が改正賛成、48.59 %が反対という結果となりました(Anadolu Agency, "Turkey: Official referendum results announced")。

今後、トルコでは議院内閣制が廃止され、大統領に権限が集中されます。そして、予算案の起草や非常事態宣言の発出、議会の承認なしに閣僚などを任命する権限を、大統領が獲得します(「僅差で「独裁」を選択したトルコの過ち」Newsweek日本版, 2017年4月17日)。

ご本人は否定していますが、当事者であるレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の独裁化を懸念する声もあります("CNN Exclusive: Erdogan insists Turkey reforms don't make him a dictator", CNN, April 19, 2017)。

それでは、そもそもなぜトルコ国民はそのような選択をしたのでしょうか。

それには2つの要因があるとされます。

まず、2016年7月に発生した軍の一部によるクーデター未遂事件です。結果的には失敗となりましたが、国民が「強い指導者」を求める傾向が強まったとされています(「民主化の先、独裁リスク トルコ大統領に権力集中」朝日デジタル、4月18日)。

更に、クルド人問題があります。クルドの独立を求めるクルディスタン労働者党(PKK)とトルコ軍は武力衝突に発展しています。クルド人の武力組織や政党対して強硬な姿勢を取るエルドアン大統領の方針を、少なからずのトルコ系トルコ人が支持していることが挙げられるでしょう(「トルコは、なぜ選挙で「独裁」を選んだのか? 国民が払った「代償」」withnews, 4月23日)。

国民投票の後の勝利宣言において、エルドアン大統領が「トルコ史上初めて国民の意思で変革の決定が下された」と語っている通り(朝日デジタル、4月18日)、軍によるクーデター失敗と対少数民族問題(ナショナリズム)があったにせよ、今回の「変革」が民主主義のルールに則っていることは確かです。

独裁は民主主義が生み出すことは、政治学では日常的に語られることです。

トルコの民主主義が独裁へ移行するのか、それとも、公表されているように「変革」に留まるのか、注意深くフォローしていく必要があるのでしょう。

プロフィール
安井裕司
安井裕司
エジンバラ大学、バーミンガム大学博士課程に学ぶ。その間、ルーマニア・アカデミー歴史学研究所研究生。国際政治学博士(PhD)。国連大学国際紛争研究所インターン、夏期講習クラスコーディネーター、法政大学国際日本学研究所客員研究員等を経て、現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、日本経済大学神戸三宮キャンパス教授。
月別アーカイブ
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
カテゴリーアーカイブ
カンボジア (27)
スイス (26)
スポーツと社会 (115)
ネパール (26)
国際事情(欧州を除く) (225)
大震災/原発事故と日本 (29)
御挨拶 (13)
日本政治 (124)
日本社会 (263)
映画で観る世界と社会 (291)
欧州事情 (93)
留学生日記 (70)
英国 (96)

ページトップへ

カレンダー
<< 2017年05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
相席屋は社会の何を象徴しているのか?
傷付け合うことが不可避ならば、答えはこれしかない?: 映画『3月のライオン 前半』の疑似性の温かさ
どれ程、国が儲かっていても、格差がある限り政治は急進化する
甲子園で行われる試合は、多かれ少なかれ、自然から影響を受けることを前提としている
子供の頃の思い出も、大人になれば美化される: 映画『やかまし村の春・夏・秋・冬』におけるステレオタイプ
最新コメント
はじめまして、書き込...
Posted by たか
あなたもまだお若い。...
Posted by 葵東
青春時代に見て感動し...
Posted by 小林 千三
私は韓国に住んでいま...
Posted by 七色無職
†講談社「週刊現代」...
Posted by 鈴木有介
最新トラックバック
この社会での性的魅力
from 哲学はなぜ間違うのか
ひとつ/長渕剛(Cover)
from 今日の天草